ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

2021/04/23から「Census、Good File Reputation、機械学習型検索サービスへの接続解除」イベントが発生しはじめた

    • 更新日:
    • 17 May 2021
    • 製品/バージョン:
    • Cloud One - Workload Security All
    • OS:
概要
Cloud One - Workload Security (C1WS)環境で 2021/04/23以降、これまで発生していなかったシステムイベント「Census、Good File Reputation、機械学習型検索サービスへの接続解除」が発生するようになりました。これはなぜですか?
詳細
Public

以下の全ての条件に該当する場合、2021/04/23 以降「Census、Good File Reputation、機械学習型検索サービスへの接続解除」イベントが出力されます。

条件

  • Deep Security Agent (DSA) コンピュータの不正プログラム検索設定で「Default Real-Time Scan Configuration」を使用している
  • DSAから Census、Good File Reputationサービス、機械学習型検索サービスに直接接続できない環境

背景

従来、不正プログラム対策の挙動監視機能はWindows版DSAのみに対応しており、Linux版DSAではご利用いただけませんでした。
Linux版DSAでも挙動監視をサポートする機能拡張が進められており、これに伴って4/23にデフォルトのリアルタイム検索設定(Default Real-Time Scan Configuration)の挙動監視の設定が「オン」に変更となりました。

対処

  • 挙動監視を使用しない場合:
    ポリシーまたはコンピュータのプロパティから、[不正プログラム対策]タブ→[リアルタイム検索]セクションでDSAに割り当てている不正プログラム検索設定を開き、[一般]タブ→[挙動監視を有効にする]のチェックをオフにして設定を保存します。その後、DSAにポリシーを送信します。
  • 挙動監視を使用する場合:
    ヘルプセンターの「警告: Census、Good File Reputationサービス、機械学習型検索への接続解除」を参考に、必要なネットワーク設定を行います。

Linuxプラットフォームで挙動監視をご利用いただくには、挙動監視が「オン」の不正プログラム検索設定が割り当てられており、かつ対応するDSAのビルドをご利用いただいている必要があります。
2021年4月28日現在、本機能は Linux版DSA 20.0.0-1822 以降でサポートされています。
詳細はDeep Security Agentの新機能をご確認ください。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Configure; Troubleshoot
Solution Id:
000286406
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド