ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
暗号化メッセージの判定条件  

暗号化メッセージの判定条件

    • 更新日:
    • 31 Oct 2018
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.0
    • InterScan Messaging Security Suite 7.1
    • InterScan Messaging Security Suite 7.5
    • InterScan Messaging Security Suite 9.1
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 8.2
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 8.5
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.All
    • OS:
    • Linux すべて
    • Virtual Appliance すべて
    • Windows すべて
概要
 
InterScan Messaging Security Suite (InterScan MSS) や InterScan Messaging Security Virtual Appliance (IMSVA) において、暗号化メッセージとして判定されるのはどのようなメッセージですか。
詳細
Public
InterScan MSS および IMSVA では、暗号化された S/MIME ないし PGP のメッセージを暗号化メッセージとして取り扱います。
※ S/MIME や PGP で署名されただけではメッセージ自体は暗号化されていないため、暗号化されたメッセージとして判定されません。

暗号化されたメッセージではメッセージ本文や添付ファイルが暗号化されており、製品は検索することができません。そのため、初期設定ではメッセージを隔離するよう設定されています。
なお、製品やバージョンによって暗号化メッセージの設定箇所が異なります。
 

InterScan MSS 7.0

暗号化メッセージについては「検索の除外」として取り扱い、[ポリシー] > [検索の除外] にある「暗号化メッセージ (検索不能)」が該当します。

InterScan MSS 7.1/7.5

暗号化メッセージの設定は「検索の除外」からポリシールールに移動しており、初期設定では「暗号化メッセージの初期設定ルール」がポリシーリストに用意されています。
また、検索条件に [その他] > [暗号化メッセージ] を指定することで、任意のポリシールールを作成することも可能です。

IMSVA 8.2/8.5/9.x 及び IMSS 9.1

暗号化メッセージの設定は「検索の除外」からポリシールールに移動しており、初期設定では「復号化できないメッセージの初期設定ルール」がポリシーリストに用意されています。
また、検索条件に [その他] > [メッセージを復号化できません] を指定することで、任意のポリシールールを作成することも可能です。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1104621
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド