ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ServerProtect 一般サーバのリモートインストール手順  

ServerProtect 一般サーバのリモートインストール手順

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect Ver5 5.8
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ServerProtect インフォメーションサーバから他のコンピュータへServerProtect 一般サーバをインストールする手順について教えてください。
 
詳細
Public

事前確認

一般サーバのインストールを実施する前に、インストール対象コンピュータがServerProtectのシステム要件を満たしているかご確認ください。

リモートインストールを実施するためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • リモートインストールを実施するインフォメーションサーバに一般サーバがインストールされている、もしくは複数の一般サーバが管理下にある
  • インストール先のサーバとインフォメーションサーバが共に32ビット(または共に64ビット)OSである
  • インフォメーションサーバから、インストール先のサーバの管理共有C$へアクセスできる
  • インストール先のサーバで"Remote Registry"サービスが起動している

リモートインストール手順の動画

ServerProtect一般サーバのリモートインストール手順の動画を用意しております。是非ご活用ください。

リモートインストール手順の動画

上記の動画は、バージョン5.7をベースとして作成されておりますが、バージョン5.8でも手順は同様です。

また、インストール手順を動画で確認する場合、Adobe Flash Playerがインストールされている必要があります。Adobe Flash Playerは下のボタンからインストールできます。

※ Adobe Flash Playerは最新版をご使用ください。また更新を知らせてくれる設定にしておくことをお奨めします。

Flash Playerをダウンロード

ServerProtect一般サーバのリモートインストール手順

  1. ServerProtect管理コンソールにログインし、ドメインブラウザツリーから一般サーバの追加先ドメインを選択します。
管理コンソール

  1. [ドメイン]-[SPNTの新規インストール]を選択します。
SPNTの新規インストール

  1. 以下のようなポップアップが表示されますので、[OK]をクリックします。
    サーバ[サーバ名]は、リモート操作を実行するサーバです。操作を続行する前に、実行元サーバの設定が正しいことを確認してください。

  2. [サーバをドメインに追加]ダイアログボックスが表示されます。
    左のリストボックスでサーバ名を選択するか、[サーバ名:]テキストボックスにサーバ名を入力し、[追加]をクリックしてサーバ名を右のリストボックスに表示させます。
    サーバをドメインに追加

  3. [OK]をクリックすると、[実行対象のサーバへのログオン]というダイアログボックスが表示されますので、それぞれの項目に情報を入力し、[OK]をクリックします。
    実行対象サーバへのログオン

    • 【ドメイン/ツリー名】:対象サーバが所属しているWindowsドメイン名もしくはワークグループ名を入力します。
    • 【ユーザ名】:対象サーバの管理者権限を持ったユーザ名を入力します。
    • 【パスワード】:
      上述のフォームに入力したユーザのログインパスワードを入力します。
    • 【シリアル番号】:ServerProtectの有効なシリアル番号を入力します。
    • 【デフォルトドライブ】:
      ServerProtect一般サーバのインストールドライブを指定します。
    • 【この設定をすべてのサーバに適用する】:
      同一ドメイン上の複数のサーバへ一括インストールを行う場合等、同じ設定でのインストールが可能な場合にこのチェックを入れます。


  4. [他のサーバの追加]というダイアログボックスが表示されますので、インストール対象に間違いが無ければ[開始]をクリックします。
    他のサーバの追加

  5. リモートインストールの進行状況が表示されます。
    リモートインストールの進行状況

  6. インストールが完了すると、以下のような通知ダイアログボックスが表示されますので、[OK]をクリックして終了します。
    次のサーバにインストールしました:

事後確認

以下の設定はリモートインストール先の一般サーバに反映されませんので、必要に応じて、手動で設定してください。

  • 新規タスク
  • [ScanNow]-[処理の設定]の隔離ディレクトリ
  • [ScanNow]-[処理の設定]のバックアップディレクトリ
  • [リアルタイム検索]-[処理の設定]の隔離ディレクトリ
  • [リアルタイム検索]-[処理の設定]のバックアップディレクトリ
  • [通知の設定]-[一般の警告]-[スパイウェア/グレーウェア検出数]のメッセージ本文
  • [通知の設定]-[一般の警告]-[ウイルスパターンの有効期限切れ]の有効期間
  • [通知の設定]-[一般の警告]-[スパイウェアパターンの有効期限切れ]の期限
  • [通知の設定]-[一般の警告]-[スパイウェアパターンの有効期限切れ]のメッセージ本文
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
インストール
Solution Id:
1097940
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド