ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
NICが複数枚ある端末でご利用する場合の注意事項  

NICが複数枚ある端末でご利用する場合の注意事項

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ All.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
NICが複数ある端末でビジネスセキュリティを利用する場合の注意事項は何ですか?
詳細
Public

NICが複数ある端末でビジネスセキュリティを利用する場合、インストールするプログラムがビジネスセキュリティサーバあるいはビジネスセキュリティクライアントのいずれかによってそれぞれ注意事項があります。

ビジネスセキュリティサーバをインストールする際の注意事項

NICが複数枚搭載された端末にビジネスセキュリティサーバをインストールする際は、コンピュータの識別方法にご注意ください。
コンピュータの識別方法は、完全修飾ドメイン名(FQDN)に設定することを推奨しています。これにより、どのNICにおいてもクライアントとの通信が可能です。

ただし、名前解決ができない環境の場合は、クライアントと通信するNICのIPアドレスを設定する必要があります。

コンピュータの識別方法は、ビジネスセキュリティサーバのインストール時にのみ設定できます。そのため、設定を変更する場合はサーバとクライアントすべての再インストールをお願いいたします。

管理コンソールからコンピュータの識別方法を確認する手順

コンピュータの識別方法は以下の手順で確認できます。

  1. 管理コンソールを開き、ログインします。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. 「ビジネスセキュリティ」の箇所の表示を元にコンピュータの識別方法を確認します。
    • コンピュータ名の場合:完全修飾ドメイン名(FQDN)
    • IPアドレスの場合:IPアドレス

    ※この図ではコンピュータ名が表示されています。

ビジネスセキュリティクライアントをインストールする際の注意事項

NICが複数枚搭載された端末にビジネスセキュリティサーバをインストールする際は、OSの設定であるNICのバインド順序にご注意ください。
ビジネスセキュリティサーバは、ビジネスセキュリティクライアント側のNICのバインド順序で最優先のNICを登録し、このNICに対して通信をおこないます。そのため、最優先のNICで通信できない場合、サーバクライアント間の通信が正常に行えません。

意図しないNICが最優先だった場合は、NICのバインド順序を変更し、コンピュータを再起動して設定を反映させてください。NICのバインド順序に関するご不明点はOSのサポート窓口へご相談ください。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1113596
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド