ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
サーバ再起動時に検索サービスが起動しない  

サーバ再起動時に検索サービスが起動しない

    • 更新日:
    • 29 Oct 2018
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.0
    • InterScan Messaging Security Suite 7.1
    • InterScan Messaging Security Suite 9.1
    • OS:
    • Linux すべて
概要
 
サーバ再起動時に InterScan Messaging Security Suite (InterScan MSS) の検索サービスが開始されませんでした。
管理コンソールから起動したところ問題なく起動しましたが、原因を教えてください。
詳細
Public
この事象を説明するために、次のふたつの Manager の動作関与している可能性があります。
 
(1)     Manager によるサービスステータスの変更
InterScan MSS では、Manager サービス (imssmgr) が定期的に (1分ごとに) InterScan MSS の各プロセスを監視しています。その監視のタイミングで検索サービスやポリシーサービスが停止していれば、Manager はデータベース上のサービスのステータスを停止状態に変更します。
 
データベース上のサービスのステータスが停止状態に変更されると、管理コンソールの概要画面にある「管理下のサーバ設定」の検索サービスには × が表示されます。
 
 
その後の監視タイミングでサービスが開始されていれば、Manager はデータベースのサービスステータスを開始状態に変更し、管理コンソール上の表示も緑色のマークに変わります。

 
(2)     Manager によるサーバ起動時におけるサービスの開始
サーバ再起動時、Manager は検索サービスやポリシーサービスなどのサービスを順に開始します。しかし、もしデータベース上のサービスのステータスが停止状態であれば、Manager がサービスを開始しない仕様となっています。

発生例


サーバ再起動の直前にコンポーネントのアップデートが行われた場合に発生する可能性があります。

ウイルスパターンファイルなどのコンポーネントがアップデートされると、必ず検索サービスが再起動されます。その際、Manager の監視タイミングで検索サービスが停止していると、(1) の動作にしたがって Manager はサービスのステータスを停止状態に変更します。

その後、検索サービスは開始されますが、次の Manager の監視タイミングまでステータスの状態は停止のままです。このときに (サービスのステータスを開始状態に変更する前に) サーバが停止されると、Manager はサーバ開始時に(2)の仕様にしたがって検索サービスを開始しません。

回避策

管理コンソールでサービスが開始状態であることを確認した上でサーバを再起動するか、サーバ再起動後、管理コンソールにログインして、サービスが開始状態になることを確認してください。
 

 

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1104449
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド