ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

"ローカルの信頼情報データベースは破損しています。テクニカルサポートにお問い合わせください。(62)" のメッセージについて

    • 更新日:
    • 15 May 2020
    • 製品/バージョン:
    • Apex One 2019
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG
    • OS:
    • Windows
概要
Trend Micro Apex One(以下、Apex One)およびウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) の管理コンソール、[ログ]>[サーバアップデートログ]に"ローカルの信頼情報データベースは破損しています。テクニカルサポートにお問い合わせください。(62)"のメッセージが表示される件について教えてください。
 
詳細
Public

セキュリティ強化の観点から、以下のビルド以降でプログラムアップデート確認ロジックが更新され、厳格に認証済みのプログラムアップデートのみが適用されるようになりました。

  • Apex One Patch 1 (ビルド 2087) 以降
  • ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 Patch 1 (ビルド 5464) 以降


上記エンハンスメントの一環として、厳格に認証済みのコンポーネントのみ、弊社アクティブアップデートサーバからApex One/ウイルスバスター Corp. XG サーバへダウンロードできるよう、各パターンファイル毎のシグネチャファイルによる認証処理が追加されました。
それに伴い、以下メッセージが管理コンソール、[ログ]>[サーバアップデートログ]に記録される場合があります。

yyyy/mm/dd hh:mm 失敗 :<コンポーネント名
セキュリティ情報を確認できませんでした。ローカルの信頼情報データベースは破損しています。
テクニカルサポートにお問い合わせください。(62)


上記メッセージは、新しいコンポーネント、およびそれらに対応するシグネチャファイルの弊社アクティブアップデートサーバへのアップロードプロセス中に お客様環境にてアップデートが実施された場合、認証に齟齬が出てしまい、出力されるメッセージとなります。


こちらのメッセージが出力されていても、次のアップデートのタイミングで、失敗していたコンポーネントの更新に成功していれは、コンポーネントの更新に問題はありません。

予約アップデートのタイミングを調整する事(毎時など)で、該当の事象が発生しても長時間パターンファイルが更新されない状態を避ける事ができます。

イベント起動配信を使用する事で、サーバのアップデート完了後、すぐにエージェントに配信を行う事ができます。手順については、以下の製品Q&Aをご確認ください。
製品Q&A: ウイルスバスター コーポレートエディションクライアントで自動アップデートを設定する方法

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Troubleshoot; SPEC
Solution Id:
000253174
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド