ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

Trend Micro XDR 無償提供プログラムとは

    • 更新日:
    • 13 Nov 2020
    • 製品/バージョン:
    • Apex One All
    • Apex One as a Service
    • Trend Micro XDR All
    • OS:
    • Windows
概要
Trend Micro Apex One(以下、Apex One) にTrend Micro XDR 無償提供プログラムについてのメッセージが表示されました。 
無償提供プログラムについて教えてください。
詳細
Public

2020年9月14日より、Apex One およびApex One SaaSをお使いの一部の環境に対して、Trend Micro XDRの無償提供プログラムの案内が表示されます。
この無償提供プログラムは、2020年9月14日(月)に日本でもサービスが開始されたTrend Micro XDRをApex One およびApex One SaaSをお使いのお客様に体験していただく為のプログラムとなります。
無償提供プログラムの対象環境では、ライセンスの10%のApex OneあるいはApex One SaaS エージェント(ライセンスシート数が250の場合、25台のエージェント)でTrend Micro XDR を体験いただけます。

期間や提供対象など詳細については、以下をご確認ください。

※Office 365 Exchange Onlineのメールボックス検出に関するXDR機能有効化についてはこちらをご確認ください。

 

Trend Micro XDR 無償提供プログラムの案内について

表示期間:2020年9月14日(月)から、終了時期は現時点で未定です

提供対象に合致する環境のApex One およびApex One SaaS サーバに以下メッセージが表示されます。

管理コンソールのバナー

※ハイブリットモード(オンプレミスのApex Central でApex One SaaS を管理している環境)では、表示されません。

 

ポップアップメッセージ

※バナーの[詳細]をクリックする事で表示されます。

 

 

Trend Micro XDR 無償提供プログラムの提供対象について

以下条件にすべて合致する場合、無償提供プログラムの提供対象となります。(体験版のライセンスをご利用の環境は対象外です。)

Apex One の場合

 

Apex One SaaS の場合

  • Apex One Endpoint Sensor のライセンスを有効化していない環境
  • Apex One SaaS のライセンスシート数が250以上の環境

※既に、Apex One Endpoint Sensor のライセンスを有効化している環境では、Trend Micro XDR利用開始の通知が表示されます。

 

Trend Micro XDR 無償提供プログラムでできる事について

Trend Micro XDR 無償提供プログラムでご利用いただける、Trend Micro XDRの機能は以下の通りです。

>Trend Micro XDR 機能無償提供プログラムTrend Micro XDR 有償ライセンス
検出 (Detection)
調査(Investigation/Sweeping)
対処 (Response)×
 

Trend Micro XDR について詳細は、以下の製品Q&Aをご確認ください。

 

 

Trend Micro XDR 無償提供プログラムの始め方について

Trend Micro XDRコンソールへのアクセスは、Google Chrome、Firefoxあるいは Edge (Chromium-Based) ブラウザをご利用ください。
Internet Explorerはご利用いただけません。

Trend Micro XDR 無償提供プログラムの始め方は以下の通りです。

  1. Apex One/Apex One SaaS サーバの管理コンソールを開き、[ダッシュボード]に表示されているバナーの[詳細]をクリックします。
  2. ポップアップメッセージが表示されたら[Trend Micro XDRを今すぐ入手]をクリックします。
  3. Trend Micro XDR のサインインの画面が表示されますので、Apex One/Apex One SaaS サーバのログインパスワードを入力し、コンタクト先のメールアドレスを入力、[Continue]をクリックします。
  4. Trend Micro XDR の有効化をお勧めするApex One/Apex One SaaS エージェントの一覧が表示されます。特にアクションは必要ありません。[NEXT]をクリックします。
  5. 使用許諾が表示されます。ご確認いただき、同意いただける場合、チェックを入れ、[NEXT]をクリックします。
  6. Trend Micro XDR コンソールとApex One/Apex One SaaS の連携を行う旨のメッセージが表示されるので[Get Started] をクリックします。連携には10-15分ほどかかります。
  7. Trend Micro XDR の有効化をお勧めするApex One/Apex One SaaS エージェントの一覧が表示されます。
    有効化が不要な場合には、リストの[×]をクリックします。
    [Enable Now] か[Not Now] を選択します。

    ※このタイミングでライセンスの10%のApex One/Apex One SaaS エージェントをすべて選択する必要はありません。後から、Trend Micro XDRコンソールの[Endpoint Inventory]にて、Apex One/Apex One SaaS エージェント追加選択する事が可能です。
    ※[Not Now] を選択した場合、Trend Micro XDRコンソールの[Endpoint Inventory] から改めてTrend Micro XDR の有効化を実施ください。
  8. [Enable Now]を選択した場合、対象のApex One/Apex One SaaS エージェントにTrend Micro XDRのインストールが行われます。
  9. しばらくすると、Apex One/Apex One SaaS エージェントへのTrend Micro XDRのインストールが完了します。

◎手順③で入力したメールアドレスに、[Welcome Trend Micro XDR] という題名のメールが送付されます。Trend Micro XDRコンソールのURL情報をメールでご確認いただけます。(文面は英語です。)

 

◎上記手順を実施後、Apex One/Apex One SaaS サーバの管理コンソール>[ダッシュボード]に表示されているバナーからもTrend Micro XDRコンソールにログインいただけます。
[コンソールを開く]ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓

 

有償ライセンスへの移行について

有償ライセンスへのご相談は、販社、担当営業にご相談ください。

 

有償ライセンスを入手後の手順について詳細は、以下の製品Q&Aをご確認ください。

   

関連リンク

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
SPEC
Solution Id:
000267270
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド