ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
IMSVAサーバーのシャットダウン及び再起動手順について  

IMSVAサーバーのシャットダウン及び再起動手順について

    • 更新日:
    • 19 Nov 2018
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance All.All
    • OS:
    • Virtual Appliance すべて
概要
IMSVAサーバーをシャットダウン及び起動する手順について、以下管理者ガイドの抜粋となります。
 
※尚IMSVAはWebコンソールからサーバーを再起動及びシャットダウンする方法はありません。
詳細
Public
IMSVAサーバーをシャットダウン及び再起動するには、CLIから所定の以下コマンドを実行します。
 
(1)特権モードに入る
-----
1. CLI に入ります。
 a.お使いのコンピュータでIMSVA のIP アドレスにping を実行できることを確認します。
 b.SSH クライアントを使用して、IMSVA のIP アドレスとTCPポート22に接続します。
 c.次のように指定してログオンします。
  -ユーザ名: admin
  -パスワード: 管理コンソールへのログオン時に使用したパスワード
2.プロンプト「>」に、「enable」と入力し、<Enter> キーを押します。プロンプトが「>」から「#」に変わります。
3.この製品のインストール時にCLI で使用したパスワードを入力して<Enter> キーを押します。
-----
 
 
(2)シャットダウンコマンド(shutdown) 
説明IMSVA デバイスをただちにシャットダウンするか、または指定した時間だけ遅れてシャットダウンするかを指定します。
構文shutdown [time]
ビュー特権
パラメーター[time]: IMSVA デバイスを指定した時間 (分) だけ遅れてシャットダウンします。
例:IMSVA デバイスをただちにシャットダウンするには
 # shutdown
IMSVA デバイスを5 分遅れてシャットダウンするには
 # shutdown 5
 
 
(3)再起動コマンド(reboot)
説明IMSVA デバイスをただちに再起動するか、または指定した時間だけ遅れて再起動します。
構文reboot [time]
ビュー特権
パラメーター[time]: IMSVA デバイスを再起動する際の遅延時間を分単位で指定します。
例:IMSVA デバイスをただちに再起動するには
# reboot
IMSVA デバイスを5 分後に再起動するには
# reboot 5

 

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1103530
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド