ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Webレピュテーション 機能を有効 / 無効にする手順  

Webレピュテーション 機能を有効 / 無効にする手順

    • 更新日:
    • 31 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One 2019.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.) のWebレピュテーション機能を有効/無効にする方法を教えてください。
詳細
Public

2019年7月31日に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

本製品Q&Aでは、Webレピュテーション機能の設定を有効/無効にする手順を記載しております。
 

Webレピュテーション機能を有効にする手順

 
以下の手順を実施し、Webレピュテーションを有効にします。
 
  1. Web管理コンソールにログインし、[管理] → [設定] → [製品ライセンス]を開き、「Webレピュテーションおよびスパイウェア対策」のライセンスステータスが、
    「アクティベーション完了」となっていることを確認します。
     
 

Webレピュテーションに対応しているライセンスをお持ちでない場合は、法人問い合わせ窓口にお問い合わせいただき、ライセンスをご購入ください。

 
  1. web管理コンソールにて、[クライアント] → [エンドポイントの位置] をクリックし、必要情報を入力します。
     


    XG SP1以降では以下のようになります。
     

エンドポイントの位置について

Webレピュテーション機能は、端末が外部にいる場合と内部にいる場合のそれぞれの状況に応じて、適用ポリシーを変更できます。この外部/内部を判別する情報を今回の手順2で決定します。初期設定では、「クライアントの接続状態」が選択されており、ウイルスバスターCorp. サーバに接続できるかどうかによって外部/内部を判断します。

 
  1. web管理コンソールにて、[クライアント] → [クライアント管理] をクリックします。
     

     
  2. Webレピュテーション機能を有効にしたいクライアントもしくはドメインを選択し、[設定] → [Webレピュテーション設定]をクリックします。
     

     
  • ルートドメインアイコン、特定のドメインを選択した場合、Windows XP、Vista、7、8 環境のクライアント環境でのみWebレピュテーションが有効になります。
  • Windows Server 2003、2008、2012 等のサーバ環境でWebレピュテーションを有効にするためには、対象のクライアントを選択する必要があります。
 
  1. 開いたウインドウで、[外部クライアント] または [内部クライアント] を選択し、
    [次のOSでWebレピュテーションポリシーを有効にする]にチェックをつけます。
     

     
    XG SP1以降では以下のようになります。

  2. [全てに適用]  、[今後追加されるドメインにのみ適用] 、[保存] のいずれかを
    クリックします。
      

[内部クライアント] の場合、デフォルトで[Smart Protection Serverにクエリを送信する]が有効になっています。
Smart Protection Serverあるいは、統合Smart Protection Serverが使用可能であり、Smart Protection ServerでWebブロックリストがダウンロードされている事をご確認ください。
また、[Smart Protection Serverにクエリを送信する]メニュー末尾のツールチップをクリックする事で詳細な説明が表示されます。
こちらを一度ご確認ください。

Webレピュテーション機能を無効にする手順

 
以下の手順を実施し、Webレピュテーションを無効にします。
  1. web管理コンソールにて、[クライアント] → [クライアント管理] を
    クリックします。
     

     
  2. Webレピュテーション機能を有効にしたいクライアントもしくはドメインを選択し、[設定] → [Webレピュテーション設定]をクリックします。
     

     
  3. 開いたウインドウで、[外部クライアント] または [内部クライアント] を選択し、
    [次のOSでWebレピュテーションポリシーを有効にする]にチェックを外します。
     


    XG SP1以降では以下のようになります。
     
  4. [全てに適用] 、[今後追加されるドメインにのみ適用] 、[保存] のいずれかを
    クリックします。
     

Webレピュテーション機能を無効にしても、Webセキュリティサービス(WSS)の他のサービス(スパイウェア検索、ダメージクリーンナップサービス)は有効なままです。

 

≪トレンドマイクロのサーバに送信される情報の取り扱いについて≫
 本機能により送信された情報は、Smart Protection Networkにて受信されます。
 Trend Micro Smart Protection Networkにおけるお客様情報の扱いにつきましては、下記URLを参照してください。

 - Trend Micro Smart Protection Networkにおけるお客様情報の扱いについて


≪トレンドマイクロのサーバに送信される情報について≫
本機能を有効した場合、お客様がアクセスをしようとしているURLの情報を全て送信します。
また、アクセス先のWebサーバ側の仕様が、お客様が入力した情報や環境情報等をURLのオプション情報として付加しWebサーバへ送信する仕様となっている場合は、URLのオプション情報(ID,パスワードが含まれる場合があります)についても、トレンドマイクロのサーバに送信されます。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1105362
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド