ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Deep Security Agent インストール手順  

Deep Security Agent インストール手順

    • 更新日:
    • 20 Jun 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 10.0
    • Trend Micro Deep Security 11.0
    • Trend Micro Deep Security 12.0
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • OS:
    • Linux すべて
    • Windows すべて
概要
Deep Security (以下、DS) 環境を構築し、Deep Security Agent (以下、DSA) での保護を行いたいと考えています。DSA のインストール手順について教えてください。
詳細
Public

DSAは、コンピュータ上に直接配信されるセキュリティエージェントです。
対象のマシンにインストールする事で、対象マシンにDSの各種保護を提供します。

インストールするには、対象のコンピュータに管理者としてログインする必要があります。

DSA をインストールする前に、Deep Security Manager (以下、DSM) (およびデータベース) や、Deep Security Relay がすでにインストールされ、設定されている必要があります。

DSA をインストールするコンピュータの時計は、DSM と同期させる必要があります。時間の同期がとれていない場合、DSAの有効化に失敗します。

インストール中、ネットワークインタフェースが停止し、復旧までに数秒間かかります。DHCP を使用している場合、新しい要求が生成されるため、復旧した接続に対して別の IP アドレスが割り当てられる可能性があります。

以下の様な機能を持つアプリケーションが既に導入されているWindows Server 2003 環境に新たにDSAを追加インストールした場合、既存のアプリケーションとの兼ね合いに依り、通信等に問題が発生する事例が確認されています。

  • 資産管理
  • 暗号化
  • セキュリティ
  • ファイアウォール
  • ファイル監視

問題が発生した場合、可能であれば、これらのアプリケーションを停止、アンインストールし問題が回避されるかご確認ください。
回避された場合、お使いの製品のサポートに回避策が無いかについてお問い合わせください。
また、既に使用していないアプリケーションについては、可能な限りアンインストールをしてください。

 
DS9.5より基本機能モジュールを用い、Deep Security Agent が必要最低限の状態で
インストール出来るようになりました。
この新機能については、以下の製品Q&Aをご確認ください。
 
 
DS9.5では、基本機能モジュールによるインストール方法を推奨しております。
基本機能モジュールによるインストール方法を実施する場合、管理コンソールにログインし、
[管理] → [アップデート] → [ソフトウェア] → [ローカル] にて、インストール対象のOSに
応じたパッケージを選択します。
 
その後、[エクスポート] → [インストーラーのエクスポート] にてエクスポートした
インストーラを以下のインストール手順で使用してください。
 

DSA のインストール手順

Deep Security 10.0以降または DSaaS をご利用の場合は、Deep Securityヘルプセンターをご参照ください。
※リンク先の画面左上のリストから対象バージョンを選択してください。

Windows マシンへの DSA のインストール手順

バージョン 9.5以降

  1. 管理コンソールにログインし、[管理] → [アップデート] → [ソフトウェア] → [ローカル] にて、インストール対象のOSに応じたパッケージを選択します。
     
    その後、[エクスポート] → [インストーラーのエクスポート] にてエクスポートした
    インストーラを以下のインストール手順で使用してください。
  2. 対象のコンピュータの任意のパスに、DSAインストーラをコピーします。
  3. インストールファイルをダブルクリックして、インストーラパッケージを実行します。[次へ] をクリックして、インストールを開始します。
  4. 使用許諾契約書を読み、「使用許諾所に同意します」にチェックを入れ、[次へ] をクリックします。
  5. インストール場所を指定します。(アップグレードの場合は、インストールディレクトリを変更できません。インストールパスを変更する場合には、再インストールの必要があります。)


  6. 「インストール」をクリックして、インストールを続行します。


  7. 「完了」をクリックして、インストールを完了します。


Linux マシンへの DSA のインストール手順

バージョン 9.5 未満の場合、DSA をインストールすると iptables が無効になります。

  1. ds_agentパッケージをインストールするには、「rpm -i」を使用します。
    # rpm -i "インストーラ名"
    ※アップグレードの場合には、「rpm -U」を使用します。この場合、現在のプロファイル設定が保持されます。
  2. インストールが完了すると、DSA は自動的に起動します。

例: DS8.0 Sp2 DSA の新規インストール

# rpm -i Agent-RedHat_2.6.18_8.EL5_i686-8.0.0-xxxx.i386.rpm
Preparing... ########################################## [100%]
1:ds_agent ########################################## [100%]
Loading ds_filter_im module version 2.4.21-20.EL-i686 [ OK ]
Starting ds_agent: [ OK ]

実施後チェックリスト

  • DSM と同じ NTP サーバをソースに時刻同期が行われている (時刻にズレがないこと)
  • DSM/DSR の FQDN を名前解決することができる
  • DSM の 4120 番ポートに通信することができる
  • DSR の 4122 番ポートに通信することができる
  • DSM から DSA の 4118 番ポートに通信することができる
  • ds_agent サービスが動作している
  • ds_filter サービス / ds_am プロセスが動作している (Linux のみ)
    ※ds_filter サービスはWRS,ファイアウォール,侵入防御いずれかの機能がインストールされている必要があります。
    ※ds_am プロセスは不正プログラム対策機能がインストールされている必要があります。
  • ds_notifier サービスが動作している (Windows のみ)
  • DSA の有効化ができる
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
インストール
Solution Id:
1097197
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド