ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

LDAPチャネルバインディングとLDAP署名のTrend Micro Mobile Securityへの影響につきまして

    • 更新日:
    • 21 Feb 2020
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Mobile Security 9.8
    • OS:
概要

マイクロソフト社より、2020年3 月に提供される Windows Update にて、 Active Directory (以下 AD)ドメインコントローラーで LDAP 署名と LDAP チャネルバインディングを既定で有効化する更新プログラムがリリースされることがアナウンスされました。
更新プログラムの適用後、ADは署名を利用しないLDAPの簡易バインドを拒否するようになります。
TMMSサーバでAD連携用の設定を利用している場合、暗号化の種類で「LDAP startTLS」または、「なし」を選択している場合、上記の更新プログラムの影響をうけます。
そのため、該当の更新プログラムをTMMSサーバに適用する前に、暗号化の種類を「LDAP over SSL」に変更する必要があります。

詳細
Public
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Solution Id:
000242077
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド