ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
「Webブロックリスト」とは何ですか  

「Webブロックリスト」とは何ですか

    • 更新日:
    • 30 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One All.All
    • Trend Micro Control Manager 6.0
    • Trend Micro Smart Protection Server 3.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
 「Webブロックリスト」の用途、役割について教えてください。
詳細
Public

2019年7月に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

2019年7月に、「Trend Micro Control Manager 」の後継となる新製品「Trend Micro Apex Central」が公開されました。
本製品Q&Aにて、Trend Micro Control Manager(以下、TMCM) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex Central(以下、Apex Central)でも同様となります。

Webブロックリストについて

「Webブロックリスト」とは、「Webレピューテション」機能で利用するパターンファイルの一種で、Webレピューテションサーバ側で保持しています。危険と見なされるWebサイトのURLやレピューテションスコアなどが蓄積されています。

Webレピュテーションとは

Webレピュテーションとは、WebサイトへのHTTP接続時に、接続先のWebサイトの信頼性をチェックし、アクセス制限をかけることが可能なトレンドマイクロのソリューションです。
トレンドマイクロでは世界中のWebサイトを常時監視し、1日数十億のWebサイトの信頼度を評価し、Web評価データベースへの登録・更新を行っています。膨大なWeb評価データベースには、ドメイン・IPアドレスなどの登録変更履歴やフィッシングサイトやスパム送信元としてデータベースへの登録があるか、不正プログラムの検出履歴など、多面的にそのWebサイトの危険度を採点化したものが蓄積・更新されています。

ウイルスバスター コーポレートエディションでは、Web Security Serviceの機能をアクティベートすることで、このWeb評価データベースにアクセスし、Webサイトにアクセスする前にそのWebサイトの危険度をチェックし、評価が悪い場合には、あらかじめアクセスを拒否する制御機能を提供します。

Webレピューテション機能が有効のコンピュータでは、Webサイトへアクセスする際に、そのURL情報をWebレピュテーションサーバへ対してクエリを送信します。Webレピュテーションサーバは、「Webブロックリスト」のデータを元に、そのWebサイトが安全かどうかを図るレピューテションスコアをクエリ元のコンピュータへ返答します。その応答スコアとお客様が設定するポリシーに応じて、対象のWebサイトへのアクセスを許可するか/ブロックするかを決定しています。 クエリ先のWebレピュテーションサーバには、以下のいずれかを指定できます。
Webレピュテーションサーバの種類詳細
Smart Protection Networkクラウド上に存在するSmart Protection Serverです。
統合Smart Protection Serverウイルスバスター Corp.サーバプログラムと共存した(統合された)Smart Protection Serverです。

※ウイルスバスター Corp.サーバをインストール時に併せてインストールする必要があります。
Trend Micro Smart Protection Server (スタンドアロン)

お客様の環境内で、独立してインストール/構築するSmart Protection Serverです。


なお、製品によって「Webブロックリスト」の名称が若干異なります。
※中身は同じです。名称が異なるだけです。

対象製品コンポーネント名
ウイルスバスター Corp.Webブロックリスト
Trend Micro Smart Protection ServerWebブロックリスト
Trend Micro Smart Scan ServerWebブロックリスト
Trend Micro Control Manager

Webブロックの完全なリスト

Trend Micro Control Manager 6.0 Patch 3 以降では、「Webブロックリスト」に名称変更されました。

新しいフォーマットのWebブロックリストについて

2013年6月21日以降、新しいフォーマットの「Webブロックリスト」を利用できるようになりました。

監視対象となるWebページの増加に伴い、「Webブロックリスト」のファイルサイズ、及びアップデート頻度も増加し、従来のフォーマットのまま使用し続けている環境では、以下の事象が発生しつつあります。
  • Webブロックリストを読み込む際のメモリ消費量の増加
  • 「Webブロックリスト」のアップデート頻度増加に伴う弊社アップデートサーバとお客様環境の製品間で発生するネットワークトラフィックの増加

そこで、これらの問題を解決した新しいフォーマットの「Webブロックリスト」をダウンロードできるよう、各製品でCritical Patch、Patchを適用していただく必要があります。(適用後の設定などは特に必要ありません)

※各製品でCritical Patch、Patchを適用後も、名称の名前はこれまでと変わらず、「Webブロックリスト」のままです。

Trend Micro Control Manager 6.0 Patch 4からは、
「Webブロックリスト (2.0)」に名称変更されました。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1098039
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド