ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
エンベロープとメッセージヘッダ  

エンベロープとメッセージヘッダ

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite All.All
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance All.All
    • OS:
    • Linux すべて
    • Virtual Appliance すべて
    • Windows すべて
概要
エンベロープとメッセージヘッダの違いについて教えてください。
詳細
Public

概要

インターネットメールを配送する SMTP の通信では、実際の送信者や宛先の情報が記録されるエンベロープ の部分とメールデータが送信されるコンテンツ部分に分かれています。

以下は SMTP クライアントから SMTP サーバにメッセージが配送されるまでの SMTP 通信の一例です。

  1行目 (S) 220 ESMTP Postfix
  2行目 (C) EHLO mail.example.net
  3行目 (S) 250-mail.example.com
  4行目 (S) 250-PIPELINING
  5行目 (S) 250-SIZE 10240000
  6行目 (S) 250-VRFY
  7行目 (S) 250-ETRN
  8行目 (S) 250-STARTTLS
  9行目 (S) 250-ENHANCEDSTATUSCODES
 10行目 (S) 250-8BITMIME
 11行目 (S) 250 DSN
 12行目 (C) MAIL FROM:<sender@example.net>
 13行目 (S) 250 2.1.0 Ok
 14行目 (C) RCPT TO:<user@example.com>
 15行目 (S) 250 2.1.5 Ok
 16行目 (C) DATA
 17行目 (S) 354 End data with .
 18行目 (C) From: sender@example.net
 19行目 (C) To: user@example.com
 20行目 (C) Subject: Test
 21行目 (C) Date: Sun, 8 Apr 2012 12:28:55 +0900
 22行目 (C) MIME-Version: 1.0
 23行目 (C) Content-Type: text/plain; charset=us-ascii
 24行目 (C) Content-Transfer-Encoding: 7bit
 25行目 (C)
 26行目 (C) This is a test message.
 27行目 (C)
 28行目 (C) .
 29行目 (S) 250 2.0.0 Ok: queued as 7C62D1033A
 30行目 (C) QUIT
 31行目 (S) 221 2.0.0 Bye
  • 上記通信例では、18行目~28行目の部分が SMTP クライアントが送信するメールデータです。メッセージヘッダと本文をContent-Transfer-Encoding: 7bit と This is a test message. の間は空行が設けられています。
  • (C) は SMTP クライアントが送信する SMTP コマンドやメールデータ、(S) は SMTP サーバの応答を意味します

エンベロープ

エンベロープには実際の送信者 (MAIL FROM) と受信者 (RCPT TO) が記録されています。SMTP サーバ (MTA) は宛先が存在しないなど、メッセージを配信できなかった場合、この MAIL FROM に指定されたメールアドレスに配信不能通知 (バウンスメール) を返します。

InterScan Message Security Suite (InterScan MSS) や InterScan Messaging Security Virtual Appliance (IMSVA) では、ログや隔離領域などで表示される送信者や宛先を始め、以下の多くの機能でエンベロープを参照しています。
 
  • ログのクエリにおけるメッセージの送信者・受信者の情報
  • 隔離領域のクエリにおけるメッセージの送信者・受信者の情報
  • ポリシールールにおけるルート設定 (「受信者と送信者」)
  • スパムメール対策ルールにおける「承認済み送信者」や「ブロックする送信者」
  • 検索の除外 (セキュリティ設定違反) における受信者数の制限
  • ポリシールールの検索条件における受信者数
  • 通知変数「%SENDER%」「%RCPT%」の値

メッセージヘッダ

インターネットメールはメッセージヘッダと本文で構成されており、メッセージヘッダはメッセージの最初に置かれ、メッセージヘッダと本文は1行の空行で分けられています。 メッセージヘッダには送信者 (From:) や 受信者 (To:)、件名 (Subject:)、日付 (Date:)、そして配送経路の情報 (Received:) などが記載されます。

一般的に Outlook や Thunderbird などのメールクライアントは送信者や受信者として From ヘッダフィールドや To ヘッダフィールド の情報を表示しますが、メッセージヘッダには実際のメールアドレスが入力されているとは限らず、詐称されている可能性があります。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1104225
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド