ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
統合スマートスキャンサーバで使われているディスクの空き容量を増やす方法  

統合スマートスキャンサーバで使われているディスクの空き容量を増やす方法

    • 更新日:
    • 15 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.) の統合スマートスキャンサーバで使用されているディスクの空き容量を増やす方法を教えて下さい
詳細
Public
ウイルスバスター Corp.サーバの統合スマートプロテクションサーバがパターンアップデートをする際にはある程度の空きディスク容量を必要とします。
空きディスク容量がその閾値よりも少ない場合、管理コンソールのダッシュボード上に下記のように表示されます。

ウイルスバスター Corp. のコンピュータの空きディスク容量が少なくなっています。
不必要なファイルを削除することで、最低でもウイルスバスター Corp. 上に{X}GBの空き容量を確保してください。




ディスクの空き容量を増やす方法として考えられるものは、以下の通りです。

  • ウィンドウズディスククリーンナップを実行する。
  • 不必要なファイルの削除や、他のディスクへ移動を行う。
  • ウイルスバスター Corp. 管理コンソールにて、不要なログ等を整理する。
  • 統合スマートプロテクションサーバのアクセスログを削除する。


以下に、「ウイルスバスター Corp. 管理コンソールにて、不要なログ等を整理する」手順、および「統合スマートプロテクションサーバのアクセスログを削除する」手順を記載します。

ウイルスバスター Corp. 管理コンソールにて、不要なログ等を整理する

ログ削除の日付を調整する手順

  1. 管理コンソールを開きます。
  2. [ログ] > [ログ管理]に移動します。


  3. ログ削除の日付を変更します。


隔離フォルダの容量とファイル一つ当たりの最大サイズを調整する手順

  1. 管理コンソールを開きます。
  2. [管理] > [設定] > [隔離フォルダ管理]に移動します。


  3. 隔離フォルダの容量とファイル一つ当たりの最大サイズを変更します。


データベースのバックアップを他の場所へと移動する手順

  1. 管理コンソールを開きます。
  2. [管理] > [設定] > [データベースバックアップ]に移動します。


  3. 現在のバックアップパスを記録します。


  4. バックアップパスにあるフォルダを他のディスクへと移動します。
  5. バックアップパスを新しいディスクのものへと変更し、保存します。

統合スマートプロテクションサーバのアクセスログを削除する

統合スマートプロテクションサーバの下記アクセスログを任意のパスにバックアップした後、削除します。

  • [Server Path]\PCCSRV\WSS\access.log
  • [Server Path]\PCCSRV\WSS\lwcs\access.log
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1102948
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド