ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ファイアウォール機能を有効/無効に設定する方法  

ファイアウォール機能を有効/無効に設定する方法

    • 更新日:
    • 30 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One All.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスターコーポレートエディション(以下、ウイルスバスターCorp.)のファイアウォール機能を有効にする方法と無効にする方法を教えてください。
詳細
Public

2019年7月に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

本製品Q&Aでは、ウイルスバスターCorp. のファイアウォール機能を有効にする方法と無効にする方法について、以下に記載しています。

ファイアウォールの設定を有効にする手順 

ウイルスバスター Corp. の場合

ウイルスバスターCorp. クライアントのファイアウォールを有効にするには、
以下の手順を実施してください。
  1. ウイルスバスターCorp. サーバの管理コンソールにログインします。
     
  2. [管理] → [設定] → [製品ライセンス] を選択します。
     


     
  3. 「追加サービス」の欄の「ネットワーク上のコンピュータに対するファイアウォール」 を有効にします。
     

     
  4.  クライアントツリーから任意のクライアント/ドメインを選択し[設定] → 「追加サービスの設定」を選択します。
     
  5. 「ファイアウォールサービス」の欄で、[次のサービスを有効にする] にチェックをします。

    XG SP1以降では以下のようになります。

Apex Oneの場合

Apex One エージェントのファイアウォールを有効にするには、
以下の手順を実施してください。
  1. 管理コンソールにログインします。
  2. [エージェント] → [グローバルエージェント設定] を選択し、[ファイアウォール設定]項目にある、
    [Apex Oneファイアウォールを有効にする]にチェックをします。

  3. エージェントツリーから任意のクライアント/ドメインを選択し[設定] → 「追加サービスの設定」を選択します
     
  4. 「ファイアウォールサービス」の欄で、[次のサービスを有効にする] もチェックをします。

  • 「追加サービス」の欄が表示されていない場合、ファイアウォールを
    使用できるライセンスではありません。
    契約ランセンスについて確認する場合やライセンスを更新する場合は、
    以下のリンクより法人お問い合わせ窓口までお問い合わせください。
  • ファイアウォールを有効にした際に、ファイアウォールドライバが
    インストールされる、またはバージョンアップされる場合があります。 
    上記の合、ネットワークの瞬断が発生しますのでご注意ください。
    詳細については、以下の製品Q&Aをご参照ください。
 

ファイアウォールの設定を無効にする手順

ウイルスバスター Corp. の場合

ウイルスバスターCorp. クライアントのファイアウォールを無効化にする場合、
以下のいずれかの方法を実施してください。

〇すべてのクライアントで無効にする場合

ウイルスバスターCorp. クライアント全てのファイアウォールを無効にするには、
以下の手順を実施してください。
  1. ウイルスバスターCorp. サーバの管理コンソールにログインします。
     
  2. [管理] → [設定] → [製品ライセンス] を選択します。
     

     
  3. 「追加サービス」の欄の「ネットワーク上のコンピュータに対するファイアウォール」 を無効にします。
      

〇特定のクライアントで無効にする場合

特定のウイルスバスターCorp. クライアントのファイアウォールを無効にするには、
以下の手順を実施してください。
  1. ウイルスバスターCorp. サーバの管理コンソールにログインします。
     
  2. [クライアント] → [クライアント管理] を選択し、任意のクライアントを選択します。
     
     
     
     
  3. [設定] → 「追加サービスの設定」を選択します。
     
     
     
     
  4. 「ファイアウォールサービス」の欄で、[次のサービスを有効にする] のチェックを外します。
     


    XG SP1以降では以下のようになります。


Apex Oneの場合

〇すべてのエージェントで無効にする場合
  1. 管理コンソールにログインします。
  2. [エージェント] → [グローバルエージェント設定] を選択し、[ファイアウォール設定]項目にある、[Apex Oneファイアウォールを有効にする]のチェックを外します。


    ※不要なサービスを無効にするためにも、エージェントツリーにてルートドメインを選択した状態で[追加サービスの設定]も無効としてください。

〇特定のクライアントで無効にする場合
  1. 管理コンソールにログインし[エージェント]→[エージェント管理]を選択します。
  2. エージェントツリーから任意のクライアント/ドメインを選択し[設定] → 「追加サービスの設定」を選択します。
     
  3. 「ファイアウォールサービス」の欄で、[次のサービスを有効にする] のチェックを外します。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1106017
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド