ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

Office 365 のExchange Online メールボックスにて Trend Micro XDR機能を有効化する方法について

    • 更新日:
    • 12 Oct 2020
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro XDR All
    • OS:
概要
オンプレミス版Apex One や Apex One SaaSを利用中に以下のポップアップ画面の内容が表示されました。

「XDRの無料ライセンス - ライセンスの10%のエージェントと、Microsoft Office 365の30ユーザで検出を強化できます。」

 

本内容の利用を考えている為、"Trend Micro XDRを今すぐ入手"をクリックした後の利用までの流れを教えてください。
 
詳細
Public

※本機能はTrend Micro XDR 無償提供プログラムのみ対象となります。
※本機能はOffice 365 Exchange Onlineの利用が必要となります。
※本機能によるメールボックス検出の為、対象Customer License PortalアカウントにCloud App Securityのライセンスが付与されます。
※Customer License Portalのアカウントを作成していない場合は、以下Trend Micro XDR 無償提供プログラムの内容説明をご確認ください。

Trend Micro XDR 無償提供プログラムとは


Trend Micro XDRコンソールへのアクセスは、Google Chrome、Firefoxあるいは Edge (Chromium-Based) ブラウザをご利用ください。
Internet Explorerはご利用いただけません。

"Trend Micro XDRを今すぐ入手"をクリックした後の流れは以下の通りとなります。

1. クリック後、ブラウザ別タブにてTrend Micro XDR 画面が表示されます。
 Customer License Portal IDとパスワードを入力後、[I agree to the Terms...]にチェックを入れ、「Get Started」をクリックします。




2. ログイン後、Trend Micro XDR 画面上部にバーが表示されますので、「Enable XDR for Endpoint」をクリックします。




3. "Enable XDR capabilities on Office 365 mailboxes"画面に遷移します。
 この後、メールボックス検出機能を有効化する為にMicrosoft 365アカウントの認証を3回行います。
 1つ目の行の「Click here」をクリックします。




4. Microsoft 365の認証画面に遷移しますので、該当するMicrosoft 365アカウントや管理者アカウントを選択、または入力しクリックします。




5. Microsoft 365アカウントと連携する項目が表示されます。
 内容を確認後、「Accept」をクリックします、




6. 1つ目の機能のMicrosoft 365アカウント認証が完了となります。
 引き続き、2つ目の機能を認証する為、2行目の「Click here」をクリックします。




7. 手順[4]-[5]を再度実施し、Microsoft 365アカウントを認証します。
 認証後、2つ目の機能のMicrosoft 365アカウント認証が完了となります。
 引き続き、3つ目の機能を認証する為、3行目の「Click here」をクリックします。




8. 手順[4]-[5]を再度実施し、Microsoft 365アカウントを認証します。
 認証後、3つ目の機能のMicrosoft 365アカウント認証が完了となります。
 3つ目の機能を認証後、自動的に継続して処理が実行されます。
 ※処理に時間が掛かる場合があります。

 また、同時期に認証したCustomer License Portalアカウントのメールアドレス宛に「Welcome to Trend Micro XDR」というメールが届きます。








9. 処理が完了後、メールボックスにおけるXDR機能が有効となります。
 認証したMicrosoft 365アカウントと同期された情報が表示されます。
 XDR機能を有効にするメールボックスを追加する場合は、「Manage XDR mailboxes」をクリックします。




10. メールボックス XDR機能を追加するユーザを選択しチェック後、中央矢印マークをクリックし、[Selected Accounts]にユーザを追加します。
 追加完了後、画面右下部の「Save」をクリックします。




11. メールボックス XDR機能を有効化すると、問題のあるURLが記載されたメールを受信した場合、該当メールボックス上にて該当メールが検出されます。




12. 本設定は完了となります。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Configure; Deploy; Install; Register
Solution Id:
000276668
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド