ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
自動削除対象のログファイル  

自動削除対象のログファイル

    • 更新日:
    • 1 Mar 2019
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite 6.5
    • InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5
    • OS:
    • Linux すべて
    • Virtual Appliance すべて
概要
InterScan Web Security Suite(以下、IWSS)6.5および InterScan Web Security Virtual Appliance(以下、IWSVA)6.5で自動削除対象となるログファイルを教えてください。
詳細
Public
IWSS 6.5およびIWSVA 6.5では、IWSS 5.6およびIWSVA 5.6よりログの仕様が大きく変更されております。

ここでは [/var/iwss/log配下の製品ログ] と [グローバルログ] の自動削除について記載します。

/var/iwss/log配下の製品ログ

/var/iwss/log配下には、弊社による調査を目的とした製品ログが保管されております。

※お客様によるログの確認を想定しているものではございません。
※製品ログの仕様は、バージョンやPatch適用状況によって異なる場合がございます。
※/var/iwss/log配下の各ログの作成有無は、お客様環境の設定状況によって異なる場合がございます。

以下のログは、/var/iwss/log配下で自動削除されるログの一例となります。
・access.log.yyyy.mm.dd.nnnn
・admin.log.yyyymmdd.nnnn
・appcontrol.log.yyyymmdd.nnnn
・appd.log.yyyymmdd.nnnn
・AuthDaemon.log.yyyymmdd.nnnn
・CM.yyyymmdd.nnnn
・ftp.access.log.yyyy.mm.dd.nnnn
・ftp.log.yyyymmdd.nnnn
・http.log.yyyymmdd.nnnn
・jscan.log.yyyymmdd.nnnn
・jscan.report.yyyymmdd.nnnn
・LdapSync.log.yyyymmdd.nnnn
・LdapSyncTool.log.yyyymmdd.nnnn
・log_to_db.log.yyyymmdd.nnnn
・mail.log.yyyymmdd.nnnn
・metricmgmt.log.yyyymmdd.nnnn
・migration.log.yyyymmdd.nnnn
・perf.log.yyyy.mm.dd
・report_log.performance.yyyymmdd
・svc_monitor.log.yyyymmdd.nnnn
・sysevtlog.yyyymmdd.nnnn
・systemevent.log.yyyy.mm.dd
・update.log.yyyymmdd.nnnn
・url_blocking.log.yyyy.mm.dd.nnnn
・virus.log.yyyy.mm.dd
・wccpd.log.yyyymmdd.nnnn
・WMIDaemon.log.yyyymmdd.nnnn

/var/iwss/log配下のログのローテートについては、ログ命名規則ごとに異なり、各ローテートの規則は以下の通りです。

[ログの命名規則]
-------------------------------------------
・[logname.date(yyyymmddなど).count(nnnn)]
・[logname.date]
・[logname]
-------------------------------------------

・日次、および 100MB 単位でローテートされるログ
各命名規則の内、ファイル名末尾が .nnnn となっているログについては、日付かつ100MB ごとにローテートされ、末尾数字が0001、0002、0003 ... のように増えていきます。

・日次でローテートされるログ
末尾が日付のみのログについては、サイズではローテートされず、日付ごとにローテートされます。

・ローテートされないログ
audit.trail.log のように、日付やカウントの付いていないログについてはローテートされず、単一のファイルに追記されていきますが、これらのファイルは肥大化しないファイルであり、通常、ディスク容量を逼迫することはございません。

グローバルログ

グローバルログとは、以下5つに関する製品内部ログとなります。

・アプリケーション帯域幅
・ポリシー施行
・インターネットアクセス
・インターネットセキュリティ
・アクセス管理

上記のログを使用して、管理コンソール上で<ログ分析>や<レポート出力>を行っております。
 <ログ分析>
  [ログ] - [ログ分析] - [各グローバルログ名]
 <レポート出力>
  [レポート] - [追加] - [レポートの種類] - [各グローバルログ名]

グローバルログの自動削除は、管理コンソール上の <保管日数> または <最大ログディスクサイズ> の設定に基づき実行されます。
 <保管日数>
  [ログ] - [ログ設定] - [グローバルログ設定] - [次のログを保存:]
 <最大ログディスクサイズ>
  [ログ] - [ログ設定] - [グローバルログ設定] - [最大ログディスクサイズ:]
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1104705
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド