ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
クライアントパッケージャ(Client Packager)を用いたクライアントのアップグレード手順  

クライアントパッケージャ(Client Packager)を用いたクライアントのアップグレード手順

    • 更新日:
    • 31 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One 2019.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Client Packagerを用いたウイルスバスターコーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.)クライアントのアップグレード手順について教えてください。
詳細
Public

2019年7月31日に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

本FAQでは、Client Packagerを用いた下記アップグレード方法についてご説明いたします。
  • ウイルスバスターCorp.11へバージョンアップした場合は、ウイルスバスターCorp.クライアントの再起動もしくは再読み込みを実施してください。詳細は下記をご確認ください。
    • ※通常、Client Packagerを用いてアップグレードを行う際、ウイルスバスターCorp.サーバのIPアドレスやホスト名が同一である必要がありますが、本FAQの手順にてアップグレードならびに別サーバへの移行を実施する場合、IPアドレスやホスト名が同一である必要はございません。

    • 本手順でウイルスバスターCorp.クライアントをウイルスバスターCorp.11へバージョンアップする場合、
      全てのウイルスバスターCorp.11サーバのサーバ認証で使用する証明書が同一である必要がございます。

ウイルスバスターCorp.クライアントのアップグレード、別サーバへ移行を同時に行う手順について

はじめに

 

本FAQでは、例として下記サーバを用意します。

 移行前サーバ(A):ウイルスバスターCorp. 10.0
 移行先サーバ(B):ウイルスバスターCorp. 10.6SP2

Step 1

 

移行先のサーバ(B)にて、ウイルスバスターCorp. サーバのインストールフォルダ配下のofcscan.iniを開きます。
※初期設定の場合、インストールフォルダは下記パスとなります。
▼32bit版ご利用の場合、
<C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV>の直下

▼64bit版ご利用の場合、
<C:\Program Files(x86)\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV>の直下

Step 2

 

開いたofcscan.iniの中で、[INI_CLIENT_SETUP_SECTION]セクション配下の以下パラメータ値を変更します。パラメータが存在しない場合は追加します。
 
ForceRefresh=1
BypassServerChecking=1
BypassUpgradePrivilegeChecking=1

補足

 

「ForceRefresh」


パッケージ内の 管理サーバ情報に上書きするかどうかを制御します。
値を「1」に設定いたしますと、クライアントが接続する管理サーバ情報をパッケージ内の設定ファイルに記載されている管理サーバ情報を書き換え、クライアントは新しい管理サーバと通信します。

 

「BypassServerChecking」


クライアントが所属している管理サーバとは異なる管理サーバで作成されたパッケージを実行するかどうかを制御します。
値を「1」に設定いたしますと、異なる管理サーバで作成されたパッケージを実行します。

 

「BypassUpgradePrivilegeChecking」


クライアントへのプログラム配信禁止設定を確認するかどうかを制御します。
値を「1」に設定いたしますと、設定が有効であっても、プログラムのアップデート・アップグレードを実行します。

※バージョン10.6までのClient Packagerで作成したMSI形式のパッケージを使用してクライアントプログラムのアップデート・アップグレードを実行する場合に「BypassUpgradePrivilegeChecking」パラメータを参照します。


Step 3

 

移行先のサーバ(B)でClient Packagerのパッケージを作成します。
その後、作成したClient Packager のパッケージを 移行前のサーバ(A)に所属しているウイルスバスターCorp. クライアントに適用します。
 
 
上記手順により、ウイルスバスターCorp.クライアントが移行先のサーバに移動し、アップグレードも完了します。
  • [msi]のClient Packager を作成し移行バージョンアップを実施する場合は、
    コマンドプロンプトを「管理者として実行」し、管理者権限で作業を行う必要があります。


異なるウイルスバスターCorp.サーバで作成したクライアントパッケージャを使用し、アップグレードする手順について

接続先を維持したまま、異なるCorp.サーバで作成したクライアントパッケージャを使用し、アップグレードする方法については下記のとおりです。

はじめに

 

例として下記サーバを用意します。

 接続先サーバ(A):ウイルスバスターCorp. 10.0
 クライアントパッケージャ生成元サーバ(B):ウイルスバスターCorp. 10.6SP3

Step 1

 

クライアントパッケージャ生成元サーバ(B)にて、ウイルスバスターCorp. サーバのインストールフォルダ配下のofcscan.iniを開きます。
※初期設定の場合、インストールフォルダは下記パスとなります。
▼32bit版ご利用の場合、
<C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV>の直下

▼64bit版ご利用の場合、
<C:\Program Files(x86)\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV>の直下

Step 2

 

開いたofcscan.iniの中で、[INI_CLIENT_SETUP_SECTION]セクション配下に以下のパラメータを追加します。
 
ForceRefresh=0
BypassServerChecking=1

Step 3

 

クライアントパッケージャ生成元サーバ(B)でClient Packagerのパッケージを作成します。
その後、作成したClient Packager のパッケージを接続先サーバ(A)に所属しているウイルスバスターCorp. クライアントに適用します。
 
 
上記手順により、ウイルスバスターCorp.クライアントが接続先サーバを維持したまま、Corp.クライアントのアップグレードが可能です。
  • [msi]のClient Packager を作成しバージョンアップを実施する場合は、
    コマンドプロンプトを「管理者として実行」し、管理者権限で作業を行う必要があります。


Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定; 移行
Solution Id:
1097756
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド