ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Server Migration Tool を使って、ウイルスバスターコーポレートエディション サーバの設定を他サーバへ移行する方法  

Server Migration Tool を使って、ウイルスバスターコーポレートエディション サーバの設定を他サーバへ移行する方法

    • 更新日:
    • 13 Jan 2022
    • 製品/バージョン:
    • Apex One 2019.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Server Migration Tool を使って、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) サーバの設定や、Trend Micro Apex One (以下、Apex One) サーバの設定を他サーバへ移行する方法について教えてください。
詳細
Public
本製品Q&Aでは、Server Migration Tool の概要および使用方法について説明しております。

Server Migration Tool とは

Server Migration Tool は、ウイルスバスター Corp. サーバの設定や Apex One サーバの設定を他サーバへ移行するためのツールです。

 

Server Migration Tool を使用する際の注意事項

■ Server Migration Tool を使用してウイルスバスター Corp.サーバの設定を Apex One サーバへ移行する場合は、ウイルスバスター Corp.サーバの最新の修正プログラムを適用したうえで実施してください。

※最新の修正プログラムを適用することで予期せぬ問題を予防し、必要な情報を移行先サーバへ移行できます。

※ウイルスバスター Corp. XG は延長サポート期間の製品であり、延長サポートも2022年1月31日に終了します。最新の修正プログラムを適用した上で設定の移行をおこなってください。

ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 Critical Patch (ビルド 5261) 未満から、Patch 5 (ビルド6062)以降へのバージョンアップに失敗する事象を確認されておりますので、該当するビルドをご利用の場合は下記製品Q&Aをご確認ください。

 

 

■ ウイルスバスターCorp.をご利用時に「Webレピュテーションおよびスパイウェア対策」、「ダメージクリーンナップサービス」をアクティベートしていない環境からApex Oneへ設定を移行すると同機能が自動的に有効になります。
各機能の設定などの詳細は以下の製品Q&Aをご確認ください。

  • セキュリティ強化のススメ ~ Webレピュテーション機能で不正URL対策強化を!~
  • スパイウェア/グレーウェア検索機能について
  • ダメージクリーンナップサービス機能について
  •  

    対象バージョン

     
    [ウイルスバスター Corp. 11.0 用 Migration Tool]
    • ウイルスバスター Corp. 10.0 Service Pack 1 Patch 5 以降
    • ウイルスバスター Corp. 10.5 Patch 5 以降
    • ウイルスバスター Corp. 10.6 (Service Pack 1 / Service Pack 2 / Service Pack 3 を含む)
    • ウイルスバスター Corp. 11.0 (Service Pack 1 以降を除く)
     
    [ウイルスバスター Corp. 11.0 用 Service Pack 1 用 Migration Tool]
    • ウイルスバスター Corp. 10.0 Service Pack 1 Patch 5 以降
    • ウイルスバスター Corp. 10.5 Patch 5 以降
    • ウイルスバスター Corp. 10.6 (Service Pack 1 / Service Pack 2 / Service Pack 3 を含む)
    • ウイルスバスター Corp. 11.0
    • ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1
     
    [ウイルスバスター Corp. XG 用 Migration Tool]
    • ウイルスバスター Corp. 10.6 Service Pack 3
    • ウイルスバスター Corp. 11.0
    • ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1
    • ウイルスバスター Corp. XG (Service Pack 1 以降を除く)
     
    [ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 用 Migration Tool]
    • ウイルスバスター Corp. 10.6 Service Pack 3
    • ウイルスバスター Corp. 11.0
    • ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1
    • ウイルスバスター Corp. XG
    • ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1
     
    [Apex One 用 Migration Tool]
    • ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 Patch 1
    • ウイルスバスター Corp. XG
    • ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1
    • Apex One 2019
    [注意]
    ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 からウイルスバスター Corp. 11.0 の様に下位バージョンへ設定を移行することはできません。

    Server Migration Toolで移行可能な設定

    Webコンソール内の以下のメニュー内の設定を移行することができます。
     

    1. [クライアント] → [クライアント管理]
       - クライアントツリーに表示されるドメイン構成
       
    2. [クライアント] → [クライアント管理] → [設定]
      ※クライアントツリーのルートおよびドメインの設定を移行できます。
       クライアント個々の設定は移行できません。
       
       - [検索設定] → [手動検索設定]
       - [検索設定] → [リアルタイム検索設定]
       - [検索設定] → [予約検索設定]
       - [検索設定] → [ScanNow設定]
       - Web レピュテーション設定(承認済みリストを含む)
       - 挙動監視設定
       - デバイスコントロール設定
       - 情報漏えい対策設定 *11.0にて一部設定ファイルの値が変更となっておりますので注意が必要です。
       - 権限とその他の設定
       - 追加サービス設定
       - スパイウェア/グレーウェアの承認済みリスト
       
    3. [クライアント] → [グローバルクライアント設定]
       
    4. [クライアント] → [エンドポイントの位置]
       
    5. [クライアント] → [ファイアウォール] → [ポリシー]
      [クライアント] → [ファイアウォール] → [プロファイル]
       
    6. [管理] → [Smart Protection] → [Smart Protectionソース]
       
    7. [アップデート] → [サーバ] → [予約アップデート]
      ※「アップデートするコンポーネント」 の設定については、移行されません。
       
    8. [アップデート] → [クライアント] → [自動アップデート]
      [アップデート] → [クライアント] → [アップデート元]
       
    9. [管理] → [通知]
       
    10. [管理] → [設定] → [プロキシ]
      [管理] → [設定] → [オフラインクライアント]
      [管理] → [設定] → [隔離フォルダ]
      [管理] → [設定] → [Webコンソール]
       
    11. [クライアント] → [クライアントのグループ設定]
      ※「OSCE-11.0-SP1-ServerMigrationTool.zip」を使用した場合のみ
       
    12. [クライアント] → [接続状態の確認] → [接続状態確認の間隔]
       
    13. [ログ] → [ログ管理]

    [クライアント] → [クライアント管理] → [設定] 配下の下記設定につきましては、クライアント側で設定を保持するため、ウイルスバスター Corp. クライアントを移行元から移行先のサーバへ移動した際、Server Migration Tool でのデータ移行の有無に関わらず、クライアント個々の設定が、クライアント移行後も維持されます。
     
     - [アップデートエージェント設定]

    Server Migration Tool の入手方法

    ウイルスバスター Corp. XG (Service Pack 1 を除く) 以前のバージョン用 Server Migration Tool は、最新版ダウンロードページより入手可能です。
    • ウイルスバスター Corp. 11.0 に移行する場合
      ウイルスバスター Corp. 11.0 ページの「プロダクト・アップデート」タブ内下部にある「OSCE-11.0-ServerMigrationTool.ZIP」をダウンロードしてご使用ください。
       
    • ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 に移行する場合
      ウイルスバスター Corp. 11.0 ページの「Service Pack」タブ内下部にある「OSCE-11.0-SP1-ServerMigrationTool.zip」をダウンロードしてご使用ください。
       
    • ウイルスバスター Corp. XG に移行する場合
      ウイルスバスター Corp. XG ページの「プロダクト・アップデート」タブ内下部にある「ServerMigrationTool_r2.zip」をダウンロードしてご使用ください。
       
    ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 や Apex One は、Server Migration Tool が製品に同梱されております。
    • ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 に移行する場合
      <ウイルスバスター Corp. サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility 内の "ServerMigrationTool" フォルダをご使用ください。
       
    • Apex One 2019 に移行する場合
      <Apex One サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility 内の "ServerMigrationTool" フォルダをご使用ください。

    Server Migration Tool を利用した設定エクスポート手順

     
    1. ウイルスバスター Corp. XG (Service Pack 1 を除く) 以前のバージョン用を使用する場合は、ダウンロードした Server Migration Tool のzipファイルを移行元サーバにコピーして、Server Migration Tool のzipファイルを解凍し、解凍後に生成された「ServerMigrationTool.exe」を実行します。

      ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 用や Apex One 用を使用する場合は、「ServerMigrationTool」フォルダを移行元サーバにコピーして、「ServerMigrationTool.exe」を実行します。
    2. [参照(B)...] ボタンをクリックして、エクスポート情報の保存場所とファイル名を指定し、[エクスポート] をクリックします。
       

      ※画像はウイルスバスター Corp. 10.6 Service Pack 2 で実行したものです。
       
    3. 下記メッセージが表示されますので、[OK]をクリックします。
       

    [注意]
    ウイルスバスター Corp. XG用、ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 用、Apex One 用 Server Migration Tool は、移行元サーバのドメインの GUID 情報を引き継ぐ設計となっています。

    1台の移行元サーバでエクスポートした設定情報を複数サーバにインポートしたサーバを Trend Micro Control Manager や Trend Micro Apex Central で管理すると、各サーバのドメインを正しく認識できなくなります。

    以下の手順で Server Migration Tool を実行することで、ドメインのGUID 情報を変更して設定情報をエクスポートすることができますので、インポートするサーバ台数分の設定情報をエクスポートしてください。

    • コマンドプロンプトを管理者権限で実行します。
    • 「ServerMigrationTool.exe」に「GenDomainGuid」オプションを付けて実行します。
      実行例:"C:\Program Files (x86)\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV\Admin\Utility\ServerMigrationTool\ServerMigrationTool.exe" GenDomainGuid
    • [参照(B)...] ボタンをクリックして、エクスポート情報の保存場所とファイル名を指定し、[エクスポート] をクリックします。

    Server Migration Tool を利用した設定インポート手順

    1. ウイルスバスター Corp. XG (Service Pack 1 を除く) 以前のバージョン用を使用する場合は、ダウンロードした Server Migration Tool のzipファイルとエクスポートした設定情報 (OsceMigrate.zip) を移行先サーバにコピーして、Server Migration Tool のzipファイルを解凍し、解凍後に生成された「ServerMigrationTool.exe」を実行します。

      ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 用や Apex One 用を使用する場合は、「ServerMigrationTool」フォルダとエクスポートした設定情報 (OsceMigrate.zip) を移行先サーバにコピーし、「ServerMigrationTool.exe」を実行します。
    [注意]
    • Server Migration Toolは "OfficeScan Master Service" (ウイルスバスター Corp. の場合)、"Apex One Master Service" (Apex One の場合) が開始されている状態で実行してください。
    • Windows Server 2012 など OS バージョンによっては、実行ファイルを右クリックして、[管理者として実行]をクリックして実行します。
    1. [参照...] ボタンをクリックして、エクスポートした設定情報 (OsceMigrate.zip) を選択して、[インポート]ボタンをクリックします。
       

       
    2. 下記メッセージが表示されますので、[はい]をクリックして、設定を上書きします。
       

       
    3. 下記メッセージが表示されたらインポートが正しく成功しましたので、[OK]ボタンをクリックします。
       

       
    4. インポート先のウイルスバスターCorp. サーバや Apex One サーバに設定がインポートされていることを確認してください。

    よくある質問

    Q. 32bit から 64bit または 64bit から 32bit への移行もサポートされますか?
    A. はい。サポートいたします。

    Q. C ドライブからDドライブ等、別のドライブへの移行もサポートされますか?
    A. はい。サポートいたします。

    Q. データベースをSQL Serverへ移行した環境でも本ツールで移行できますか?
    A. はい。移行できます。

    情報漏えい対策オプションについて

    ウイルスバスター Corp. 11.0、XG では以下の設定パラメータ値が拡張されております。
    Server Migration Tool でウイルスバスター Corp. 10.6 の設定ファイルを復元すると、この値がウイルスバスター Corp. 10.6 の値に復元されてしまいます。
    ウイルスバスター Corp. 11.0、XG では以下のとおり値を修正してください。

    • 設定ファイルの保存場所
      <ウイルスバスター Corp. サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Private\dlp.ini
       
    • 設定パラメータ名・設定値
      MaximumPattern=500
      MaximumKeyword=500
      MaximumFileAttribute=500
      MaximumTemplate=500
       
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定; 移行
Solution Id:
1105368
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド