ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.5 Windows版 Critical Patch(ビルド 1336) の概要および適用方法  

Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.5 Windows版 Critical Patch(ビルド 1336) の概要および適用方法

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.5
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Trend MicroInterScan Messaging Security Suite (以降、InterScan MSS) 7.5 Windows版 Critical Patch(build_1336) の概要および適用方法は以下の通りです。
詳細
Public

目次

詳細すべて確認

Critical Patchとは

本Critical Patchは、修正される既知の問題に対応するための修正モジュールになります。


システム要件

Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.5 Windows版のインストール要件に準じます。


最新版ダウンロード

本Critical Patchは「最新版ダウンロード」からダウンロードできます。


目次に戻る

インストール手順

注意: 分散型の配置を行っている場合は、すべての対象コンピュータに本Critical Patchをインストールしてください。

  1. 本Critical Patch「imss_75_win32_jp_criticalpatch1336.0.exe」を対象コンピュータの任意のローカルフォルダにコピーします。
  2. 「imss_75_win32_jp_criticalpatch1336.0.exe」を実行します。
  3. セットアップ画面で [インストール] をクリックし、画面の指示に従ってCritical Patchをインストールします。

    バックアップ用に、オリジナルファイルのコピーが次の場所に作成されます。

    <InterScan MSSインストールフォルダ>\temp\CriticalPatch13360\backup


    インストールが完了すると、インストールが成功したことを示すメッセージが表示されます。



目次に戻る

予想適用時間

平均5分
検証環境における修正プログラム適用に要した時間を記載したものです。ネットワーク環境や適用するコンピュータの性能などによって適用時間は異なります。あくまでも目安としてご利用ください。


目次に戻る

インストールの後に

本Critical Patch 適用後に、パターンファイルや検索エンジンのアップデートを実行することをお勧めします。


目次に戻る

アンインストール手順

本Critical Patchをアンインストールして、以前のビルドにロールバックするには、次の手順を行います。

  1. <InterScan MSSインストールフォルダ>\temp\CriticalPatch13360\\backupフォルダを開きます。
  2. uninstall.batを実行して、画面の案内に従ってアンインストールを完了します。


アンインストールが完了し、サービスが開始されたことを示すメッセージが表示されます。




目次に戻る

修正される既知の問題

本Critical Patch で修正された既知の問題は以下のとおりです。

項目番号製品Q&A問題の内容
1-問題:InterScan MSSで高度な脅威検索エンジン (ATSE) 9.860が旧バージョンとして処理されるために、ATSEの検索レベルが「imss.ini」ファイルで指定されたレベルではなく、「レベル4」に切り替わる問題

修正: 本Critical Patchの適用後は、InterScan MSSでATSEのバージョンが正しく検出されるようになり、正しい検索レベルに切り替わるようになります。



目次に戻る

本リリースによる既知の制限事項はありません。


目次に戻る

変更されるファイル一覧

本Critical Patch インストールにより次のファイルが変更されます。

ファイル名ビルド番号
ConnLDAPAction.class7.5.0.1336
dmc_pdfexploremp.dll7.5.0.1336
dmc_txpdf.dll7.5.0.1336
em_helpr.dll7.5.0.1336
euqutil.exe7.5.0.1336
FilterAction.dll7.5.0.1336
FilterBATV.dll7.5.0.1336
FilterDkimEF.dll7.5.0.1336
FilterEmgrPlugin.dll7.5.0.1336
FilterSpsTmase.dll7.5.0.1336
FilterVirus.dll7.5.0.1336
FilterWRS.dll7.5.0.1336
imp_exp.exe7.5.0.1336
imss6Errors_ja.properties7.5.0.1336
imss6Errors.properties7.5.0.1336
imss6Logs_ja.properties7.5.0.1336
imss6Logs.properties7.5.0.1336
IMSSChild.exe7.5.0.1336
ImssCommon.dll7.5.0.1336
ImssDbg.dll7.5.0.1336
imssDefine.properties7.5.0.1336
IMSSjni.dll7.5.0.1336
imssmgr.exe7.5.0.1336
ImssPolicy.dll7.5.0.1336
imssps.exe7.5.0.1336
ImssRule.dll7.5.0.1336
IMSSService.exe7.5.0.1336
libImssVer.dll7.5.0.1336
LogQueryMsgAction.class7.5.0.1336
LogQueryMsgDAO.class7.5.0.1336
LogQueryMsgForm.class7.5.0.1336
LogQueryMTAAction.class7.5.0.1336
LogQueryMTADAO.class7.5.0.1336
LogQueryMTAForm.class7.5.0.1336
logs_query_messageevent.jsp7.5.0.1336
logs_query_mtaevent.jsp7.5.0.1336
MsgLogrec.class7.5.0.1336
MtaLogRec.class7.5.0.1336
MtaLogs.class7.5.0.1336
MTASettingAction.class7.5.0.1336
PolicyCaller.dll7.5.0.1336
PolicyUtility.dll7.5.0.1336
rule_attr_true_file.jsp7.5.0.1336
SessionKeys.class7.5.0.1336
TmMsg.dll7.5.0.1336
tsmtpd.exe7.5.0.1336
wrsagent.exe7.5.0.1336
root.res7.5.0.1336



目次に戻る

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; Patch/Service Pack適用
Solution Id:
1113799
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド