ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ホスト名/IPアドレスの設定変更時の対応  

ホスト名/IPアドレスの設定変更時の対応

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.1
    • OS:
    • Linux すべて
概要
ホスト名/IPアドレスの設定変更時に必要な作業について教えてください。
詳細
Public

概要

InterScan Messaging Security Suite 7.1 Linux版では、ホスト名/IPアドレスの設定変更時に設定情報を更新する必要があります。

手順

  1. 次のスクリプトを実行して全サービスを個別に停止します。

/opt/trend/imss/script/S99IMSS stop
/opt/trend/imss/script/S99POLICY stop
/opt/trend/imss/script/S99EUQ stop (*1)
/opt/trend/imss/script/S99CMAGENT stop (*2)
/opt/trend/imss/script/S99ADMINUI stop
/opt/trend/imss/script/S99FOXDNS stop (*3)
/opt/trend/imss/script/S99MONITOR stop
/opt/trend/imss/script/S99MANAGER stop
/opt/trend/imss/script/S99SCHEDULED stop
/opt/trend/imss/script/dbctl.sh stop
  • (*1) エンドユーザ隔離機能を利用している場合に操作が必要です
  • (*2) Trend Micro Control Manager エージェントを利用している場合に操作が必要です
  • (*3) IPプロファイラ機能を利用している場合に操作が必要です
  1. サーバのIPアドレスを変更します。
  2. 以下の設定ファイルを開き、前サーバのIPアドレスの項目が存在する場合、その部分を新しいIPアドレスに変更します。

○/opt/trend/imss/config/odbc.ini
Servername =127.0.0.1

○/var/imss/pgdata/pg_hba.conf
host all all 192.168.0.1 255.255.255.0 password

○/opt/trend/imss/UI/adminUI/ROOT/WEB-INF/struts-config-common.xml
value="jdbc:postgresql://127.0.0.1:5432/imss" /

○/opt/trend/imss/config/euqodbc.ini (*1)
Servername=127.0.0.1

○/opt/trend/imss/UI/euqUI/conf/workers.properties (*1)
worker.euq1.host=192.168.0.1

○/opt/trend/ipprofiler/config/fox_dns_server.list (*3)
127.0.0.1 53
  • 変更前に必ずバックアップを取得してください
  • 既存設定値が"127.0.0.1"の場合は、変更する必要ありません。
  1. 次のスクリプトを実行して管理データベースを起動します。
/opt/trend/imss/script/dbctl.sh start
  1. データベースの以下の設定を変更します。
SQLコマンドの誤操作によりSQLテーブルが破損した等の障害は、 恐れ入りますが弊社ではサポートができかねる内容となりますため 作業手順を十分に理解された上での実施をお願いいたします

5-1 PostgreSQLのpsqlコマンドを実行します。
 /opt/trend/imss/PostgreSQL/bin/psql imss sa

5-2 変更前に現在の設定状況を確認します。 (例: tb_component_listを変更する場合)
 imss=# select * from tb_component_list;
 scanner_id | scanner_name | ip_addr | daemon | policy | euq | nrs | ipprofiler | euq_port | admin_cmd
 1 | mail.example.co.jp | 192.168.0.1 | 2 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0

5-3 "ip_addr" の値を新しいIPアドレスに変更します。 (例: 192.168.0.2に変更する場合)
 imss=# update tb_component_list set ip_addr='192.168.0.2' where scanner_id ='1';

また、ホスト名も変更する場合には、以下のように設定を変更します。 (例: mail2.example.comに変更する場合)
 imss=# update tb_component_list set scanner_name='mail2.example.com' where scanner_id ='1';

5-4 再度設定状況を確認し、変更が正常に行われたことを確認します。
 imss=# select * from tb_component_list;
 scanner_id | scanner_name | ip_addr | daemon | policy | euq | nrs | ipprofiler | euq_port | admin_cmd
 1 | mail2.example.com | 192.168.0.2 | 2 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0

5-5 次に上記と同様の手順で、以下の各設定内容を確認した上で、それぞれのIPアドレス部を新しいIPアドレスに変更してください。
 [確認方法]
 imss=# select * from tb_euq_db_info; (*1)
 imss=# select * from tb_global_setting where name = 'ConfigUrl'; (*2)

 [変更方法] (例: 192.168.0.2に変更する場合)
 imss=# update tb_euq_db_info set server='192.168.0.2' where db_id ='1' and db_name='imsseuq'; (*1)
 imss=# update tb_global_setting set value='https://192.168.0.2:8445/' where name='ConfigUrl'; (*2)

5-6 psqlコマンドを終了します。
 imss=# \q
  1. 最後に、以下のスクリプトから順にサービスを起動します。
/opt/trend/imss/script/S99MANAGER start

以下のスクリプトは、任意の順序で開始ください。

/opt/trend/imss/script/S99IMSS start
/opt/trend/imss/script/S99POLICY start
/opt/trend/imss/script/S99EUQ start (*1)
/opt/trend/imss/script/S99CMAGENT start (*2)
/opt/trend/imss/script/S99ADMINUI start
/opt/trend/imss/script/S99FOXDNS start (*3)
/opt/trend/imss/script/S99MONITOR start
/opt/trend/imss/script/S99SCHEDULED start
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1104245
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド