ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
クライアントのアップデート方法(Client Packager を使用したアップデート)  

クライアントのアップデート方法(Client Packager を使用したアップデート)

    • 更新日:
    • 22 Aug 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.5
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ(以下、ビジネスセキュリティ)サーバへネットワーク接続できないクライアントコンピュータに対して、ビジネスセキュリティクライアントのパターンファイルや検索エンジンをアップデートする方法を紹介します。
 
詳細
Public
ビジネスセキュリティクライアントをアップデートするには、複数の方法が用意されています。
 
ここで紹介する方法は、クライアントのアップデート時に、ビジネスセキュリティサーバとクライアント間のネットワークトラフィックに負荷をかけないアップデート方法になります。
 

Client Packagerの特徴

 
  • Client Packagerではビジネスセキュリティのアップデートファイルを圧縮し、1つの自己解凍ファイルを作成します。
     
    これにより、メールまたは、CD-ROM などの記録媒体を使用してファイルを配布できますので、ネットワーク接続できない、または接続したくない環境へのアップデートが可能です。
     
  • このツールは、帯域幅の十分でない遠隔地のオフィスにあるクライアントにアップデートファイルを配布するときに便利です。
     
  • Client Packager では、次の自己解凍形式のファイルを作成できます。

    -実行形式(.exe) : 一般的なファイルタイプで、拡張子が.exe となります。
 

Client Packagerでアップデートする時の注意事項

 
  • 作成したアップデートパッケージでアップデートできるのは、そのClient Packagerを作成したビジネスセキュリティサーバで管理しているクライアントだけです。他のビジネスセキュリティサーバで管理しているクライアントでのClient Packagerを実行することはサポート対象外となります。
     
  • Client Packagerのアップデートモジュールには、ファイアウォールの設定やクライアント権限を含めることはできません。
     
    あくまでもパターンファイルや検索エンジンなどのモジュールをアップデートするためのツールです。
     
  • ビジネスセキュリティサーバへネットワーク接続できないコンピュータをClient Packagerでアップデートしても、ファイアウォールの設定やクライアント権限で設定した内容は反映されません。
     
    ※設定を反映させる為には、一度ビジネスセキュリティサーバにアクセスさせる必要があります。
     
  • Client Packager を使用するには、クライアントに少なくとも370MB のディスク空き容量が必要です。
     
  • 作成されるアップデートパッケージ(圧縮ファイル)は容量が大きくなりますので、クライアントへの配布には、CD-R などの記録媒体を使用することをお勧めします。
 
 

アップデートパッケージの作成

  
  1. ビジネスセキュリティサーバ上で、次のファイルをダブルクリックします。

    <インストール先フォルダ>¥Security Server¥PCCSRV¥Admin¥Utility¥ClientPackager¥ClnPack.exe

    <インストール先フォルダ>は、初期設定の場合、「C:¥Program Files¥Trend Micro」です。
    例)<C:¥Program Files¥Trend Micro¥Security Server¥PCCSRV>
     

     
     
  2. Client Packager のコンソール(操作画面) が開きます。
     

     
     
  3. [システムタイプ] で、セットアップパッケージを作成する対象OSのシステムタイプ(32bit or 64bit) を選択します。
     

     
     
  4. 作成するパッケージの種類で「アップデート」を選択します。
     

     
     
  5. [ソースファイル]にofcscan.ini ファイルの場所が指定されている事を確認します。
     
    指定されていない場合、またはパスを変更するには、 をクリックして ofcscan.iniファイルを参照します。
     
    ※ofcscan.iniは、<インストール先フォルダ>¥ Security Server¥PCCSRVフォルダ内にあります。
    例)<C:¥Program Files¥Trend Micro¥Security Server¥PCCSRV¥ofcscan.ini >
     

     
     
  6. [出力ファイル] で、 をクリックしてファイル名(test.exe など) および、セットパッケージを作成する場所を指定します。
     

     
     
  7. [作成] をクリックしてクライアントパッケージを作成します。
     

     
     
  8. パッケージの作成が終了すると、「パッケージは正常に作成されました。」というメッセージが表示されますのでOKボタンをクリックし、画面を閉じます。
     
    6.で指定したフォルダを確認しパッケージが正常に作成されたことを確認します。
     

     
     
  9. 作成したアップデートパッケージをアップデートしたいコンピュータへ配布します。
 
 

アップデートの開始

 
  1. 作成したアップデートパッケージを、アップデートしたいコンピュータへコピーします。コピー先はデスクトップ等どこへコピーしても構いません。
     
     
  2. コピーしたファイルをダブルクリックし、アップデートを開始します。
     
    ※CD-R などの記録媒体に保存されているファイルかアップデートを実行しないでください。必ずローカルにファイルをコピーし、コピーしたファイルを実行してください。
     
     
  3. そのまましばらく待ち、選択したモジュールが更新されたことを確認します。
     
    タスクトレイの常駐アイコンなどからコンポーネントのバージョン画面を開き、バージョン情報画面から確認できます。
     
 
 
以上で操作は終了です。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
アップデート/配信
Solution Id:
1107754
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド