ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan Web Security Suite 5.6 で登録されるCronについて  

InterScan Web Security Suite 5.6 で登録されるCronについて

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite 5.6
    • OS:
    • Linux すべて
概要
InterScan Web Security Suite 5.6 で登録されるCronについては以下となります。
詳細
Public
InterScan Web Security Suite 5.6のインストール時にCronに登録されるプログラムは以下のとおりです。

Job

頻度

役割

/usr/iwss/bin/
purgefile

毎日2:00 AM

古くなったテキストログファイルを削除します。

/usr/iwss/bin/
cleanfile

毎時0分

ファイル検索時に作成される一時ファイルを削除します。

/usr/iwss/bin/
schedulepr_update

毎日1:00 AM

ライセンス情報の更新および確認を行います。

/usr/iwss/bin/
schedulereport

毎時5分

設定ファイルreport.iniの内容に従い、古くなったレポートを削除します。

/usr/iwss/bin/
schedule_au.sh

15分おき

予約アップデートの設定に従いコンポーネントのアップデートを行います。

/usr/iwss/bin/
DbOldDataCleanup.sh

毎日2:05 AM

古くなったデータベース上のログを削除します。

/usr/iwss/bin/
svc_snmpmonitor.sh

5分おき

IWSSで起動されているデーモンの監視を行います。

/usr/iwss/
S99ISsnmpd

毎日1:48 AM

SNMP デモーンの再起動を行います。停止不可。

/usr/iwss/bin/
db_reindex.sh

日曜 3:28

データベースのインデックスを再構築します。

/usr/iwss/bin/
db_vacuum.sh

日曜 5:58 AM

データベースの最適化を行います。

/usr/iwss/AdminUI/tomcatchecker.sh

毎日 0:18、4:18、6:18、22:18

Tomcat の仮想メモリを監視し、1.5GBを超えた場合にTomcatサービスを再起動する 。

/usr/iwss/schedule_crl_update.sh

毎日 2:00 AM

明書失効リスト (CRL) の更新処理を行う。HTTPS 復号化が有効な場合に必要な処理。

/usr/iwss/IniRecover.sh

毎日 3:55 AM

Intscan.iniの保存状態を確認し、問題があれば修正を行う。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1103815
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド