ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
従来型スキャンとスマートスキャンの違いについて  

従来型スキャンとスマートスキャンの違いについて

    • 更新日:
    • 1 Oct 2018
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite All.All
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance All.All
    • OS:
    • Linux すべて
概要
InterScan Messaging Security Suite(以下、InterScan MSS)、および InterScan Messaging Security Virtual Appliance(以下、IMSVA) の検索方法に、「従来型スキャン」と「スマートスキャン」があります。
 
どのような違いがあるのでしょうか。
詳細
Public
IMSVA、および InterScan MSS シリーズにおいてスマートスキャン機能を実装しているバージョンは以下のとおりです。
 
・ IMSVA8.5 以降
・ InterScan MSS 7.1 Linux版 SP1 以降

2種類の検索方法


InterScan MSS、IMSVA では次の2種類の検索方法を提供しています。
 
  • 従来型スキャン

    InterScan MSS、IMSVA サーバに保存されているパターンファイルを使用して、検索を実行します。

  • スマートスキャン

    InterScan MSS、IMSVA サーバに保存されているパターンファイルと、クラウド上のスマートスキャンサーバに保存されているパターンファイルを使用して検索を実行します。

 

スマートスキャンのメリット

 
  1. 最新の防御

    ■スマートスキャン
    クラウド上のスマートスキャンサーバのパターンファイルは頻繁にアップデートされます
    このサーバへ問い合わせを行うことにより、常に最新の防御を実現します。

    ■従来型スキャン
    InterScan MSS、IMSVA サーバ上に保存されているパターンファイルのみを使用して検索を実行するため、最新のパターンファイルにアップデートされていない場合は、最新の脅威に対応できない可能性があります。

  2. 長期的なシステム負荷の抑制

    ■スマートスキャン
    パターンファイルの一部をクラウド上のスマートスキャンサーバに配置することにより、InterScan MSS、IMSVA サーバに保存されるパターンファイルのサイズが抑制されます。
    これにより、メモリ使用量などのリソースを長期的に抑制、低減できます。

    ■従来型スキャン
    マルウェアの増加に伴いパターンファイルのサイズが継続して大きくなります。
    パターンファイルサイズに比例して、メモリ使用量等も増加します。


 

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1103703
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド