ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0 の新機能  

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0 の新機能

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0
    • OS:
    • MacOS すべて
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ (以下、ビジネスセキュリティ) 9.0 における以前のバージョンとの機能の違いを教えてください。
詳細
Public
ビジネスセキュリティ 9.0 の新機能は下記のとおりです。


対応プラットフォームなどの追加

  • Windowsのサポート: Microsoft Windows 8.0、8.1およびWindows Server 2012 R2に対応しました。
  • Macのサポート: OS X 10.9に対応しました。
  • IPv6のサポート: ビジネスセキュリティサーバ、ビジネスセキュリティクライアントがIPv6に対応しました。
  • メールソフトのサポート: 迷惑メール対策ツールバーがOutlook 2013およびWindows Live Mail 2012に対応しました。

検出機能の向上

  • リアルタイム検索でのメモリ領域の検索: メモリ上で実行されている不正なプロセスを検出します。
  • 挙動監視検索の強化: 既知の不正プログラムおよび潜在的な脅威による不審な挙動をブロックします。
  • ブラウザ脆弱性対策: Webブラウザで不正なスクリプトの実行をブロックします。
  • ダウンロードされた新しいプログラムの確認: 挙動監視では、Webレピュテーションサービスと連携し、HTTPチャネル経由でダウンロードされたファイルの利用状況を検証します。新しいファイルが検出された場合、管理者は、ユーザがファイルを実行する前にその旨を通知するかどうかを選択できるようになります。トレンドマイクロでは、ファイル検出の数またはSmart Protection Networkによって判定されたファイルの存続期間に基づき、プログラムを新しく検出されたものとして分類します。
  • リアルタイム検索での遅延検索: ビジネスセキュリティのウイルス検索エンジンに遅延検索機能が追加され、ファイルコピーのパフォーマンスが向上します。
  • 高度なクリーンナップ: ダメージクリーンナップサービスを高度なクリーンナップモードで実行することで、FakeAVと呼ばれる偽セキュリティソフトウェアの活動を停止できるようになりました。クライアントは、高度なクリーンナップのルールを使用して、FakeAVの挙動を示すアプリケーションを積極的に検出し、停止します。手動検索および予約検索の設定時には、ビジネスセキュリティクライアントで高度なクリーンナップを有効にすることをお勧めします。

ユーザビリティの向上

  • WebレピュテーションとURLフィルタの設定: 除外またはブロックするURLをグループ単位で設定できます。
  • グローバル設定でのWebレピュテーションとURLフィルタのIP除外リスト
  • クライアントツリーおよびリモートインストールページからのActiveXの削除
  • アップデートエージェントを使用したトレンドマイクロのアップデートサーバからのアップデート: アップデートエージェントのアップデート元として、ビジネスセキュリティサーバだけでなく、トレンドマイクロのアップデートサーバを選択できます。
  • サーバアップデートの停止: パターンファイルなどをアップデート中のサーバで、アップデートを停止することができます。
  • 処理できないウイルスの対処方法の表示: 画面上のリンクからウイルスの対処方法に関するヘルプを表示できます。
  • 潜在的なウイルス/不正プログラムに対する処理: 潜在的なウイルス/不正プログラムに対する初期設定の処理は「隔離」です。これらが適切ではない場合は、放置またはアクセス拒否、削除、拡張子変更に変えることができます。
  • 予約検索後のクライアントのシャットダウン: 管理コンソールの新しい設定 ([検索]→[予約検索]→[スケジュール]タブ) を使用すると、予約検索の完了後、クライアントをシャットダウンするように設定できます。この設定は管理コンソールからのみ実行できます。
  • ビジネスセキュリティクライアントのインストールパス: ビジネスセキュリティサーバのインストール時、ビジネスセキュリティクライアントをインストールするインストールパスを指定するよう求められます。以前のバージョンでは、ビジネスセキュリティサーバのインストール後は、このインストールパスを変更できませんでした。本バージョンでは、管理コンソールで [オプション設定]→[グローバル設定]→[システム]→[ビジネスセキュリティクライアントのインストールディレクトリ]の順に移動して、インストールパスを変更できます。パスの変更後、新しいビジネスセキュリティクライアントが目的のパスにインストールされます。
  • スキャンサーバ (検索サーバ) データベース移動ツール: このツールを使用すると、スキャンサーバのデータベースを別のディスクドライブに安全に移動できます。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; インストール; バージョンアップ
Solution Id:
1103058
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド