ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
IMSVAに適用したCritical Patchのビルドを確認する方法について  

IMSVAに適用したCritical Patchのビルドを確認する方法について

    • 更新日:
    • 18 Nov 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 8.5
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.1
    • OS:
    • Virtual Appliance すべて
概要
 InterScan Messaging Security Virtual Appliance (以降、IMSVA)にCritical Patchを適用した後、正しく適用できたことを確認する手順について教えてください。
詳細
Public
原則Critical Patchでは他のPatchやHotFixと異なり、インストール後、IMSVAのビルドは変わりませんが、/opt/trend/imss/patch/cphistoryのファイルにCritical Patchのバージョンが記載されます。
 

 
# cat /opt/trend/imss/patch/cphistory
12810 
 
※Critical Patch (build 12810)を適用している場合
 

 
 
尚Critical Patchで、修正ファイルの中に"imssd"が含まれる場合のみ、管理コンソール上のビルド番号も更新されます。
Critical Patchに含まれるファイル名についてはReadmeをご参照ください。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
インストール; Patch/Service Pack適用
Solution Id:
1103769
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド