ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

[Apex One SaaS] 11月定期メンテナンス以降: サードパーティー製アプリケーションが正常に動作しない問題

    • 更新日:
    • 16 Nov 2021
    • 製品/バージョン:
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • Apex One as a Service
    • OS:
概要

11月の定期メンテナンス (11/3) 以降、Apex One SaaS セキュリティエージェントがインストールされた端末において サードパーティー製アプリケーションが正常に動作しなくなるというお問い合わせを数件ではありますがいただいております。

・ サードパーティー製アプリケーションが起動しなくなった。
・ サードパーティー製アプリケーションでエラーが発生するようになった。

以下の「方法1」または「方法2」のいずれかを実施していただくことで問題が回避できることを確認しておりますので、お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが各方法の内容をご参照の上で実施いただき問題が回避できることをご確認ください。

この問題につきまして:

11月の定期メンテナンスにて、サードパーティー製アプリケーションの挙動を監視する「プログラム検査エンジン」の安定稼働を目的とした仕様変更がおこなわれました。しかしながら情報漏えい対策の機能をご利用されている場合、サードパーティー製アプリケーションによっては競合問題が発生してしまい正常に動作しなくなることが判明いたしました。

12月の定期メンテナンス (12/8) にて、この記事の下記にて紹介しております「方法2」の内容をすべてのお客様のセキュリティエージェントに配信する予定でおります。

詳細
Public

この問題は、Apex One SaaS セキュリティエージェントで情報漏えい対策機能をご利用されているお客様の端末で発生する可能性がございます。
そのため、現時点で情報漏えい対策機能をご利用いただく予定のないお客様は「方法1」を、情報漏えい対策機能をご利用いただいているお客様は「方法2」をお試しください。
 

方法1: 情報漏えい対策機能を無効化する

お客様が情報漏えい対策機能に関するポリシー設定をおこなっておらず、機能をご利用いただいていない場合は下記の設定項目にてチェックをすべて外していただき、設定を配信してください。
その後、お客様の端末で発生していた問題が引き続き発生するかご確認ください。

[追加サービス設定] > [情報漏えい対策オプションサービス] 項目

MicrosoftTeams-image (1).png

 

方法2: この問題に関係するドライバの仕様をメンテナンス前に戻す

以下の手順でレジストリキーを追加することにより、この問題に関するドライバの仕様をメンテナンス前に戻すことができます。

お客様の端末 1台でお試しいただき、問題が解決するようでしたらトレンドマイクロのテクニカルサポートまでお問い合わせください。ご要望いただければお客様のすべてのセキュリティエージェントに設定を配信することが可能です。その際、こちらの情報 が必要になります。
※ 12月の定期メンテナンス (12/8) にて、すべてのお客様のセキュリティエージェントにこの設定を配信するようにいたします。
 

1) 問題が発生するセキュリティエージェントの端末にて、Apex One SaaS セキュリティエージェントをアンロードします。
※ セキュリティエージェントのアイコンを右クリックして「アンロード」を選択します。
unload_agent.png

2) コマンドプロンプトを管理者権限で開き、下記コマンドを実行します。
net▲stop▲tmumh
※ ▲は半角スペースを指します。

3) レジストリエディタを開き、下記を選択します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\tmumh

4) 手順 3 のレジストリ配下に下記の DWORD キーと値を追加します。
名前: RegCfgFlags
値: 1
regcfgflags.png

5) コマンドプロンプトを管理者権限で開き、下記コマンドを実行します。
net▲start▲tmumh
※ ▲は半角スペースを指します。

6) Apex One SaaS エージェントをリロードします。
※ Windows OS を再起動いただいても結構です。

7) お客様の端末で発生していた問題が引き続き発生するかご確認ください。

 

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Troubleshoot
Solution Id:
000289611
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド