ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6 Service Pack 2 Critical Patch ビルド 3516 の概要および適用方法  

ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6 Service Pack 2 Critical Patch ビルド 3516 の概要および適用方法

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6 Service Pack 2 Critical Patch ビルド 3516 の概要および適用方法について教えてください。
詳細
Public

目次

 
・Critical Patch 概要
・適用条件
・既知の制限事項
・プログラムの入手方法
・インストール手順
・適用が完了していることを確認する方法
・よくあるお問合せ
・変更されるファイル一覧
 

Critical Patch 概要

 
本Critical Patchは、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスターCorp.) 10.6 Service Pack 2 で発見された次の問題を修正するためにリリースされます。
 
  • 「クライアントはコンポーネントのアップデートが可能ですが、クライアントプログラムのアップグレードとHotFixの配信を禁止」が有効にも関わらず、HotFix、Service PackやPatchなどがクライアントに配信される可能性がある問題
      
  • アップデートサーバから最新版の検索エンジンをダウンロードすると、検索エンジンが自動的に元のバージョンにロールバックされる可能性がある問題
     
  • ウイルスバスター Corp.クライアントがウイルスバスター Corp.サーバからすべてのプログラムをダウンロードして適用することがある問題
 
その他の問題に対する修正につきましては、付属の Readmeをご覧ください。
 

適用対象

 
ウイルスバスターCorp. 10.6 Service Pack2 の環境
 

プログラムの入手方法

 
本Critical Patchは以下Webページからダウンロードできます。
 
 
"Patch"タブ内の「ウイルスバスター Corp. 10.6 Service Pack 2 Critical Patch ビルド 3516」の項目から、zipファイルをダウンロードしてください。
 

インストール手順

 
以下の手順でCritical Patchを適用してください。
 
  1. 任意の場所で、zip ファイルを解凍し、
    osce_106_sp2_win_jp_criticalpatch3516.zip をダブルクリックします。
     
  2. Critical Patch をインストールする場合は、[インストール] をクリックします。
     
  3. 「インストール成功」と表示されれば作業は完了です。
     
  4. その後、ウイルスバスターCorp. クライアントへ自動で配信されます。
 
本Critical Patchを適用後、ネットワーク負荷の軽減/抑制を行い、ウイルスバスターCorp. 10.6 Service Pack3 へアップグレードすることを考えている場合は、以下の製品Q&Aの適用手順をご確認ください。
 
 

適用が完了していることを確認する方法

 
以下の手順にて、本Critical PatchがウイルスバスターCorp.クライアントに適用されていることをご確認ください。
 
<クライアント側での確認方法>
 
  1. タスクバーから、ウイルスバスターCorp. クライアントのアイコンを右クリックし、
    [ウイルスバスターCorp.管理コンソール] を選択します。
     

     
  2. [ヘルプ] をクリックし、[バージョン情報] を選択します。
     
  3. 製品情報のウインドウが表示されますので、「プログラムバージョン」の欄に「10.6.3516 Service  Pack 2」と表示されていることを確認します。
     

     
<サーバ側での確認方法>
 
  1. ウイルスバスターCorp. Webコンソールにログインします。
     
  2. [ネットワーク上のコンピュータ] → [クライアント管理] を選択し、
    クライアントのドメインを選択します。
     
    その後、「クライアントプログラム」 のバージョンに「10.6.3516」 と
    表示されていることを確認します。 
     

     

既知の制限事項

 
制限事項はありません。
 

よくあるお問い合わせ

 
Q: 本Patch適用後に、ウイルスバスター Corp.サーバのOS再起動は必要ですか?
A: いいえ。必要ありません。

Q: 本Patch適用後、ウイルスバスター Corp.クライアントのOS再起動は必要ですか?
A: いいえ。必要ありません。

Q: 本Critical Patch適用時のウイルスバスター Corp.クライアントへの配信量について
A: 32ビットクライアント1台あたり:  7.8MB
     64ビットクライアント1台あたり: 11.4MB
 
Q: 本Critical Patch適用時にクライアント側にポップアップメッセージは表示されますか?
A: いいえ。発生しません。   
 
Q: 本Critical Patch適用時にサーバ、及びクライアント側で一時的なネットワーク切断は
   発生しますか?
A: いいえ。発生しません。  
 

変更されるファイル一覧

 
本Critical Patch インストールにより次のファイルが変更されます。
 
ファイル名ビルド番号
FlowControl_64x.dll10.6.0.3516
FlowControl.dll10.6.0.3516
libNetCtrl_64x.dll11.6.0.3318
libNetCtrl.dll11.6.0.3318
libZipUnzipDll_64x.dll11.6.0.3318
libZipUnzipDll.dll11.6.0.3318
NTRtScan.exe (32/64bit)11.6.0.3318
OfcPfwSvc_64x.dll11.6.0.3318
OfcPfwSvc.dll11.6.0.3318
OfcPIPC_64x.dll11.6.0.3318
OfcPIPC.dll11.6.0.3318
PccNT.exe (32/64bit)10.6.0.3516
TmListen.exe (32/64bit)11.6.0.3318
TmListenShare_64x.dll11.6.0.3318
TmListenShare.dll11.6.0.3318
Upgrade.exe (32/64bit)11.6.0.3318
zlibwapi.dll (32/64-bit)
1.2.3.0
 
 
 
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; Patch/Service Pack適用
Solution Id:
1103200
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド