ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0: 既知の制限事項  

InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0: 既知の制限事項

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0
    • OS:
    • Linux すべて
概要
InterScan Messaging Security Virtual Appliance(以降、IMSVA)9.0 の既知の制限事項を教えてください。
詳細
Public
本リリースにおける既知の制限事項は次のとおりです。

 

1. 件名が空欄のメールメッセージがクラウドプレフィルタにより削除されている場
合、管理コンソール上でメッセージ追跡のクエリを実行すると、ログの [件名]
フィールドに「??」が表示されます。

2. LDAP認証の管理者アカウントを作成する際に「domain\username」の形式を使用で
きません。IMSVAでは、ユーザプリンシパル名 (UPN) が含まれているアカウント
のみ許可されます。

3. 管理データベースの接続が切断されているときに、「admin」アカウントまたは
「admin」アカウントを使用して作成された他のアカウントを使用して、下位
IMSVAデバイスにログオンすることはできません。次の場合に、問題が発生する可
能性があります。

  - 上位IMSVAデバイスのIPアドレスを変更した場合
  - 下位IMSVAデバイスにログオンして、上位IMSVAデバイスのIPアドレスを変更
       しようとした場合

4. 件名行のUTF8への文字変換に失敗した場合は、次の現象が発生します。

  - ログに出力される文字が文字化けする。
  - IMSVAによってメールメッセージが隔離される。
      Webコンソールでそのメールメッセージを表示しようとすると、UTF-8以外の
      文字セットがサポートされないことを示すメッセージが件名フィールドに表示されます。

  注意: IMSVAでは、メールの件名行が次の状態の場合にUTF8への文字変換が試行されます。

  - 文字セット情報が含まれていない場合
  - 特殊記号 (著作権記号など) が含まれている場合
  - 全角文字が含まれている場合

5. Internet Explorerを使用して管理コンソールを表示する前に、ユーザは以下を実
行する必要があります。

  1. Internet Explorerのメニューで、[ツール]→[インターネット オプション]
   →[セキュリティ]→[信頼済みサイト]→[サイト] の順にクリックします。

  2. IMSVAがインストールされているコンピュータのIPアドレスを追加します。

  3. [閉じる] をクリックします。

6. IMSVAでは、「中継」処理が指定されているポリシーが配信された後でも、メール
メッセージが検索、隔離されることがあります。また、メールメッセージは、検
索の除外が実行された場合、隔離されることがあります。これは、スパムメール
フィルタやコンテンツフィルタよりも検索の除外の優先順位が高いためです。

7. タイムゾーンを含む時刻設定がIMSVAサーバ間で同期されていないと、特定の機能
(ログの削除やKerberosによるエンドユーザメール隔離サインインなど) が予期し
たとおりに動作しないことがあります。

8. BCCによる「監視」機能は、[検索の除外]→[セキュリティ設定違反] において次
のルールに該当する場合に使用できません。

  - [メッセージの合計サイズが次の値を超える]
  - [受信者の総数が次の値を超える]

 9. メールメッセージの復号時、メールメッセージのエンコードがUTF-8でない場合は
問題が発生します。復号化されたメールメッセージの [件名] フィールドに文字
化けまたは多数の疑問符 (?) が表示されます。 

10. PDFファイルが読み取り専用に設定され、RC4を使用して40ビット以上で暗号化さ
れている場合、IMSVAではそのPDFファイルのコンテンツフィルタを実行できませ
ん。
注意: そのPDFファイルに対するウイルス対策の確認は可能です。

11. 受信者がIPv6アドレスの場合、スプーフィングされた内部メッセージが確認され
ません。

12. SOCKS4では、IPv6をサポートしません。

13. IBEサーバでは、IPv6プロキシサーバとの接続をサポートしません。

14. IPプロファイラでは、IPv6をサポートしません。

15. 製品のライセンス管理では、SOCKSとIPv6プロキシサーバとの接続をサポートし
ません。

16. セキュリティレベル設定の変更内容は、すぐにダッシュボードには反映されませ
ん。これにより、リアルタイムでアップデートされる [ログクエリ] 画面および
[隔離のクエリ] 画面に表示されるデータと差異が生じます。

17. IMSVAは、メッセージヘッダに含まれるアドレスにのみ基づいてコマンド&コント
ロール (C&C) メールメッセージを検出します。

18. IMSVAにおけるC&Cメールメッセージの数とControl ManagerにおけるC&Cメール
メッセージの数が一致しません。これは、IMSVAではフィルタを実行するすべて
の送受信されるメールメッセージがカウントされますが、Control Managerでは
送信されるメールメッセージのみがカウントされるために発生します。

19. スマートスキャンのクエリエラーによりメッセージの遅延が発生した場合、ログ
にはその処理が「保留」として間違って記録されます。

20. 高可用性モードの場合、スマートスキャンから従来型スキャンへのフェイルオー
バーが実行されません。

21. DKIM署名は、内部アドレスに基づいて受信および送信メールメッセージを識別し
ますが、LDAPグループを内部アドレスとして認識しません。LDAPグループを使用
して内部アドレスを設定している場合、DKIM署名では受信メールメッセージの識
別にこのLDAPグループを使用しません。

22. IMSVAではまず、最も優先度の高い送信先サーバにメールメッセージが配信され
ます。送信先サーバが接続後に「4XX」または「5XX」エラーを返しても、IMSVA
は引き続き送信先サーバが利用可能であると見なしてメールメッセージを送信し
ます。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; インストール
Solution Id:
1109364
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド