ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

[Apex One SaaS] 2022年12月メンテナンス: 情報漏えい対策 - P2P/PGP チャネルの廃止について

    • 更新日:
    • 26 Apr 2022
    • 製品/バージョン:
    • Apex One as a Service
    • OS:
概要

2022年 12月の定期メンテナンスにて、管理コンソールの [ポリシー] > [ポリシー管理] から設定可能な "Apex One情報漏えい対策オプション" ポリシーのルール画面から「PGP暗号化」および「ピアツーピアアプリケーション」のチェックボックスが廃止されます。

 "Apex One情報漏えい対策オプション" ポリシーは、デフォルトでは何も設定されていません。

詳細
Public

情報漏えい対策 - P2P/PGP チャネルの廃止について

トレンドマイクロは、管理コンソールの [ポリシー] > [ポリシー管理] から設定可能な "Apex One情報漏えい対策オプション" ポリシーのルール画面から「PGP暗号化」および「ピアツーピアアプリケーション」のチェックボックスを廃止することを決定いたしました。

※ "Apex One情報漏えい対策オプション" ポリシーは、デフォルトでは何も設定されていません。

iDLP.png

この決定の背景には、上記画像の「PGP暗号化」および「ピアツーピアアプリケーション」のチェックボックスを有効化した際に監視可能となる対象アプリケーションが現在のビジネス市場において利用率が低いことが挙げられます。

対象アプリケーションは以下のとおりです。

▼ PGP暗号化:
  - PGP Desktop

▼ ピアツーピアアプリケーション:
  - Apple iTunes for Microsoft Windows
  - BitComet
  - BitTorrent
  - Emule / Emule Plus
  - HTC Sync / HTC Sync Manager
  - µTorrent

以上のことから、2022年 12月の定期メンテナンスにて該当のチェックボックスが廃止されます。
特定のアプリケーションの利用をブロックしたい場合につきましては、お客様は Apex One セキュリティエージェントの "アプリケーションコントロール" 機能をご利用いただけます。

 
 

[補足] アプリケーションコントロール 機能について

アプリケーションコントロール 機能では、お客様は様々なカテゴリのアプリケーションから任意のものを選択いただくことで端末上で特定のアプリケーションが実行されるのをブロックすることができます。
また、お客様による任意のファイルパスやハッシュ値を指定してブロック対象にすることも可能です。

例えば、ピアツーピアアプリケーションだけでも 50種類を超えるアプリケーションに対応しております。

iAC.png
 
 

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Configure
Solution Id:
000290834
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド