ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan MSS, IMSVA で隔離されたメールを取得する方法  

InterScan MSS, IMSVA で隔離されたメールを取得する方法

    • 更新日:
    • 29 Oct 2020
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 9.1
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1
    • OS:
    • Linux すべて
    • Windows All
概要
InterScan Messaging Security Suite (以下、InterScan MSS)、 InterScan Messaging Security Virtual Appliance (以下、IMSVA) で隔離されたメールを取得する方法を教えてください。
詳細
Public
■隔離されているメールの取得方法
 
管理コンソールから取得可能です。
以下の操作を行ってください。
 
【操作手順】
1. 管理コンソールにログオンし、[メール領域とキュー]-[クエリ] メニューをクリックします。
 
2. 日時や送信者、受信者等の条件を指定し、対象の隔離メールを検索します。
 
3. 対象のメールが表示されたら、日付のリンクをクリックします。
 
4. 「ダウンロード」ボタンをクリックし、eml メールファイルとして保存します。 

以上で操作は完了です。 
 
 
■隔離されているメールの保存場所
 
隔離されたメールは、InterScan MSS, IMSVA の キューディレクトリに保存されています。
 以下の方法で、保存されている隔離メールファイルを確認することも可能です。
 
【操作手順】
1. 前述の手順と同様に、管理コンソールから対象の隔離メールを検索します。
 
2. クエリ結果の「内部 ID:」の最初の2ケタを確認します。
 
3. システムにログオンし、隔離されたメールファイルが保存されているディレクトリへ移動します。
 
例) 内部 ID が以下の文字列の場合
9806E1E2-F732-A904-B265-09FB32AFEB5D
 
この場合の隔離メールファイルは、次の場所に保存されています。
<InterScanMSS 、IMSVA インストールディレクトリ>\queue\quarantine\9\8
 
4. 前述の内部IDが付与された、2つのファイルが保存されていることが確認できます。
隔離メールのデータは、拡張子が「DF」のファイルです。
 
ls コマンド出力結果例)

[root@ismva82 ~]# ls /opt/trend/imss/queue/quarantine/9/8/
9806E1E2-F732-A904-B265-09FB32AFEB5D.AF 9806E1E2-F732-A904-B265-09FB32AFEB5D.DF

これらのファイルを直接移動したり、削除しないでください!
InterScan MSS, IMSVA の機能に影響を与える可能性があります。

 
 
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1103196
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド