ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

2020年11月22日以前に作成したTrend Micro Cloud One - Workload SecurityアカウントにおけるRelay固定IPアドレスの増加予定について

    • 更新日:
    • 4 Feb 2021
    • 製品/バージョン:
    • Cloud One - Workload Security All
    • OS:
    • Windows Linux
概要
サービスのスケーラビリティを強化するため、2020/11/22以前に作成された Trend Micro Cloud One - Workload Security (以下、C1WS)(旧DSaaS) アカウント向けに2021年3月1日よりC1WSのRelayの使用する固定IPアドレスが増加します。
2020/11/22以前に作成されたC1WSアカウントで管理するDeep Security Agentにおいて、Relayへの接続をIPアドレスで制限している環境では、2021年3月1日までに通信許可リストへの追加が必要です。
詳細
Public
許可が必要な全てのIPアドレスについては、「Port numbers, URLs, and IP addresses」内の「For Workload Security accounts created prior to 2020-11-23」の「Trend Micro Update Server (also called Active Update) and Download Center」にて接続先のIPアドレスをご覧ください。
この度追加予定のIPアドレスについては、「Addition of new static relay IP's for Cloud One accounts created before 2020-11-23」をご覧ください。

また、C1WSの固定IPアドレスおよびポートを指定した通信は2022/12/31までは現在と同様に利用可能ですが、2023/1/1以降はご利用いただけなくなります。詳細はこちらをご覧ください。計画的に通信許可設定の変更をお願いします。

Relayへの接続をFQDNにて制御されている環境、2020/11/23 00:00(UTC)以降に作成されたC1WSアカウントで管理するDSAの場合は、従来よりC1WSの固定IPアドレスおよびポートを指定した通信をご利用いただけないため今回のRelayの使用する固定IPアドレス増加による影響はありません。

2020/11/23 00:00(UTC)以降に作成されたC1WSアカウントでは対処の必要はありません。


なお、2021年3月1日までに本対応を実施しない場合、許可がされていないRelayへの接続が行えないためセキュリティアップデートや機能有効化時のモジュールの配信に失敗する可能性があります。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Configure
Solution Id:
000285542
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド