ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

Trend Micro Apex One Patch 4 /ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 Patch 4で機能拡張されたサポートサービスのデータ収集について

    • 更新日:
    • 25 Jan 2021
    • 製品/バージョン:
    • Apex One 2019
    • OS:
概要

Trend Micro Apex One(以下、Apex One) Patch 4(ビルド 9120) 以降、およびウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.) XG Service Pack 1 Patch 4 (ビルド 6029)以降の Apex One / ウイルスバスター Corp. サーバでは、機能拡張により Trend Micro Endpoint Basecamp サービスによって製品の一部情報を収集するようになりました。

収集対象のデータに個人情報は含まれません。

また、収集するデータには個人を特定できる情報(PII:Personally Identifiable Information)も含まれません。

 

 
 
詳細
Public

Trend Micro Apex One Patch 4(ビルド 9120) 以降および、ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 Patch 4 (ビルド 6029)以降の Apex One / ウイルスバスター Corp. サーバでは、以下のデータが収集対象のデータとしてフィードバックされます。

  • サーバのバージョン情報
  • サーバのビルド情報
  • サーバの GUID
  • アクティベーションコード (AC)
  • タイムゾーン

収集した情報はトレンドマイクロのプライバシーポリシーに従って使用されます。
 

データはEndpoint Basecampモジュールによって送信されます。必要に応じてファイアウォールの設定を実施ください。

 

機能の詳細やアンインストールについては、こちらをご参照ください。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
SPEC
Solution Id:
000283876
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド