ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
 

Cloud Edge証明書のエクスポート方法

    • 更新日:
    • 26 Sep 2022
    • 製品/バージョン:
    • Cloud Edge 5.6SP1
    • OS:
    • Appliance
概要
Cloud Edgeの証明書をエクスポートする手順について詳しく教えてください。
詳細
Public

はじめに

Cloud EdgeではSSLによる暗号化がされた通信の検知フローにおいて内容の調査後の通信をCloud Edgeにて再暗号化し端末に送信します。しかし、一般的なOS等の初期設定の証明書DBにはCloud Edge の(信頼できる)認証局(CA=Certification Authority)による署名の登録がありません。

 

ユーザがHTTPS Webサイトにアクセス、またはSMTPS、POP3S、IMAPSでメールを送受信するたびに、ブラウザまたはメールクライアントに証明書の警告が表示されたり正しく通信ができないことがあります。この警告が表示されないようにするには、あらかじめこのCloud Edge証明書をエクスポートして各端末やブラウザ、メーラー等にインストールしておく必要があります。

 

Cloud Edge証明書のエクスポート

証明書をインポートするには、エクスポートした証明書を認証局証明書として各アプリケーションにインストールします。

  1. Cloud Console のメニューにある「管理」をクリックし、左ペインの「証明書管理」をクリックします。
  2. 「エクスポート」をクリックすると、「CloudEdge.crt」というファイルをダウンロードします。この「CloudEdge.crt」ファイルが証明書です。
Cert.PNG
 

Cloud Edge証明書のインポート

代表的なアプリケーションでのCloud Edge証明書のインポートの手順は以下の関連リンクからご確認ください。

 

関連リンク

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
Configure
Solution Id:
000291582
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド