ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan Messaging Security Suite 7.1 Linux版 Service Pack 1 インストール時に発生する可能性がある問題について  

InterScan Messaging Security Suite 7.1 Linux版 Service Pack 1 インストール時に発生する可能性がある問題について

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.1
    • OS:
    • Linux すべて
概要
 InterScan Messaging Security Suite (InterScan MSS) 7.1 Linux版 Service Pack 1 のインストールで、何か問題は確認されていますか。
詳細
Public
2014年7月時点で、InterScan MSS 7.1 Service Pack 1 のインストールに関連し、以下の事象が確認されています。

(1) Service Pack 1 のインストールに失敗する
(2) Service Pack 1 ロールバック後、送受信できない
(3) 「proxy_smtp_server_ip」が要因でインストール後、検索サービスを開始できない
(4) スパムメール検索エンジンが要因でインストール後、検索サービスを開始できない

Service Pack 1 のインストールに失敗する

事象
IPプロファイルのみインストールされたサーバに Service Pack 1 をインストールしようと
すると、Service Pack 1のインストールに失敗します。
他のコンポーネントがインストールされている環境では事象は発生しません。
回避策
お問合せフォームからサポートセンターにお問合せください。

Service Pack 1 ロールバック後、送受信できない

事象
管理コンソールの「SMTPルーティング」の設定でローカルの Postfix の設定を変更しない
設定になっているにもかかわらず、Service Pack 1 をロールバックすると、Postfix の
パラメータ「smtpd_client_restrictions」が空白となり、メッセージの配送に失敗します。
Service Pack 1のロールバックを実施しなければ、事象は発生しません。
回避策
ロールバック前に main.cf のバックアップを取得し、ロールバック後、パラメータ「smtpd_client_restrictions」を再設定し、postfix reload で設定を反映します。

「proxy_smtp_server_ip」が要因でインストール後、検索サービスを開始できない

事象
InterScan MSS の設定ファイル $IMSS_HOME/config/imss.ini にあるパラメータ「proxy_smtp_server_ip」の値が all に設定されていると、Service Pack 1 インストール後、検索サービスの開始に失敗します。

「proxy_smtp_server_ip」の値は初期設定では 127.0.0.1 となっており、all が設定されていなければ現象は発生しません。また、all に設定されていたとしても、IPv6 が有効の環境であれば事象は発生しません。

※ InterScan MSS のインストールディレクトリ $IMSS_HOME は初期設定では /opt/trend/imss です。

回避策

パラメータ 「proxy_smtp_server_ip」の値が all に設定されている環境では、インストール前に同パラメータ値を 0.0.0.0 に変更してください。


スパムメール検索エンジンが要因でインストール後、検索サービスを開始できない

事象
bc コマンドが存在しないため、Service Pack 1 インストール時にスパムメール検索エンジンを新しいバージョンに更新することができず、検索サービスの起動に失敗します。
この事象は次の両方の条件に該当した場合に発生します。
  • OS に bc パッケージがインストールされていない
  • 古いスパムメール検索エンジン (バージョン 6.x 以下) を使用している環境
なお、事象が発生した場合、次のメッセージが検索サービスのログ $IMSS_HOME/log/log.imss.yyyymmdd.nnnn に出力されます。
yyyy/mm/dd HH:MM:SS GMT+09:00 [20998:4151326416] Err: Scan object static init failed

回避策

Service Pack 1 をインストールする前に yum コマンドなどで bc のプログラム (パッケージ) をインストールしてください。


OpenSSL における heartbeat 拡張の脆弱性 (CVE-2014-0160) については こちらをご参照ください。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル; Patch/Service Pack適用; バージョンアップ
Solution Id:
1103573
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド