ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Transport Layer Security(TLS) 機能  

Transport Layer Security(TLS) 機能

    • 更新日:
    • 24 Apr 2018
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Hosted Email Security 2.All
    • OS:
    • SaaS すべて
概要
「Transport Layer Security(TLS)」機能について教えてください
 
詳細
Public

機能概要

以前の Hosted Email Security(以下、HES) のバージョンでは、メールを宛先へ配送する際、次のように動作していました。
 
全ての宛先に対して、
 ・ TLS の使用が可能であれば、TLS を使用して通信する
 ・ TLS を使用できない場合は、平文での通信を行う
 
本機能では、宛先、または送信元ごとに、TLS 使用の動作について設定可能になります。
 

使用されるプロトコル

 
TLSの通信では、以下のいずれかが使用されます。
 
TLSv1, TLSv1.1, TLSv1.2, SSLv3

設定可能なセキュリティレベル


・ 透過的
  - TLS を使用できる場合は TLS を使用
  - TLS を使用できない場合は、平文での通信を行う
 
・ 必須
  - TLS でのみ通信を行う
  - TLS を使用できない場合は通信を行わない
 

設定方法

 
【受信メールの場合】
1. 管理コンソールにログオンし、[受信保護設定] - [Transport Layer Security(TLS) ピア]を選択します。

 
2. 設定を行う管理対象ドメインを選択し、「追加」ボタンををクリックします。

 
3. 以下の情報を指定して保存します。
 ・ TLS 設定を構成する送信元ピア(ドメイン名、IPアドレス、または IP/CIDR レンジ)
 ・ セキュリティレベル(透過的、または必須)

※「既定値」は、指定されていない送信元全てに対し適用される設定です。
 
 
【送信メールの場合】
※ 送信メール検索を有効にしているドメインのみ、送信用の設定が可能です。
 
1. 管理コンソールにログオンし、[送信保護設定] - [Transport Layer Security(TLS) ピア]を選択します。

 
2. 設定を行う管理対象ドメインを選択し、「追加」ボタンををクリックします。

 
3. 以下の情報を指定して保存します。
 ・ 宛先ピアのドメイン名
 ・ セキュリティレベル(透過的、必須)

※ 「既定値」は、指定されていない宛先全てに対し適用される設定です。
 

メール追跡ログでの表示

 メール配送の際に TLS が使用されたかどうかは、メール追跡で確認可能です。
 
TLS が使用された場合は、TLSバージョンが表示されます。

「メール追跡の詳細」では、「処理」セクションにTLSバージョンが表示されます。

TLS が利用できないためにメールがバウンスされた場合は、「ブロックされたトラフィック」の「ブロックの理由」欄に、「TLS利用不可」が表示されます。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1112068
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド