ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Deep Security で使用するデータベースが停止している際の影響について  

Deep Security で使用するデータベースが停止している際の影響について

    • 更新日:
    • 3 Sep 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 10.All
    • Trend Micro Deep Security 11.All
    • Trend Micro Deep Security 12.All
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • OS:
    • Linux Common Version
    • Windows すべて
概要
Deep Security で使用するデータベースがメンテナンス等で停止している,あるいはDeep Security Manager からデータベースに接続できない際の影響について教えてください。
詳細
Public
Deep Security で使用するデータベースは常時稼動、常時接続させる事を推奨します。

基本的に、データベースの停止は避けてください。

Deep Security で使用するデータベースが停止している場合、また接続が切れている場合、基本的にManagerの動作を要する処理ができず、下記影響が発生します。
  • 管理コンソールが開けなくなります。
  • タスクなどが動作しません。
  • アラートはクライアントからイベントを受けてアラートのトリガが動作するため、アラート通知ができません。
  • データベースが正常に動作していた場合の、最後のアップデートを行った情報で、Deep Security Agent/Deep Security Relay/Deep Security Virtual Agentが動作する。

即セキュリティが損なわれるような事態が発生する事は想定しづらいですが、アップデートができないため可能な限り早い復旧を推奨いたします。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1104120
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド