ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスター Corp. 11.0 SP 1 Critical Patch ビルド4665 の適用後、カスタムテンプレートが反映されない  

ウイルスバスター Corp. 11.0 SP 1 Critical Patch ビルド4665 の適用後、カスタムテンプレートが反映されない

    • 更新日:
    • 13 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) 11.0 Service Pack 1 Critical Patch ビルド 4655 適用後、情報漏えい対策オプションで設定していたマイナンバー保護テンプレートを含めたカスタムテンプレートが反映されなくなりました。
なぜでしょうか。
詳細
Public

この問題は、ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 Critical Patch リパック版(ビルド4665)にて修正済みとなります。

すでにこの問題が発生している環境へ、リパック版のCritical patch(ビルド4665)を適用しても自動的にこの問題が修正される事はありません。その場合は、本FAQで記載されている対処方法を実施下さい。

ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 Critical Patch ビルド 4665 適用環境で本問題が発生していることを確認しています。

詳細および対象は下記をご確認ください。

対象

下記全ての条件を満たした環境において問題が発生します。

1. ウイルスバスター Corp. 11.0 環境において、情報漏えい対策オプションのマイナンバー保護テンプレート(※)または、カスタムテンプレートを設定

2. 1. の環境へウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 および、Critical Patch ビルド 4665 を適用

(※) 最新版ダウンロードから取得したウイルスバスター Corp. 11.0 用マイナンバー保護テンプレート"mynumber-template-ver11-20150213.zip"

発生する問題

ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 Critical Patch ビルド 4655 を適用した場合、ウイルスバスター Corp. 11.0 (Service Pack 未適用) 環境において設定していた、情報漏えい対策オプションの マイナンバー保護テンプレートを含めたカスタムテンプレートが反映されません。

この問題により、設定に応じた情報漏えい対策の検出処理ができなくなります。

対応方法

現在問題が発生している場合

下記手順を実行することで、ウイルスバスター Corp. 11.0 状態で設定していた情報漏えい対策オプションのマイナンバー保護テンプレート、およびカスタムテンプレートが再設定されます。

これにより、Critical Patch ビルド 4665 環境においてもポリシー設定が引き継がれます。

<手順>

1.ウイルスバスター Corp. サーバ上でコマンドプロンプトを開きます。

2. cd コマンドで以下のフォルダに移動します。

[32ビット環境の場合]
cd "C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV"

[64ビット環境の場合]
cd "C:\Program Files (x86)\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV"

3. 以下のコマンドを実行します。

[32ビット環境の場合]
Svrsvcsetup.exe -migrateDlpTemplate "C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV\Backup\CP_4665\private\DlpClc.xml" "C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV\private\DlpClc.xml" "11.0" "1"

[64ビット環境の場合]
Svrsvcsetup.exe -migrateDlpTemplate "C:\Program Files (x86)\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV\Backup\CP_4665\private\DlpClc.xml" "C:\Program Files (x86)\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV\private\DlpClc.xml" "11.0" "1"

プロンプトが返ってくることで正常終了となります。

64ビット環境実行結果例:

Critical Patch ビルド 4665 適用環境で、カスタムテンプレートを設定して情報漏えい対策ポリシーを作成していた場合、ウイルスバスター Corp. 11.0 利用時点の情報漏えい対策ポリシー設定へロールバックされます。
上記手順実行後に情報漏えい対策ポリシーを再設定してください。

なお、上記手順によりマイナンバー保護テンプレートおよびカスタムテンプレートで設定していた情報漏えい対策ポリシーのみです。その他のポリシーには影響ありません。

Critical Patch 4655 適用をご検討中の場合

Service Pack 1 および Critical Patch ビルド 4665 適用後に、上記 [現在問題が発生している場合] 記載の手順を実施ください。

今後の対応

Critical Patch リパック版(ビルド 4665)をご利用ください。 

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
動作トラブル; 操作方法/設定; Patch/Service Pack適用
Solution Id:
1112668
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド