ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Web管理コンソールを利用しないパターンファイル/検索エンジンのアップデート方法  

Web管理コンソールを利用しないパターンファイル/検索エンジンのアップデート方法

    • 更新日:
    • 15 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Web Security Suite 6.5
    • InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5
    • OS:
    • Linux すべて
    • Virtual Appliance すべて
概要
本TOPICに関する情報は以下になります。
詳細
Public

パターンファイルのアップデート方法

  1. 法人カスタマーサイトより、パターンファイルをダウンロードします。



  2. zip圧縮されたパターンファイルを解凍し、FTPクライアント(WinSCPなど)を用いて、InterScanサーバのディレクトリ(/etc/iscan)にアップロードします。

  3. rootユーザでInterScanサーバにログインします。

  4. 以下のコマンドを実行し、全てのIWSS/IWSVAサービスを停止します。
    # /etc/iscan/rcIwss stop


  5. 以前のパターンファイル(/etc/iscan/lpt$vpn.{パターン番号})をバックアップします。
    例: # cp -ip '/etc/iscan/lpt$vpn.119' '/etc/iscan/lpt$vpn.119_bk'


  6. パターンファイルが正しい権限(-rw-r--r--)とユーザとグループ(iscan)になっていることを確認します。それ以外の場合は、chmodコマンドとchownにて変更します。
    例:
    # chmod 644 '/etc/iscan/lpt$vpn.573'
    # chown iscan:iscan '/etc/iscan/lpt$vpn.573'


  7. 以下のコマンドを実行し、全てのInterScanサービスを起動します。
    # /etc/iscan/rcIwss start


  8. 置き換えたパターンファイルが正しく読み込まれたことを確認するため、以下のコマンドで実行します。
    # /usr/iwss/bin/getupdate INFO
    Virus Pattern v10.xxx.xx yy/mm/dd hh:mm:ss

    ※ 上記xx部分ににアップデートを行ったコンポーネントの情報が出力されます。


  9. intscan.iniをバックアップします。
    # cp -ip /etc/iscan/intscan.ini /etc/iscan/intscan.ini_bk


  10. getupdate実行時に表示されたVirus Patternの情報をviコマンドなどで/etc/iscan/intscan.iniへ記載します。

    [Pattern-Update]
    ...
    Version=10.xx.xxxx
    Version_utime=yy/mm/dd hh:mm:ss



  11. パターンファイルのバージョンを確認します。バージョン確認方法は、製品Q&Aこちらのをご覧ください。

検索エンジンのアップデート方法

  1. Download Centerより、該当の製品ページの[検索エンジン]を選択し、検索エンジンをダウンロードします。

  2. zip圧縮された検索エンジンを解凍し、FTPクライアント(WinSCPなど)を用いて、InterScanサーバに検索エンジンをアップロードします。

  3. rootユーザでInterScanサーバにログインします。

  4. 以下のコマンドを実行し、全てのIWSS/IWSVAサービスを停止します。
    # /etc/iscan/rcIwss stop


  5. 以前の検索エンジンをバックアップします。
    # cp -ip /etc/iscan/lib/engine/libvsapi.so /etc/iscan/lib/engine/libvsapi.so_bk


  6. アップロードした検索エンジンの所有者とパーミッションを変更します。
    # chown iscan:iscan libvsapi.so
    # chmod 755 libvsapi.so


  7. アップロードした検索エンジンを置き換えます。
    # mv -i libvsapi.so /etc/iscan/lib/engine/libvsapi.so


  8. 以下のコマンドを実行し、全てのInterScanサービスを起動します。
    # /etc/iscan/rcIwss start


  9. 置き換えた検索エンジンが正しく読み込まれたことを確認するため、以下のコマンドで実行します。
    # /usr/iwss/bin/getupdate INFO
    Scan Engine v9.xx.xxxx yy/mm/dd hh:mm:ss

    ※ 上記xx部分ににアップデートを行ったコンポーネントの情報が出力されます。


  10. intscan.iniをバックアップします。
    # cp -ip /etc/iscan/intscan.ini /etc/iscan/intscan.ini_bk


  11. getupdate実行時に表示されたScan Engineの情報をviコマンドなどで/etc/iscan/intscan.iniへ記載します。

    [Pattern-Update]
    ...
    EngineVersion=9.xx.xxxx
    Engine_utime=yy/mm/dd hh:mm:ss



  12. パターンファイルのバージョンを確認します。バージョン確認方法は、製品Q&Aこちらのをご覧ください。
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; ウイルス対処方法; アップデート/配信
Solution Id:
1109414
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド