ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0 へのアップグレード手順  

InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0 へのアップグレード手順

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Virtual Appliance 9.0
    • OS:
    • Linux すべて
概要
InterScan Messaging Security Virtual Appliance (以下IMSVA) 9.0 へのアップグレード手順を教えてください。
詳細
Public

 

アップグレードの前に

 

1. IMSVA8.5からIMSVA9.0へアップグレード等を行う方法として、以下の2つがあります。
 
 ・アップグレード
 ・移行
 
(1) アップグレードと移行の違いについては、次のFAQを参照してください。
 
本FAQでは、以下のバージョンのIMSVA 8.5 Service Pack 1からIMSVA9.0に「アップグレード」する方法を説明しています。
 
(2) IMSVA 9.0 では、下記の製品・バージョンからのアップグレード・移行が可能です。

アップグレード:
 - IMSVA8.5  Service Pack 1

 移行:
 - InterScan MSS Solaris 版 7.0 Service Pack 1 Patch 4
 - InterScan Messaging Security Suite 7.1 Linux版 Service Pack 2
 - InterScan Messaging Security Suite 7.1 Windows版 Patch3
 - InterScan Messaging Security Suite 7.5 Windows版
 - IMSVA 8.0 Patch2
 - IMSVA 8.2 Service Pack 2 Patch1
 - IMSVA 8.5 Service Pack1 

 
(3) このFAQでは、単一の IMSVA 8.5 Service Pack 1 を IMSVA9.0 へアップグレードする方法について説明しています。
IMSVAを分散環境で利用している場合は、インストールガイド - 「第5章 以前のバージョンからのアップグレード」 - 「分散環境をアップグレードする」を参照してください。
 
 
(4) InterScan Messaging Security Suite Linux版、Windows版および IMSVAからIMSVA9.0 へ移行する場合は、次のFAQを参照してください。
 
 
 
(5) InterScan Messaging Security Suite 7.0 Solaris版から IMSVA 8.5 へ移行する場合は、次のFAQを参照してください。<

 
 
2. バックアップの作成

アップグレードの前に、不足の事態が発生した場合に備えて、IMSVA 8.5 Service Pack 1  のバックアップを取得することをお勧めします。
 
ヒント:
IMSVA 8.5 Service Pack 1 は、設定をバックアップし、アップグレードに成功しなかった場合には自動的にロールバックを実行します。ただし、IMSVA 9.0 へのアップグレードを開始する前に、IMSVA 8.5 Service Pack 1 をバックアップしておくことをお勧めします。
 
- IMSVA 8.5 Service Pack 1 がインストールされているコンピュータ全体をゴースト化します。
- 仮想マシンに IMSVA 8.5 Service Pack 1 がインストールされている場合はクローン化します。
- IMSVA 8.5 Service Pack 1 app_data パーティションをバックアップします。 このタスクを実行するには、OS のシェルコンソールを開いて、次のコマンドを実行します。
 
# /opt/trend/imss/script/imssctl.sh stop
# service crond stop
# /opt/trend/imss/script/imssstop.sh
# cp –rf -–preserve /var/app_data/* /var/udisk/app_data_backup/
 
3. カスタマイズされたシステム設定の移行

アップグレード時は、ホスト、ネットワーク、およびゲートウェイの設定を除くカスタマイズされたシステム設定は移行されません。元の設定を保持するには、次の手順を実行します。

- 元のルートパーティションを、アップグレードされたサーバのパスにマウントします。たとえば、/root/original_root の場合は次のように指定します。
 
#mount /dev/mapper/IMSVA-Root2 /root/original_root

- マウントされたパスで元の設定を見つけます。
- 元の設定をアップグレードされたサーバに追加します。

アップグレードの手順

注意:アップグレードプロセスが完了するまで、IMSVA を再起動しないでください。
 
手順1. CLI コンソールで次のコマンドを使用して、Postfix キューにメッセージがないことを確認します。

# postqueue –p
 
  
手順2. IMSVA インストール DVD を使用してアップグレードするサーバを再起動します。


手順3. 次の画面が表示されるので、”1. Fresh install or version upgrade" を選択します。


手順4. 使用許諾契約書の内容に同意できる場合は [Accept] をクリックして続行します。


手順5. キーボードの選択画面が表示されます。"Japanese"を選択して、[Next] をクリックします。


手順6. インストールのタイプを選択する画面が表示されます。[Version Upgrade] を選択して、[Next] をクリックします。


手順7. インストールする IMSVA のハードウェア構成が表示されます。[Next] をクリックして、次に進みます。


インストーラは仮想マシンがシステム要件を満たしているかどうかをチェックしていますので、仮想マシンに設定されたメモリやハードディスクの容量が要件を満たしていなければ、その部分が赤く表示され、"Minimum hardware requirements were not met" と表示されます。


手順8. アカウント設定の画面が表示されます。[Root Account] および [Enable Account] のパスワードを指定し、[Next]をクリックします。
※パスワードの文字数は、6~32 文字にしてください。


手順9. 設定の確認画面が表示されます。設定を確認して [Next] をクリックします。


手順10. インストールによりハードディスクが上書きされるという内容の警告が表示されます。
問題なければ[Continue]をクリックします。


手順10. IMSVA のアップグレード先ローカルドライブのフォーマット進行状況を示す画面が表示されます。


フォーマットが完了すると、以下の画面が表示されます。[Restart] をクリックしてシステムを再起動します。


手順11. システムの再起動後にアップグレードが続行されます。次の情報が表示されたら、アップグレードは完了です。


手順12. 任意のキーを押して、システムシェルコマンドラインインタフェースに切り替えます。


手順13. 次のコマンドを使用して、インストールログの最終行に「Upgrade succeeded.」と記載されていることを確認します。
# tail -1 /var/app_data/installlog
 
手順14. IMSVA のアップグレードが完了したら、CLI コンソールで次のコマンドを使用して IMSVA サービスを再起動します。
# /mnt/backup/dry_run.sh
  
手順15.  IMSVA が正常に動作していることを確認します。

手順16. /mnt/backup/confirm.shを実行し、アップグレードを完了・またはロールバックを実施します。
#/mnt/backup/confirm.sh
Do you want to complete the upgrade process[yes/no]: yes
 
Do you want to complete the upgrade process[yes/no]:  と表示されますので、
アップグレードを完了する場合は「yes」、ロールバックを実施する場合は「no」と入力します。
  
注意:2 時間以内に手順16の作業を実行しない場合、IMSVA のすべてのサービスが自動的に停止します。
動作確認が終わったら /mnt/backup/confirm.shを実行し、ロールバックするか、アップグレードを完了するかを決定する必要があります。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1109411
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド