ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
侵入防御の動作確認方法  

侵入防御の動作確認方法

    • 更新日:
    • 22 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 10.0
    • Trend Micro Deep Security 11.0
    • Trend Micro Deep Security 12.0
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • Trend Micro Deep Security as a Service All.All
    • Trend Micro Virtual Patch for Endpoint 2.All
    • OS:
    • Linux すべて
    • UNIX すべて
    • Windows すべて
概要
 侵入防御機能の動作確認方法を教えてください。
詳細
Public

カスタムルールを作成することで、安全に侵入防御の動作確認を行うことが可能です。

 

本テストは、侵入防御ルール/機能が正しく動作するかどうかを確認するための手順となります。個別の侵入防御ルールのテスト方法は、攻撃方法を教えることと同義になるため、セキュリティリスクの観点からご案内することはできません。

 

以下は動作確認の方法です。

  1. 管理コンソールにログオンします。

  2. [Policies/ポリシー]タブをクリックし、[Common Objects/共通オブジェクト]-[Rules/ルール]-[Intrusion Prevention Rules/侵入防御ルール]を選択します。

  3. [New/新規]-[New Intrusion Prevention Rule.../新規侵入防御ルール...] をクリックします。

  4. General/一般 タブに以下を設定します。
    • Name/名前: 任意の名前(例. Hello World ) を設定します。
    • Application Type/アプリケーションの種類:"Web Server Common" を選択します。

    ヒント

    保護対象のWebサーバが一般的なhttpポートを利用していない場合、"Web Server Common" ポートリストを編集するか、新規にアプリケーションの種類を作成します。詳細は以下の製品Q&Aを参照してください。

    保護対象のWebサーバがhttps接続のみを許可している場合、アプリケーションの種類は"Web Server IIS HTTPS"を選択し、443以外のポートを利用している場合には"SSL"ポートリストを編集します。また、事前にWebサーバの秘密鍵をインポートしておく必要があります。秘密鍵のインポート方法は以下の製品Q&Aを参照してください。

    また、保護対象サーバがWebサーバでは無い場合においても、アプリケーションの種類を保護対象のプロトコルに設定し、そのプロトコル上で[Signature/シグニチャ]として登録されたキーワードを保護対象のサーバに送信すれば同様の検証が可能です。

  5. パケット内の文字列「Hello」を検出するように設定します。
      Rues/ルール タブをクリックし、以下を設定します。
    • Signature/シグニチャ: Hello を設定します。
    • Action/処理: "Log Only/ログのみ" を選択します。


  6. OK をクリックします。

  7. [Computers/コンピュータ]タブから、テストを実施したい対象コンピュータをダブルクリックします。

  8. [Intrusion Prevention/侵入防御]を選択し、[General/一般]タブから[Assigned Intrusion Prevention Rules/割り当てられた侵入防御ルール]欄の[Assign/Unassign... / 割り当て/割り当て解除...]をクリックします。

  9. 新規作成した侵入防御ルールにチェックを入れて[OK]をクリックします。

  10. [Save/保存]をクリックします。

  11. Webサーバへ、キーワード "Hello" を含むリクエストを送信します。

    ヒント

    保護対象のWebサーバが、ログイン画面や検索窓等の文字入力フォームを保有していれば、その入力フォームへ "Hello"を入力するのが最も簡単な方法です。

    入力フォーム等を実装していないWebサーバに対しては、ブラウザから"http://{WebサーバのIP}/Hello"のようにアクセスすれば、コンテンツが存在しないのでブラウザ上では404エラーが発生するものの、侵入防御イベントとして検知されます。

  12. [Events/イベント]タブからHello World のイベントが存在するかどうかご確認ください

イベントが存在しない場合は、 [Get Events/イベントを取得] をクリックし、表示されるかどうかご確認ください。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1097204
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド