ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

アラート/アドバイザリ:Trend Micro Portable Securityの管理プログラムインストーラにおける権限昇格の脆弱性について

    • 更新日:
    • 8 Mar 2022
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Portable Security
    • Trend Micro Portable Security 2.0
    • Trend Micro Portable Security 3.0
    • Trend Micro Portable Security 3.0
    • OS:
概要
Trend Micro Portable Securityの管理プログラムインストーラにおける脆弱性が確認されました。
詳細
Public

脆弱性の影響を受ける製品/コンポーネント/ツール

該当する脆弱性製品/コンポーネント/ツールバージョン
CVSS3.0
スコア
深刻度
CVE-2022-26319
Trend Micro Portable Security3.0(All)6.5 中
CVE-2022-26319
Trend Micro Portable Security2.0(All)6.5 中

 

脆弱性の概要

弊社製品Trend Micro Portable Securityにおいて次の脆弱性の存在が確認されました。

CVE-2022-26319
CVSSv3: 6.5
Trend Micro Portable Security 3.0 および 2.0 の管理プログラムインストーラに含まれるDLLを読み込む際の検索パスに問題があり、
同一ディレクトリに存在する特定のDLLを読み込んでしまう脆弱性によりローカル攻撃者が任意に生成した
DLL ファイルをインストーラフォルダ内に配置し、ローカル権限を昇格させることができます。

 

対処方法

製品/コンポーネント/ツールバージョン修正Readme
Trend Micro Portable Security3.03.0.5054Readme
Trend Micro Portable Security2.02.0.8056Readme



軽減要素

この脆弱性を悪用するには、攻撃者が脆弱なマシンに(物理的または遠隔的に)アクセスする必要があります。
パッチや更新されたソリューションを適時に適用するだけでなく、重要なシステムへのリモートアクセスを見直し、
ポリシーや境界のセキュリティが最新であることを確認するよう、お客様にお勧めします。
ただし、悪用されるためには、いくつかの特定の条件を満たす必要がある場合もありますが、
トレンドマイクロでは、お客様にできるだけ早く最新のビルドにアップデートすることを強く推奨しています。


参照情報

CVE-2022-26319
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Troubleshoot
Solution Id:
000290532
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド