ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6 Service Pack 3 Critical Patch ビルド 5900 の概要および適用方法  

ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6 Service Pack 3 Critical Patch ビルド 5900 の概要および適用方法

    • 更新日:
    • 13 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.) 10.6 Service Pack 3 Critical Patch ビルド 5900 の概要および適用方法について教えてください 
詳細
Public

目次

・Critical Patch概要
・インストールの前に
・プログラムの入手方法
・インストール手順
・適用が完了していることを確認する方法
・既知の制限事項
・よくあるお問合せ

Critical Patch 概要

本Critical Patchでは、次の新機能が提供されます。

機能:
ウイルスバスター Corp. クライアントで、次のOSをサポートします。

Windows 10 (Home、Pro、Education、およびEnterpriseの各エディション)

インストールの前に

インストールを行う前に、付属のReadme ファイルをお読みください。ウイルスバスター Corp.のご利用にあたり重要な情報が記載されています。

本Critical Patchは、次の製品をインストールしている環境へ適用できます。

 
  • - ウイルスバスター Corp. 10.6 Service Pack 3 Patch 3 (build 5800)
既にリパック前版 の ウイルスバスター Corp. 10.6 Service Pack 3 Critical Patch ビルド 5900 (osce-106-sp3-patch2-win-ja-criticalpatch-5900.zip)を適用いただいている環境には、Webコンソール上において表示上の問題が発生します。
問題の詳細および対処方法につきましては こちらのFAQ をご参照ください。

ウイルスバスター Corp. 10.6 は 2015年 1月 31日をもって通常サポートは終了し、現在は「延長サポート」を提供しています。

「延長サポート」では、現時点で最新の修正モジュールである ウイルスバスター Corp. 10.6 SP3 Patch 3 (build 5800) が適用済みであることを条件としてサポートを提供しております。

本Critical Patch を適用する場合には、事前にウイルスバスター Corp. 10.6 SP3 Patch 3 を適用してください。

※ 延長サポートの提供にあたり、本Critical Patch ビルド 5900 の適用は
 必須ではありません。
 ウイルスバスター Corp. 10.6 SP3 Patch 3 (build 5800) を適用している
 環境において延長サポートの提供が可能です。

ウイルスバスター Corp. 10.6 SP3 Patch 3 の適用方法につきましては下記をご確認ください。

併せて、ウイルスバスター Corp. 10.6 最新版へのPatch 等適用順序につきましては、下記製品Q&Aをご参照ください。

アップグレードの推奨事項およびオプションについては、トレンドマイクロの最新版ダウンロードサイトにあるインストールガイドをご参照ください。

プログラムの入手方法

本Critical Patch は以下Web ページからダウンロードできます。

"Patch"タブ内の 「ウイルスバスター Corp. 10.6 Service Pack 3 Critical Patch ビルド 5900」の項目から、zipファイルをダウンロードしてください。

インストール手順

以下の手順でCritical Patchを適用してください。

  1. ウイルスバスター Corp. サーバがインストールされているサーバの任意の場所で、
    zip ファイルを解凍し、osce_106_sp3_patch3_win_ja_criticalpatch_5900_r1.exe を
    ダブルクリックします。
     
  2. Critical Patch をインストールする場合は、[インストール] をクリックします。
     
  3. 「インストール成功」と表示されれば作業は完了です。 

インストール時に下記ポップアップメッセージが表示されることがあります。

この場合、統合スマートプロテクションサーバのサービスが存在していない可能性があるため、ポップアップメッセージに従いこちらのFAQ をご確認ください。

適用が完了していることを確認する方法


<サーバ側での確認方法>

  1. ウイルスバスター Corp.の管理コンソールにログオンします。
  2. 画面右上のリストボックスから [バージョン情報] を選択し、表示されるビルド番号が「5900」であることを確認します。


<クライアント側での確認方法>

  1. タスクバーから、ウイルスバスターCorp. クライアントのアイコンを右クリックし、[ウイルスバスターCorp.管理コンソール] を選択します。
     
  2. [ヘルプ] をクリックし、[バージョン情報] を選択します。
     
  3. 製品情報のウインドウが表示されますので、「プログラムバージョン」の欄に「10.6.5900 Service Pack 3」と表示されていることを確認します。

アンインストール方法

Critical Patch 5900 のアンインストール方法については以下をご確認下さい。
 

既知の制限事項

本Critical Patchのインストールを実行すると、以下のサービスが自動的に再起動され
ます。コンポーネントのアップデートなどの重要な作業を実行しているときは、インス
トールを実行しないでください。

- OfficeScan Master Service
- World Wide Web Publishing Service
- OfficeScan Control Manager Agent

サーバのインストール、バージョンアップ、およびアンインストール
=========================================
本Critical Patchをインストール後に、ウイルスバスター Corp. 11.0にアップ
グレードする際は、ウイルスバスター Corp.サーバのアップグレード後に、必ず
ウイルスバスター Corp.サーバにウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1
Critical Patch ビルド4665を適用してから、ウイルスバスター Corp.クライアント
のアップグレードを実施してください。

新機能のロールバック
====================
Windows 10を実行するエンドポイントでは、本バージョンにアップグレードしたウイ
ルスバスター Corp.クライアントをロールバックすることはできません。

情報漏えい対策
==============
情報漏えい対策機能では、Microsoft Edgeで転送されるデータは監視されません。

サーバ管理
================
WebコンソールはMicrosoft Edgeをサポートしていません。

よくあるお問い合わせ

Q: 本Patch適用後に、ウイルスバスター Corp.サーバのOS再起動は必要ですか?
A: いいえ。必要ありません。

Q: 本Patch適用後、ウイルスバスター Corp.クライアントのOS再起動は必要ですか?また、OS再起動を促すポップアップメッセージは表示されますか?
A: ウイルスバスター Corp. クライアントを Windows Server 2003 、Windows XP 環境へインストールしている場合には、ポップアップメッセージが表示されるとともに、OS再起動が必要となります。
OS再起動が行われるまで、一部のモジュールは本Critical Patch適用前のモジュールのまま動作します。

Q: 本Critical Patch適用時にサーバ、及びクライアント側で一時的なネットワーク切断は
発生しますか?
A: いいえ。発生しません。

配信されるモジュールのサイズ

本Critical Patchによってクライアントファイルへ配信されるモジュールのサイズは以下のとおりです。

  • 32ビットクライアント1台あたり:51.1 MB
  • 64ビットクライアント1台あたり:77.0 MB
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定; バージョンアップ; Patch/Service Pack適用
Solution Id:
1113307
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド