ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
CPU使用率の高負荷発生時の対処方法  

CPU使用率の高負荷発生時の対処方法

    • 更新日:
    • 5 Nov 2019
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite 6.5
    • InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5
    • OS:
    • Linux すべて
    • Virtual Appliance すべて
概要
本TOPICに関する情報は以下になります。
詳細
Public

トラブルシューティング

  1. 最新のPatchをインストールし、事象が解決するか確認する。
  2. 特定の動作で問題が発生するか確認する。
    例: 特定のURLにアクセスした場合、ファイルをダウンロードした場合など
  3. "top"コマンドにて最もリソースを使用しているプロセスを確認する。

情報採取

トラブルシューティング実施後も、改善に至らない場合は以下の情報採取をしてください。
  1. トラブルシューティングの結果
  2. 簡易ネットワーク構成図
    例:
    Client -> Squid(172.X.X.X) -> (172.X.X.X)IWSVA(10.X.X.X) -> Internet
  3. プログラムのバージョンおよびBuild(確認方法)
  4. プラットフォーム
     例: Bera Metal(HP DL 350 G5)、VMWare ESX 4.0
  5. 配置モード
     例: ブリッジモード、プロキシ転送モード
  6. 以下のコマンドの出力結果
     - # vmstat 2 20
     - # iostat -x 2 20
     - # /usr/iwss/ismpeek -d "Drnysucazw" -m 10
     - # /usr/iwss/stpeek -m 10
     - # ipcs -a
     - # pstack [最もリソースを消費しているプロセスのPID]
     - # gcore -o [coreファイルの出力先] [最もリソースを消費しているプロセスのPID]
         ([coreファイルの出力先]に出力されたcoreファイルをお送りください)
  7. IWSS/IWSVAを導入しているマシンのハードウェアスペック
  8. 以下の設問にお答えください。
     - サーバに同時アクセスするユーザ数
     - どのユーザ識別(LDAP/IPアドレス/ホスト名/識別なし)を利用していますか
     - ICAPモードで発生している場合、何のキャッシングデバイスを利用していますか。
  9. 事象再現後、 管理画面の[管理] > [サポート情報] > [システム情報ファイル]からシステム情報ファイル(CDT)を取得。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1109385
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド