ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

InterScan for IBM(TM) Domino 5.6 Windows 版 (32ビット) Service Pack 1 Patch 3 (ビルド4941) の概要および適用方法

    • 更新日:
    • 2 Apr 2021
    • 製品/バージョン:
    • InterScan for Domino 5.6
    • OS:
    • Windows
概要
InterScan for IBM(TM) Domino 5.6 Windows 版 (32ビット) Service Pack 1 Patch 3 (ビルド4941) の概要および適用方法
詳細
Public
      目次
     ======================================================
      1. はじめに
         1.1 本リリースの概要
      2. 修正される内容
         2.1 新機能
         2.2 本リリースで修正される既知の問題
      3. ドキュメント
      4. システム要件
      5. インストール/アンインストール
         5.1 インストール手順
         5.2 アンインストール手順
      6. 設定
      7. 既知の制限事項
      8. リリース履歴
      9. ファイル一覧
     ======================================================


1. はじめに
===========
   Trend Micro InterScan for IBM Domino (以下、InterScan) は、Domino環境に対
   してウイルス防御とコンテンツセキュリティを包括的に提供し、メールの添付ファ
   イルやデータベースに潜むウイルスやアドウェア、スパイウェアをリアルタイムに検
   索できます。InterScanにより、ウイルスや不正コードがDomino環境に侵入しないよ
   うに保護できます。
   不正プログラムの検索はメモリ内で実行されるため、検索速度が大幅に向上します。
   InterScanでは、Notesワークスペースの柔軟でスケーラブルな設定機能やリモート
   管理機能に加え、InterScanデータベースへのWebアクセスが可能です。

   InterScanでは、トレンドマイクロの一元化された管理コンソールであるTrend
   Micro Control Manager との完全な互換性が確保されており、ウイルス対策とコン
   テンツセキュリティ保護を1つのソリューションとして統合できます。

   1.1 本リリースの概要
   ====================
   本リリースは、Trend Micro InterScan for IBM Domino 5.6 Windows版 (32ビット)
   Service Pack 1以降にリリースされたすべての修正を含みます。詳細については、
   「2. 修正される内容」を参照してください。


2. 修正される内容
=================
注意: 本リリースをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には
      「手順」を実行してください (インストールについては、「5.1 インストール
      手順」を参照してください)。

   2.1 新機能
   ==========
   本リリースでは、次の新機能が提供されます。

   本リリースで提供される内容について、次の形式で記載します。
   ------------------------------------------------
   機能: (HotFixファイル名)(社内管理用番号)
       機能の内容
   ------------------------------------------------

   機能1: (N/A)(N/A)
     スパムメール対策の設定
     ======================
     本リリースの適用により、[スパムメール対策の設定] を設定して、データベース
     コンソールに対するメールメッセージの照合をスキップする送信者のIPアドレスや
     件名のキーワードを指定できます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能2: (Hotfix 4827)(12365)
     情報漏えい対策
     ==============
     本リリースの適用により、[コンテンツをマスクして放置] 処理が有効な場合に、
     情報漏えい対策 (DLP) フィルタの対象となるメールメッセージの件名またはメー
     ル本文内の保護対象コンテンツをマスクできます。InterScanでは、メールメッ
     セージの件名または本文内の機密コンテンツを最初の文字からマスクしますが、最
     後の4文字は表示されます。この機能では、元の機密コンテンツのすべての文字を
     機密情報であると判断し、空白を含むこれらのコンテンツをアスタリスク(*)で
     置き換えます。

     注意: [コンテンツをマスクして放置] 処理は、メールメッセージの件名または本
     文がDLPフィルタの対象と一致した場合にのみ機能します。以下のメールの部分が
     DLPフィルタに一致しても機能しません。

       「差出人」、「宛先」、「CC」、「添付ファイルのコンテンツ」、「添付ファ
       イルの内容」
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能3: (Hotfix 4851)(25498)
     EU一般データ保護
     ================
     本リリースを適用することにより、InterScanがEU一般データ保護規則 (GDPR) に
     準拠します。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能4: (N/A)(N/A)
     通知メールメッセージ
     ====================
     本リリースを適用することにより、ユーザは通知メールメッセージの合計サイズの
     制限を32キロバイトに拡張できます。

   手順4:
     通知メールメッセージの合計サイズの制限を32キロバイトに拡張するには、次の
     手順を行います。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. 「notes.ini」をテキストエディタで開きます。

     3. 次の隠しキーを「notes.ini」に追加します。

        SMD_LARGE_NOTIFICATION_CONTENT=1

        注意: 元の動作に戻すには、値を「0」に設定します。

     4. 変更内容を保存して、「notes.ini」ファイルを閉じます。

     5. SMDrealを再起動します。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能5: (N/A)(N/A)
     グループのサポート
     ==================
     本リリースを適用することにより、InterScanで9レベルを超えるユーザグループを
     サポートできます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能6: (N/A)(N/A)
     実際のファイルタイプ
     ====================
     本リリースを適用することにより、InterScanで実際のファイルタイプ
     「VSDT_MSI」および「VSDT_LNK」をサポートできます。


   2.2 本リリースで修正される既知の問題
   =================================
   本リリースでは、次の問題が修正されます。

   本リリースで修正される内容について、下記の形式で記載いたします。
   ------------------------------------------------
   問題: (HotFixファイル名)(社内管理用番号)
       問題の内容

   修正:
       修正の内容

   手順:
       手順の内容
   ------------------------------------------------

   問題1: (SMID5.6 Win EN Hotfix 4776 ISSUE 1)(1951)
     InterScanでは、ユーザがサーバを指定せずに予約検索ルールまたは予約アップ
     デートルールを保存しようとしても、警告メッセージが表示されません。

   修正1:
     本リリースを適用することにより、InterScanでユーザがサーバを指定せずに予約
     検索ルールまたは予約アップデートルールを保存しようとしたときに、警告メッ
     セージが表示されるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題2: (ISID5.6 Win JP Hotfix 4777 ISSUE 1)(1064)
     以下のすべての条件が当てはまる場合、大量のEUQイベントが発生します。
        - EUQ機能が有効
        - クラスタ環境で [クラスタの信頼] が無効
        - 受信者メールボックスとEUQの複製が有効
        これによって、受信者メールボックスの迷惑フォルダで競合が発生し、
        その結果Windows 32ビットでメールの遅延が発生します。

   修正2:
     本リリースで次の更新を適用することにより、この問題を修正できます。
       - メッセージを迷惑フォルダに移動する際に、「SMLD_IS_SPAM_MAIL」または
         「MLD_IS_GRAY_MAIL」フィールドを削除する機能が更新されました
       - リアルタイムデータベース検索とクラスタの信頼の両方が無効で、EUQが有
         効な場合でも、Smdextによって非EUQデータベースが処理されないようになり
         ました
       - 信頼されるサーバ機能を確認する機能強化が追加されました。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題3: (SMID5.6 Win En Hotfix 4780 ISSUE 1)(359198)
     リアルタイム検索中に取り消されたメールメッセージが、永続的にメールボックス
     に残る場合があります。

   修正3:
     本リリースを適用することにより、取り消されたメッセージが正常に解放されるよ
     うに、リアルタイム検索機能でこのようなメッセージをスキップできるようになり
     ました。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題4: (SMID5.6 Linux En Hotfix 4792 ISSUE 1)(6085)
     IBM Dominoサーバのシャットダウンまたは再起動の間、InterScanの特定のサブ
     プロセスが応答を停止します。

   修正4:
     本リリースを適用することにより、OSが64ビットのみであるかどうか、また外部
     ツールが使用されていないかどうかをInterScanが判別できるようにすることで、
     この問題を解決します。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題5: (SMID5.6 Win En Hotfix 4797 ISSUE 1)(4695)
     「マクロ付きOfficeファイル」の処理が「隔離」に設定されており、なおかつメー
     ルメッセージがDeep Discovery Advisorに送信される前提条件を満たしている場合
     に、Deep Discovery Advisorが添付ファイルを疑わしいファイルではないと評価
     すると、そのメールメッセージが隔離されなくなります。

   修正5:
     本リリースをインストール後、「マクロ付きOfficeファイル」メールメッセージを
     「隔離」に設定すると、InterScanはこれらのメールメッセージをDeep Discovery
     Advisorに送信しなくなります。

     「マクロ付きOfficeファイル」メールメッセージの処理を「削除」に設定すると、
     分析のためにメールメッセージをDeep Discovery Advisorに送信するかどうかを
     ユーザが設定できるようになります。

   手順5:
     「マクロ付きOfficeファイル」メールメッセージの処理が「削除」に設定されて
     おり、[APT対策フィルタ]→[指定したタイプのファイル] オプションが有効になっ
     ている場合に、InterScanでこれらのメールメッセージがDeep Discovery Advisor
     に送信されないようにするには、次の手順を行います。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. Dominoコンソールで、次のコマンドを実行します。

        set config SMDDisableMacroSendToDDA=1

        注意: InterScanが「マクロ付きOfficeファイル」メールメッセージをDeep
        Discovery Advisorに送信しないようにするには、「マクロ付きOfficeファイ
        ル」メールメッセージが「隔離」と「削除」のどちらに設定されているかに関
        係なく、まず「smconf.nsf」ファイルのビルド番号を確認してください。
        「4776」以上である場合は、[APT対策フィルタ]→[強く推奨されるファイルタ
        イプ]→[マクロを含むMicrosoft Office文書] オプションを無効にしてくだ
        さい。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題6: (SMID5.6 Win En Hotfix 4808 ISSUE 1)(7429)
     Dominoコンソールで「load smdupd」コマンドの実行後に、動的ライブラリ
     「nsmdupd.dll」をロードできない旨のエラーメッセージが表示されます。

   修正6:
     Domino APIを使用してライブラリをロードできない場合に、本リリースを適用する
     ことにより、InterScanでWindows APIを使用してライブラリをロードできるよう
     になります。また、本リリースをインストールすると、ライブラリロードプロセス
     のデバッグログファイルを追加できます。

   手順6:
     InterScanでDomino APIを使用してライブラリをロードできない場合に、Windows 
     APIを使用してこのライブラリをロードするには、次の手順を行います。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. Dominoコンソールにログオンし、次のコマンドを実行します。

        set conf SMD_LOAD_LIBRARY_ABS=1
        set conf SMD_WINDOWS_API_ENABLE=1

        注意: このオプションを無効にするには、両方のキーを「0」に設定します。

     ライブラリのロードプロセスのログファイルをデバッグするには、次の手順を
     行います。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. Dominoコンソールにログオンし、次のコマンドを実行します。

        set conf SMDLoaderDebug=1

        注意: このオプションを無効にするには、キーを「0」に設定します。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題7: (N/A)(14911)
     メール本文のサイズが64KBを超える場合、コンテンツフィルタが適用されません。
     メッセージ本文内の64KBを超えるメールコンテンツが検索されない問題が発生し
     ます。

   修正7:
     本リリースを適用することにより、メール本文のサイズが64KBを超える場合でも、
     コンテンツフィルタが正常に適用されるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題8: (SMID5.6 Linux En Hotfix 4842 ISSUE 1)(20594)
     次の状況が発生した場合、InterScanはメールメッセージをDeep Discovery 
     Advisor隔離データベース(「smddtas.nsf」) に保持します。

       - 標的型サイバー攻撃 (APT) 対策フィルタによって隔離されたInterScan隔離
         データベース (「smquar.nsf」) から、InterScanがメールメッセージを再
         送信または転送する
       - InterScanが正常に機能している別のサーバに、InterScanが同じをメール
         メッセージを再送信または転送する
       - [分析するメッセージをDeep Discovery Advisorに送信する] 設定オプション
         が無効になっている

     この問題は、「DTAS_SUSPICIOUSFILE」タグが原因でInterScan Deep Discovery
     Advisor隔離データベースにメールメッセージが保持されることで発生します。

   修正8:
     本リリースを適用すると、InterScan隔離データベースがメールメッセージを再送
     信または転送できるようになる前にタグが削除されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題9: (SMID5.6 Win JP Hotfix 4843 ISSUE 1)(24280)
     InterScanで [駆除不能ウイルス] オプションが有効になっていても、EICAR ZIP
     ファイルの検出後に通知が送信されません。

   修正9:
     本リリースを適用すると、InterScanでウイルスを含むZIPファイルを駆除不能と
     して扱うことができるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題10: (N/A)(24440)
     CMAgent設定が無効な場合、InterScanはCMAgent設定が再有効化されるのを待ち受
     けるため、無限ループに陥ります。

   修正10:
     本リリースを適用することにより、CMAgent設定が無効なときにsmdcmタスクを中止
     できるようになり、CMAgent設定が再有効化されるまで無限ループに陥ることがな
     くなります。

   手順10:
     CMAgent設定が無効なときにsmdcmタスクを中止できるようにするには、次の手順を
     行います。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. 「notes.ini」ファイルをテキストエディタで開きます。

     3. 隠しキー「"SMD_DISABLE_SMDCMOnNoReg=1"」を追加します。

     注意: 元の動作に戻すには、値を「0」に設定します。

     4. 変更内容を保存して、「notes.ini」ファイルを閉じます。

     5. SMDcmタスクを再開します。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題11: (SMID5.6 Win En Hotfix 4865 ISSUE 1)(34007)
     InterScanをWindows Server 2016が実行されているコンピュータにインストール
     すると、誤ったOS情報がTrend Micro Control Manager (以下、Control Manager) 
     サーバに送信されます。これは、OS情報を取得するための旧来の方法がWindows 
     8.1よりも後のバージョンのWindowsで廃止されたことが原因です。

   修正11:
     本リリースを適用することにより、InterScanでは別の方法を使用してOS情報が取
     得されるため、正しい情報をControl Managerサーバに送信できるようになりま
     す。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題12: (N/A)(36752)
     Control Manager Webコンソールに、InterScanの誤った言語設定が表示されます。

   修正12:
     本リリースを適用することにより、InterScanの正しい言語設定がControl Manager
     Webコンソールに表示されるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題13: (SMID5.6 Win En Hotfix 4867 ISSUE 1)(36312)
     メールメッセージの受信者が [メール検索]→[一般]→[送信者と受信者が上記の
     条件に一致した場合の処理]→[指定する時間帯に配信] という条件を設定すると、
     メールメッセージがメールボックスに残ったままになり配信されなくなります。

   修正13:
     本リリースを適用することにより、新しい分割メッセージに有効なNoteIDが指定
     され、InterScan遅延配信データベースに正しく送信できるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題14: (SMID5.6 Win JP Hotfix 4868 ISSUE 1)(37872)
     ユーザがControl Managerサーバコンソール ([ログ]→[ログクエリ]→[製品サービ
     ス]) から管理対象製品のステータスを照会したときに、製品が正しくControl 
     Managerサーバに登録されていても、InterScanの [接続ステータス] に「有効: 
     不明なサービスステータス」と表示されます。

   修正14:
     本リリースを適用することにより、InterScanがControl Managerサーバに送信する
     「Smldステータス」キーの値が次のように更新され、この問題が解決されます。

       *「NG_ENT_ACTIVE」から「NG_ENT_PRODUCT_ACTIVE」に更新。
       *「NG_ENT_INACTIVE」から「NG_ENT_PRODUCT_INACTIVE」に更新。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題15: (SMID5.6 Win En Hotfix 4870 ISSUE 1)(43658)
     通知メールのテキストサイズが1024バイトを超える場合、そのテキストがトリガ
     フィルタの [内部受信者] 通知フィールドのテキストと置き換えられません。

   修正15:
     本リリースを適用することにより、各フィルタの通知フィールドで最大4095バイト
     のテキストがサポートされるようになり、この問題が解決されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題16: (N/A)(48296)
     ユーザが「tel smdreal quit」コマンドを実行した後、InterScanの応答が停止し
     ます。

   修正16:
     本リリースを適用することにより、この問題が解決されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題17: (N/A)(40973)
     別のDominoメールサーバに送信されたメールメッセージがキューに残ります。

   修正17:
     本リリースを適用することにより、メールメッセージがルーティングされる前に
     分割フラグが削除されるため、これらのメッセージがキューに保持されなくなり
     ます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題18: (SMID5.6 Win En Hotfix 4901)(50818)
     次の2つの条件に合致する場合、リッチテキストフォーマットのメールのメール履
     歴コンテンツが失われます。

       *隠しキー「SMD_SPLITMAIL_RECALL_ENABLED」が有効になっている
       *メールが部分的にInterScanルールに一致する

   修正18:
     本リリースを適用することにより、InterScanで「OPEN_RAW_MIME」パラメータを
     使用してメールのメモを開くことができるようになり、この問題が解決されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題19: (SMID5.6 Win En Hotfix 4909)(55098)
     Dominoサーバの起動時にnSMDcmタスクが予期せず停止することがあります。

   修正19:
     本リリースを適用することによって、設定スレッドが常に1つのみ存在することが
     保証され、この問題が発生しなくなります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題20: (SMID5.6 Win En Hotfix 4921)(72466)
     パターンファイルのアップデート時にSMDrealタスクが予期せず停止することがあ
     ります。

   修正20:
     本リリースを適用することにより、InterScanプログラムが更新され、この問題が
     発生しなくなります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題21: (N/A)(86942)
     Control Managerサーバで、VSAPIエンジンとパターンファイルアップデートイベン
     トのログに、不正確な時間情報が表示されます。

   修正21:
     本リリースを適用することにより、InterScanプログラムが更新され、この問題が
     発生しなくなります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題22: (ISID5.6 Win En Hotfix 4938)(97736)
     オフセット値の検証に関連する問題が原因で、作成済みのchmファイルの解析中に
     VSAPIエンジンが無限ループに陥ります。

   修正22:
     本リリースを適用することにより、VSAPIエンジンが更新されて、この問題が発生
     しなくなります。


3. ドキュメント
===============
本製品には、次のドキュメントが付属しています。

   o Readme - 基本的なインストール方法と既知の制限事項に関する説明
     (本ドキュメント)

   ドキュメントは、弊社の「最新版ダウンロード」サイトから入手することも可能です。
   https://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?clk=left_nav&clkval=all_download&regs=jp


4. システム要件
===============
システム要件については、次のWebサイトを参照してください。

   http://www.go-tm.jp/isd/req

注意: システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサ
      ポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があり
      ます。


5. インストール/アンインストール
================================

   5.1 インストール手順
   ====================
   本リリースをインストールするには、次の手順に従ってください。

   1. IBM DominoサーバにAdministratorとしてログインします。

   2. 起動中のすべてのIBM Notesクライアントとアカウントセッションを停止します。
      IBM Notesクライアントを起動していない場合は、次の手順に進みます。

   3. Dominoコンソールがパスワード保護されている場合は、解除します。パスワー
      ド保護されていない場合は、次の手順に進みます。

   4. 「isid_56_win32_jp_sp1_patch3.exe」ファイルをDominoサーバのローカルフォ
      ルダにコピーします。

   5. 上記ファイルをダブルクリックします。Patchのインストールが完了したことを
      示すメッセージが表示されます。

   6. [終了] をクリックします。

   インストールの完了後、Dominoコンソールに「SMID: Build 5.6.1.4941」という
   メッセージが表示されます。


   5.2 アンインストール手順
   ========================
   本リリースをアンインストールして、以前のビルドにロールバックするには、
   次の手順に従ってください。

   1. IBM DominoサーバにAdministratorとしてログインします。

   2. 起動中のすべてのIBM Notesクライアントとアカウントセッションを停止します。
      IBM Notesクライアントを起動していない場合は、次の手順に進みます。

   3. InterScanのインストールフォルダにある、バックアップフォルダを参照します。

      例: c:\Program Files\Trend Micro\ScanMail for Domino\Hotfix\B4941

   4. 「uninstall.bat」ファイルを実行します。

   5. [終了] をクリックします。


6. 設定
=======
上記「2. 修正される内容」にインストール後の設定手順が記載されている場合は、
その手順を実行してください。

注意: 本リリースの適用後に、パターンファイルや検索エンジンのアップデートを実行
      することをお勧めします。


7. 既知の制限事項
=================
制限事項はありません。


8. リリース履歴
===============
製品に関する最新情報については、弊社の「最新版ダウンロード」サイトをご覧くだ
さい。

   https://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?clk=left_nav&clkval=all_download&regs=jp

   8.1 Patch 1
   ===========

   8.1.1 追加される機能
   ====================
   InterScan for IBM Domino 5.6 Windows版 Service Pack 1 Patch 1では、次の機能
   が提供されます。

   機能1: (N/A)(318429)
     情報漏えい対策テンプレート
     ==========================
     情報漏えい対策テンプレートが更新され、「マイナンバー」用のテンプレートが
     追加されました。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能2: (N/A)(N/A)
     APT対策フィルタ
     ===============
     [検索オプション]→[APT対策フィルタ] ページにある [高度な脅威検索エンジン
     によってり検出] 列の名前が、[高度な脅威検索エンジンにより検出された不審
     ファイル] に変更されました。


   8.1.2 修正される既知の問題
   ==========================
   InterScan for IBM Domino 5.6 Windows版 Service Pack 1 Patch 1では次の各問題
   が修正されます。

   問題1: (ISD5.6 Win JP 4609)(322196)
     [圧縮ファイルのウイルス駆除] 機能が動作しない問題

   修正1:
     本リリースの適用後は、[圧縮ファイルのウイルス駆除] 機能が正しく動作し
     ます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題2: (SMID5.6 Win EN 4599)(322166)
     InterScanで実際のファイルの種類を取得できない場合に、「ファイルタイプによ
     る添付ファイルのフィルタ」が機能しない問題

   修正2:
     本リリースの適用後は、上述の問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題3: (N/A)(322152, 324890, 324797, 322236)
     InterScanでメール検索が実行される際に、メールメッセージにある送信者情報が
     「><...」もしくは「...>」などの、正しくないフォーマットの場合、SMDrealプロ
     セスが予期せず停止し、Dominoサーバも停止する問題

   修正3:
     本リリースの適用後は、InterScanにより、正しくないフォーマットの送信者情報
     を含むメールメッセージが正常に処理されるようになり、上述の問題が修正され
     ます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題4: (N/A)(N/A)
     [セキュリティリスク検索] タブで [指定するファイル]、[APT対策フィルタ] タ
     ブで[指定したタイプのファイル] の両方が選択されていると、Deep Discovery 
     Advisorに解析用のメールが送信されない問題

   修正4:
     本リリースの適用後は、上述の状況でも、Deep Discovery Advisorに解析用の
     メールが送信されるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題5: (N/A)(N/A)
     [APT対策フィルタ] の [指定したタイプのファイル] で [実行可能ファイルとアプ
     リケーション]が選択されているにもかかわらず、64ビットのEXE、DLLファイルが
     実行可能ファイルとして処理されない問題
     
     この問題は、InterScanで64ビットのEXE、DLLファイルが [実行可能ファイルとア
     プリケーション] カテゴリにあることが認識されないために生じていました。

   修正5:
     本リリースの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題6: (SMID5.6 Win EN 4627)(322152)
     InterScanの特定のメッセージサンプルがTrend Micro Deep Discovery Analyzer 
     サーバで受け入れられない問題

   修正6:
     本リリースの適用後は、Deep Discovery Analyzerに送信されるメッセージサンプ
     ルが常にUTF-8もしくはURLにエンコードされ、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題7: (NA)(317031)
      [クラスタの信頼] が有効になっていると、エンドユーザメール隔離が機能しない
     問題

   修正7:
     本リリースの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題8: (N/A)(N/A)
     アップデートされたパターンファイルが「smdtemp/au/pattern」下にあるフォルダ
     に保存されないことに起因して、次回のアップデート時にパターンファイルが正し
     く更新されない問題

     この問題は、手動および予約アップデート時にエンジンとパターンファイルの両方
     をWebコンソールから選択した際に、選択されたエンジンのいずれかが最新のもの
     だった場合に生じていました。

   修正8:
     本リリースの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題9: (N/A)(N/A)
     他の条件はすべて満たしているにもかかわらず、送信メッセージに送信者情報が含
     まれていない、または送信者情報が取得できない場合に、これらの送信メッセージ
     がDeep Discovery Advisorに分析のために送信されない問題

   修正9:
     本リリースの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題10: (N/A)(N/A)
     エンジンもしくはパターンファイルが配信されたあと、誤った数のSMDrealプロセ
     スが起動する問題
     
     この問題は、アルゴリズムの問題に起因して、「SMD_UPD_START_NEW_SCANNER」が
     「notes.ini」ファイルで設定されている場合に、実行されているSMDrealプロセス
     の数が適切に計算されないために生じていました。

   修正10:
     本リリースの適用後は、アルゴリズムの問題が修正され、正しい数のSMDrealプロ
     セスが起動するようになります。


   8.2 Patch 2
   ===========

   8.2.1  追加される機能
   =====================
   InterScan for IBM Domino 5.6 Windows版 Service Pack 1 Patch 2では、次の機能
   が提供されます。

   機能1: (SMID5.6 Win EN Hotfix 4643)(N/A)
     Webレピュテーションサービスのカテゴリで「ランサムウェア」がサポートされる
     ようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能2: (SMID5.6 Win EN Hotfix 4705)(346374)
     Trend Micro Control Manager (以下、Control Manager) に送信するセキュリティ
     ログに、次の情報が追加されます。

     - 属性ID: SLF_CategoryIDList
     - データタイプ: X_WSTRING
     - 値: URLフィルタエンジンのクエリによって返されるカテゴリ。
           カテゴリが複数ある場合はカンマ (,) で区切られます。
     - 最大文字数: 64文字
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能3: (ISD5.6 Win EN 4758)(N/A)
     不正プログラムの新しい命名規則がサポートされるようになり、ランサムウェア
     コンポーネントを適切に識別できるようになります。

   注意:
     この新しい機能を使用するには、ウイルス検索エンジン(VSAPI)をバージョン
     9.800以降(9.850以降を推奨)にアップグレードし、高度な脅威検索エンジン
     (ATSE) をバージョン9.860以降にアップグレードする必要があります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   機能4: (N/A)(N/A)
     Microsoft Office文書 (バージョン2007以降) に対するマクロの検出および検出後
     の処理がサポートされるようになります。


   8.2.2 修正される既知の問題
   =====================
   InterScan for IBM Domino 5.6 Windows版 Service Pack 1 Patch 2では次の各問題
   が修正されます。

   問題1: (SMID5.6 Windows Hotfix 4642)(322471)
      「notes.ini」の「SMD_UPD_START_NEW_SCANNER」設定を有効にし、エンジンまた
     はパターンファイルを配信すると、すべてのSMDrealプロセスが自動的に再起動さ
     れるが、その際アルゴリズムによって現在実行中のSMDrealプロセス数が正しく
     計算されず、再起動前にプロセス数が異常に増大することがある問題

   修正1:
     本リリースの適用後は、このアルゴリズムがアップデートされ、実行中のSMDreal
     プロセスの合計数が正しく計算されるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題2: (ISD5.6 Windows Hotfix 4644)(327477)
     添付ファイルフィルタで圧縮ファイルを検索する際、パスの長いファイルが含まれ
     ているとInterScanが予期せず停止することがある問題

   修正2:
     本リリースの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題3: (SMID5.6 Win EN no hotfix yet ISSUE 1)(329927)
     情報漏えい対策フィルタが、Microsoft Excelファイルの結合されたセルのデータ
     に対して実行された場合、誤検出が発生することがある問題

   修正3:
     本リリースの適用後は、単独のセルにのみ情報漏えい対策フィルタを実行できるよ
     うになります。

   手順3:
     この修正を適用できるようにするには、次の手順に従ってください。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. 「notes.ini」をテキストエディタで開きます。

     3. 隠しキー「SMD_ENABLE_STRICT_ENTITY_MATCH」を追加して、その値を1に設定し
        ます。

        注意: この設定を無効にするには、値を「0」に設定します。

     4. 変更内容を保存して、「notes.ini」ファイルを閉じます。

     5. Dominoサーバコンソールで、次のコマンドを実行してSMDrealを再起動します。

        tell smdreal quit
        load smdreal
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題4: (SMID5.6 Windows Hotfix 4673)(328665)
     メール送信者のアクセスできない制限されたグループに、メールメッセージが配信
     されることがある問題

     この問題は、アクセスが制限されたグループを展開してメンバーを表示してから
     ルールを実行する必要があったことに起因します。

   修正4:
     本リリースの適用後は、制限されたグループをスキップし、制限されていない
     グループにのみルールを実行するようになります。

   手順4:
     この修正を適用できるようにするには、次の手順に従ってください。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1  インストール手順」を参照)。

     2. 隠しキー「SMDFilterUnexpandedGroup」を「notes.ini」に追加して、その値を
        1に設定します。

     3. 変更内容を保存して、「notes.ini」ファイルを閉じます。

     4. Dominoサーバコンソールで、次のコマンドを実行してSMDrealを再起動します。

        tell smdreal quit
        load smdreal
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題5: (SMID5.6 Windows Hotfix 4678)(335869)
     フィルタリストデータベース (smlists.nsf) の設定変更が自動的に検出されない
     ため、ユーザがSMDrealプロセスを再ロードして設定を更新する必要がある問題

   修正5:
     本リリースの適用後は、フィルタリストデータベースの設定が自動的に更新される
     ようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題6: (ISD5.6 Windows Hotfix 4679)(335736)
     送信者のメールアドレスが、スパムメール検索の許可する送信者とブロックする送
     信者のリストに正確に一致しない問題

   修正6:
     本リリースの適用後は、メールメッセージから送信者情報を抽出する方法が改善さ
     れ、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題7: (ISD5.6 Windows Hotfix 4681)(337651)
     パスワードで保護された圧縮ファイルの添付ファイルを検索する際、InterScanが
     予期せず停止する場合がある問題

   修正7:
     本リリースの適用後は、eManagerエンジンがアップグレードされ、パスワードで
     保護された圧縮ファイルの添付ファイルを検索できるようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題8: (ISD5.6 Windows Hotfix 4697)(344347)
     InterScan for IBM Domino 5.6 Windows版Service Pack1にアップグレードすると
     隔離データベースの「復元」機能が動作しない問題

   修正8:
     本リリースの適用後は、隔離データベースがアップデートされ、「復元」機能が
     正常に動作するようになります。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題9: (N/A)(318392)
     InterScanで使用しているOpenSSLのバージョンが、特定の脆弱性の影響を受ける
     問題

   修正9:
     本リリースの適用後は、MCP AgentSDKがアップデートされ、この問題が修正されま
     す。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題10: (N/A)(335056)
     eManagerモジュールの添付ファイル識別機能でBOMなしUTF-8エンコードが検出さ
     れると、UTF-8へに変換しようとする問題

   修正10:
     本リリースの適用後は、エンコード抽出方法がアップデートされ、エンコード情報
     をスキップしてエンジンに処理をさせるようになり、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題11: (N/A)(352147,349424)
     SMDmonの誤検出の結果として、SMDrealが重複して実行される問題

   修正11:
     本リリースの適用後は、IBM Domino 8.5.3以降のバージョンでSMDmonが他のSMD
     タスクを監視する設定を無効にできるようになり、この問題が修正されます。

   手順11:
     この修正を適用できるようにするには、次の手順に従ってください。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. 「notes.ini」をテキストエディタで開きます。

     3. 隠しキー「SMD_DISABLE_MON」を追加して、その値を1に設定します。

        注意: この設定を無効にするには、値を「0」に設定します。

     4. 「notes.ini」ファイルで隠しキー「NO_TERM_EXIT_NO_PANIC」が設定されてい
        ないことを確認します。

        注意: IBM Domino 8.5.3以降のバージョンでは、下位タスクまたは関連する
        サードパーティタスクが通常とは異なる方法で中断された場合、IBM Domino
        がクラッシュします。クラッシュ前の状態 (エラーメッセージが表示された
        状態) を復元するには、「notes.ini」ファイルに隠しキー
        「NO_TERM_EXIT_NO_PANIC」を追加する必要があります。

     5. 変更内容を保存して、「notes.ini」ファイルを閉じます。

     6. Dominoサーバを再起動します。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題12: (N/A)(348760)
     タスクに対して動的ライブラリをロードできないことがある問題

   修正12:
     本リリースの適用後は、相対パスではなく絶対パスを使用して動的ライブラリを
     ロードするようになり、この問題が修正されます。

   手順12:
     この修正を適用できるようにするには、次の手順に従ってください。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. 「notes.ini」をテキストエディタで開きます。

     3. 隠しキー「SMD_LOAD_LIBRARY_ABS」を追加して、その値を1に設定します。

        注意: この設定を無効にするには、値を「0」に設定します。

     4. 変更内容を保存して、「notes.ini」ファイルを閉じます。

     5. Dominoサーバを再起動します。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題13: (N/A)(356193,M336925)
     InterScan for IBM Domino Windows版 Service Pack 1にアップグレード後、
     「smconf.nsf」ファイルで [駆除可能なウイルスへの処理] オプションが [駆除]
     に設定されていない場合、ウイルス検索時に検出処理と通知が正しく実行されない
     ことがある問題

   修正13:
     本リリースの適用後は、ウイルス検索時の検出処理と通知を実行する方法が修正
     されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題14: (SMID5.6 Windows Hotfix 4760)(357766)
     エンティティが1つのみのMIMEメールから、添付ファイルのエンティティを取得
     できない問題

   修正14:
     本リリースの適用後は、エンティティが1つのみのMIMEメールから添付のエンティ
     ティを正しく取得するため、単体のMIMEメールのチェックを無効にできるようにな
     り、この問題が修正されます。

   手順14:
     この修正を適用できるようにするには、次の手順に従ってください。

     1. 本リリースをインストールします (「5.1 インストール手順」を参照)。

     2. 「notes.ini」をテキストエディタで開きます。

     3. 隠しキー「SMD_DISABLE_SIMPLEMAIL_CHECK」を追加して、その値を1に設定しま
        す。

     4. 変更内容を保存して、「notes.ini」ファイルを閉じます。

     5. Dominoサーバコンソールで、次のコマンドを実行してSMDrealを再起動します。

        tell smdreal quit
        load smdreal


9. ファイル一覧
===============
   ファイル名                             ビルド番号
   ----------------------------------------------------------------------
   nloader.exe                            5.6.1.4941 
   nSMDreal.dll                           5.6.1.4941 
   nSMDdbs.dll                            5.6.1.4941 
   nSmdDTAS.dll                           5.6.1.4941 
   nSMDemf.dll                            5.6.1.4941
   nSMDext.dll                            5.6.1.4941
   nSMDeuq.dll                            5.6.1.4941
   ProductLib.dll                         5.6.1.4941
   nSMDmon.dll                            5.6.1.4941
   nSMDupd.dll                            5.6.1.4941
   nSMDsch.dll                            5.6.1.4941
   nSMDsupp.dll                           5.6.1.4941
   nupdsmd.dll                            5.6.1.4941
   nSMDcm.dll                             5.6.1.4941
   UnregCMLib.dll                         5.6.1.4941
   unregcm                                5.6.1.4941
   smconf.ntf                             5.6.1.4941
   smdapproved.ntf                        5.6.1.4941
   smddtas.ntf                            5.6.1.4941
   smency.ntf                             5.6.1.4941
   smftypes.nsf                           5.6.1.4941
   smhelp.nsf                             5.6.1.4941
   smlists.nsf                            5.6.1.4941
   smmsg.nsf                              5.6.1.4941
   smquar.ntf                             5.6.1.4941
   smtime.ntf                             5.6.1.4941
   smvlog.ntf                             5.6.1.4941

   情報漏えい対策テンプレート             3.1.1021
   ---------------------------------------------------------------------
   PredefinedDLPPolicy.dat
   
       
   eManagerモジュール                     7.6.1289
   ---------------------------------------------------------------------
   adj.dat
   adj.idx
   adv.dat
   adv.idx
   american-name.txt
   cme.conf
   cme_dll.dll
   cme_vxe_dll.dll
   data_dna.dll
   DlpEngine.dll
   dten600.dll
   em_expression.dll
   em_helpr.dll
   em_synonym.dll
   emDebug.dll
   etyv
   icudt57.dll
   icuin57.dll
   icuuc57.dll
   noun.dat
   noun.idx
   Policy.xml
   pthreadVC2.dll
   spanish-name.txt
   tmpe.pol
   tmpeEnum.xml
   verb.dat
   verb.idx
   vsapi32.dll


   MCP AgentSDKモジュール                 5.0.0.2363
   ---------------------------------------------------------------------
   En_BlobConvertUtility.dll
   En_I18N.dll
   En_Utility.dll
   libapr-1.dll
   libcurl.dll
   libeay32.dll
   ssleay32.dll
   SSO_PKIHelper.dll
   TrendAprWrapperDll.dll
   zlib.dll

   PRモジュール                           1.2.1158
   ---------------------------------------------------------------------
   TmPrApi.dll
   TmPrApiD.dll
   TmPrApiT.dll
   TmPrApiTD.dll
   
   AUモジュール                           2.86.0.1113
   ---------------------------------------------------------------
   Build.exe
   cert5.db
   ciuas32.dll
   ciussi32.dll
   expapply.dll
   expbuild.dll
   icrcauapi.dll
   liblwtpciu32.dll
   patch.exe
   patchbld.dll
   PATCHW32.DLL
   psmc.dll
   TmUpdate.dll
   x500.db
 
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Upgrade
Solution Id:
000286175
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド