ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

InterScan Web Security Suite 6.5 Linux版 Patch 2 Critical Patch 1396 の概要および適用方法

    • 更新日:
    • 15 Dec 2019
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite 6.5
    • OS:
概要
InterScan Web Security Suite 6.5 Linux版 Patch 2 Critical Patch 1396 の概要および適用方法は以下の通りです。
詳細
Public
     目次
    ======================================================
     1. はじめに
        1.1 修正される問題
        1.2 新機能
        1.3 ファイル一覧
     2. ドキュメント
     3. システム要件
     4. インストール/アンインストール
        4.1 インストール手順
        4.2 アンインストール手順
     5. 設定
     6. 既知の制限事項
     7. リリース履歴
        7.1 以前にリリースされたCritical Patch
    ======================================================


1. はじめに
===========
注意: 本Critical Patchをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には
    「手順」を実行してください (インストールについては、「4.1 インストール手順」
     を参照してください)。

   1.1 修正される問題
   ==================
   本Critical Patchは、 次の問題を修正します。

   (SEG-65319)
   問題: Hotfix1389以降を適用した場合、FTP検索デーモンとHTTP検索デーモンで
         ファイルディスクリプタリークが発生する問題。
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   修正: 本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。


   1.2 新機能
   ==========
   本Critical Patchに含まれる新機能はありません。

    1.3 ファイル一覧
   =============================================================================


                    
        A. Files for Current Issues
        
       Filename                                           Build No.
       ----------------------------------------------------------------------
       libdaemon.so                                         1396
       svcmonitor                                           1396
       isdelvd                                              1396
        
       Files for Issue
       Filename                                           Build No.
       ----------------------------------------------------------------------
       libdaemon.so                                         1396
    
    B. Files for Previous Issues
        
       Filename                                           Build No.
       ----------------------------------------------------------------------
       libicap.so                                           1384
       libdaemon.so                                         1389
       IWSSGui.jar                                          1389
       IWSSGui.jar                                          1390
       libcommonldap.so                                     1392
       libdaemon.so                                         1393


2. ドキュメント
===============
本製品には、次のドキュメントが付属しています。

   o Readme - 基本的なインストール方法と既知の制限事項に関する説明
     (本ドキュメント)

   ドキュメントは、弊社の「最新版ダウンロード」サイトから入手することも
   可能です。
   https://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?clk=left_nav&clkval=all_download&regs=jp


3. システム要件
===============
   本Critical Patchは、 Trend Micro InterScan Web Security Suite 6.5 Patch 2
    ビルド 1382 - Japanese - Linux - x64 以降のビルドを実行中の コンピュータに適用する
   ことができます。


4. インストール/アンインストール
================================
このセクションでは、本Critical Patchをインストールする際の重要な手順について説明します。

   4.1 インストール手順
   ====================
   本Critical Patchをインストールするには、次の手順に従ってください。
     1. iwss_65_lx_ja_criticalpatch_b1396.tgzファイルをダウンロードし、任意のローカ
      ルフォルダに保存します。
     2. IWSS管理コンソールにログインします。
     3. [管理]→[システムアップデート] の順に選択し、[システムアップデート] 画面 を開き
     ます。
     4. [参照] をクリックします。
     5. ダウンロードしたCritical Patchを指定し、[開く] をクリックします。
     6. [アップロード] をクリックすると、IWSSによってCritical PatchがIWSSサーバにコピー
      され、ファイルが有効なCritical Patchであることが確認されます。
     7. [インストール] をクリックして、Critical Patchを適用します。
      
     注意: Critical Patchのインストールにより、HTTPサービスおよびFTPサービスが数分間
     中断されます。あらかじめご注意ください。
      
     8. ブラウザのキャッシュをクリアします。

   4.2 アンインストール手順
   ========================
   本Critical Patchをアンインストールするには、次の手順に従ってください。
     1. IWSS管理コンソールにログインします。
     2. [管理]→[システムアップデート] の順に選択し、[システムアップデート] 画面 を開き
     ます。
     3. Critical Patchビルド番号「cpb1396」で [アンインストール] をクリックします。
      確認画面が表示されたらCritical PatchのIDおよび詳細を確認します。
     4. [アンインストール] をクリックしてCritical Patchを削除します。
      
     注意: 本Critical Patchのアンインストールにより、HTTPサービスおよびFTPサービスが 数
     分間中断されます。あらかじめご注意ください。


5. 設定
=======
上記「1. はじめに」にインストール後の設定手順が記載されている場合は、その手順
を実行してください。

     上記「1. はじめに」にインストール後の設定手順が記載されている場合は、その手順 を実行
     してください。
      
     注意: 本Critical Patchの適用後に、パターンファイルや検索エンジンのアップデートを
     実行す ることをお勧めします。


6. 既知の制限事項
=================
制限事項はありません。


7. リリース履歴
===============
製品に関する最新情報については、弊社の「最新版ダウンロード」サイトをご覧くだ
さい。

   https://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?clk=left_nav&clkval=all_download&regs=jp

    7.1 以前にリリースされたCritical Patch
   ==============================
    注意: 本リリースでは、最新のHotFixのみテストされています。以前にリリースされたHotFix
    については、本バージョンへ累積して含まれておりますがそれぞれのHotFixのリリース時に
    テストされています。

   Critical Patch 1393
   -------------------
   (SEG-63144)
   問題: iwssdがDNS TTL情報を処理する際に異常終了し、次の事象を引き起こす問題
          
           - Webアクセスの失敗もしくは遅延
           - iwssdのコアダンプの大量発生
   修正: 本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   Hotfix 1392
   -----------
   (SEG-59715)
   問題: 「/var/iwss/commonldap/LdapSetting.ini」ファイルで「IsPreferBDN」が「yes」
         に設定されている場合、以下の不具合が発生する問題
         - 管理コンソールの [ログ]→[インターネットアクセス] 画面にユーザ名が表示されない
         - ユーザアカウントがIWSSのプロキシ認証を通過する場合でも、「ユーザ」を条件とする
         URLフィルタポリシーが機能しない
   修正: 本HotFixの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   Hotfix 1390
   -----------
   (SEG-52240)
   問題: 詳細認証が有効な場合、IWSS Webコンソールの [ユーザの識別] にアクセスしようとする
         と「HTTP 500」エラーが表示される問題
   修正: 本HotFixの適用後は、関連する内部ロジックがアップデートされ、この問題が修正され
         ます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   Hotfix 1389
   -----------
   (SEG-50033)
   問題 1: 「IWSSPIProtocolHttpProxy.pni」で「enable_sync_dns_ttl」が「yes」に設定
           されている場合、DNSサフィックスが予期したとおりに機能しない問題
   修正 1: 本HotFixの適用後は、「IWSSPIProtocolHttpProxy.pni」に「uncached_host_
           list」が追加され、ドメインを解決する際、このリストに含まれる各ドメインの末尾に
           DNSサフィックスが自動的に追加されるようになり、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   (SEG-56627)
   問題 2: [管理]→[一般設定]→[Control Managerへの登録] 画面で、パスワードを変更せず
           IWSSのTrend Micro Control Managerへの登録および登録解除を繰り返すと、次の
           メッセージが表示されて登録に失敗する問題
            
           「パスワードには4~32文字の英数字を使用できます。」
   修正 2: 本HotFixの適用後は、IWSS Webコンソールで初期設定のパスワードが繰り返し暗号化
           されないようになり、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   Hotfix 1384
   -----------
   (SEG-44116)
   問題: ICAPモードで、特定のICAP要求がインターネットアクセスログに表示されないことがある問題
   修正: 本HotFixの適用後は、この問題が修正されます。
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Update
Solution Id:
000159663
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド