ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
データ保護モジュール デジタル資産の一連の設定手順について  

データ保護モジュール デジタル資産の一連の設定手順について

    • 更新日:
    • 15 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.) 11.0 において、データ保護モジュールのデジタル資産の制御機能を利用したいと考えております。一連の設定手順について教えてください。
詳細
Public
本製品Q&Aでは、データ保護機能の使用までの流れを説明します。
 

作業手順

 
  1. デジタル資産の制御を行う対象を選択します。
     
    【対象】
     ・特定のコンピュータ
     ・特定のドメイン
     ・全てのドメイン  
  2. [クライアント] > [クライアント管理] > 【対象】を選択 > [設定] > [情報漏えい対策設定]を選択します。
  1. テンプレートの選択
     
    事前定義されたテンプレートをしようしてデジタル資産の制御ポリシーを設定します。テンプレートは定義された情報を検出する際に利用されます。設定方法は以下の手順です。
     
    a. 「情報漏えい対策を有効にする」にチェックを入れ、テンプレートを選択します


    b. 利用したテンプレートを選択し、「追加」をクリックします

     
     
  2. チャネルの選択
     
    ウイルスバスター Corp.クライアントインストール端末から外部に送出されるデータを監視します。
     
    (例)リムーバブルストレージの場合
     

     
     
  3. 処理の選択
     
    手順3,手順4の設定に対して、動作を指定します。
     
    (例) ログの取得の場合
     

     
    【処理について】
     
     ・放置
       ログのみ記録します

     ・ブロック
       通信データをブロックします
     
    【追加処理について】
     
     ・クライアントユーザに通知する
       検出した際にクライアント上の画面に理由をポップアップする際に選択します

     ・データを記録する
       クライアントのインストールフォルダ \DLPLite\Forensicに記録し、
       サーバに送信することはありません。
       ※HDD容量を大きく消費する可能性があるため、利用の際はご注意ください。
     
  4. 設定の保存とクライアントへの配信
     
    設定が終わりましたら、「保存して設定をクライアントに適用」をクリックします。
    「設定を変更しました。」の表示画面が表示されれば設定の完了です。
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1105479
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド