ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
事前設定コンソールの「VLAN ID」設定について  

事前設定コンソールの「VLAN ID」設定について

    • 更新日:
    • 13 Nov 2018
    • 製品/バージョン:
    • Deep Discovery Inspector All.All
    • OS:
    • Appliance すべて
    • Virtual Appliance すべて
概要
Deep Discovery Inspector (以下、DDI) の事前設定コンソールの [Device Settings] 画面にある、「Bind IP address. - VLAN ID:」設定について教えてください。
詳細
Public

概要/ユースケース

本設定は、DDI の管理ポートと、接続先のスイッチポートを Trunk 接続する必要がある場合に使用します。「VLAN ID」として設定した ID が VLAN Tag に設定され、フレームが送受信されます。サポートしているプロトコルは IEEE 802.1Q のみとなります。
 
 

ヒント

管理ポートを Trunk 接続するような特別な構成を必要とする環境でない限り、本設定を行う必要はありません。

サポートバージョン/制限事項

本設定は、DDI 3.8 から正式にサポート/動作します。DDI 3.7 以下で設定をした場合、機能が正常に動作しない (例. 通知メールが送信できない) 場合がありますので、該当バージョンでは設定およびスイッチへの Trunk 接続はしないでください (サポート対象外の構成/設定となります)。
 
また、DDI 3.8 においては、Readme にも記載されているとおり、本設定を行った場合「Retro Scan検出」の通知は動作しない、という制限事項があります。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1111672
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド