ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Webレピュテーション/URLフィルタの閲覧続行権限をユーザに付与する方法  

Webレピュテーション/URLフィルタの閲覧続行権限をユーザに付与する方法

    • 更新日:
    • 1 Apr 2019
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス 6.6
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(Dell版) Undo 6.6
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Webレピュテーション/URLフィルタの閲覧続行権限をユーザに付与する方法
詳細
Public
Webレピュテーション/URLフィルタ機能により、Webサイトへのアクセスブロック時に、閲覧を続行できる権限をユーザに付与することができます。

手順

  1. メニューから[セキュリティエージェント]をクリックし、対象となるコンピュータグループを選択して[ポリシーの設定]をクリックします。
  2. [エージェントの設定]にある[権限およびその他の設定]をクリックし、[権限]タブの[Webレピュテーション]の[エンドポイントを再起動するまで特定の不正URLの閲覧を許可]にチェックを入れます。
    ※URLフィルタの場合、[URLフィルタ]の[エンドポイントを再起動するまで特定の禁止URLの閲覧を許可]にチェックを入れます。
  3. 保存をクリックします。
  4. Webサイトへのアクセスがブロックされた際に下記画面が表示されるようになります。
    Webサイトの閲覧を続行する場合、「リスクを認識した上で参照を続ける」をクリックします。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1107485
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド