ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0 Service Pack 1 Critical Patch 6077 で修正される既知の問題  

ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0 Service Pack 1 Critical Patch 6077 で修正される既知の問題

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp. ) 11.0 Service Pack 1 Critical Patch 6077 には、ウイルスバスターCorp. 11.0リリース後に、次の製品で解決された既知の問題が含まれています。
詳細
Public

本Critical Patch 6077に、情報漏えい対策オプション関連のモジュールが一部、含まれていなかった事が確認されています。

最新の情報漏えい対策オプション関連モジュールは、ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0 Service Pack 1 Critical Patch(ビルド6206) リパック版に含まれておりますので、 情報漏えい対策オプションをお使いのお客様は、ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0 Service Pack 1 Critical Patch(ビルド6206) リパック版を適用ください。

追加される内容

本Service Packで追加される内容について、下記の形式で記載いたします。
------------------------------------------------
機能: (HotFixファイル名)
機能の内容
------------------------------------------------


   機能: (HotFix_4884)
挙動監視のランサムウェア対策機能によって検出および隔離された不正な挙動を するファイルが、ウイルスバスター Corp.サーバの隔離ディレクトリに保存される ようになります。また、ウイルスバスター Corp.クライアントの隔離フォルダに 作成されるバックアップファイル名にオリジナルファイルの名前が残るように なります。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_4896_fw) ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1のファイアウォールプロファイル の設定に、次のユーザ権限設定が追加されます。
- ユーザにセキュリティレベルの変更を許可する - ユーザにポリシー除外リストの編集を許可する ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_4925) 情報漏えい対策で「-p」オプションが追加され、 デバイスのブロック状況につ いて上位のデバイス情報を表示できるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (Hotfix_3621) Webレピュテーションサービスの承認済みURLをクライアントに配信できるようになります。
承認済みURLをクライアントに配信するには、次の手順に従ってください
1. ウイルスバスター Corp.サーバのインストールディレクトリにある 「\PCCSRV\」フォルダの「ofcscan.ini」ファイルをテキストエディタを使用し て開きます。
2. [Global Setting] セクションに次のキーを追加して、適切な値を割り当てます。 [Global Setting] SEG_WhiteListUrlNum=x
説明: 「x」には指定する承認済みURLのエントリ数を入力します。
SEG_WhiteListUrl0=http://urlsample.trendmicro.jp/*
SEG_WhiteListUrl1=https://urlsample.trendmicro.jp/*

説明: 承認済みURLを入力します。

3. ウイルスバスター Corp.サーバのWebコンソールを開き、[ネットワーク上の
コンピュータ]→[グローバルクライアント設定] 画面を開きます。

4. [保存] をクリックして、設定をすべてのクライアントに配信します。
   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_4872)
アップデートエージェントからの通知を待たずに設定のアップデートを取得して適
用するよう、ウイルスバスター Corp.サーバからクライアントに通知できるように
なります。

手順:
このオプションを有効にするには、次の手順に従ってください。

1. 本Critical Patchをインストールします (「4.1 インストール手順」を参照)。

2. ウイルスバスター Corp.サーバのインストールフォルダ内の「PCCSRV」フォル
ダにある「ofcscan.ini」ファイルを開きます。

3. [INI_SERVER_SECTION] セクションに次のキーを追加して、値を「1」に設定し
ます。

[INI_SERVER_SECTION]
Send_Notify_Individual_Pass_UA=1

注意: 「1」に設定すると、アップデートエージェントからの通知を待たずに
アップデートするよう、ウイルスバスター Corp.サーバから個々の
クライアントに自動的に通知が送信されます。

「0」に設定すると、クライアントはアップデートエージェントからの
通知を待機します。

4. 変更内容を保存して、ファイルを閉じます。

5. OfficeScan Master Serviceを再起動します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_4873)
情報漏えい対策オプションのモジュール (SDK 6.0) で、バージョン
49.0.2623.110のGoogle Chrome Webブラウザがサポートされるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3027)
ウイルスバスター Corp. Webコンソールの [エージェント管理] 画面からルートド
メインアイコン、特定のドメイン、または特定のクライアントを選択することで、
Microsoft Windows Server 2003、Windows Server 2008、またはWindows Server
2012を実行するクライアントのWebレピュテーションポリシーを設定できるように
なります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3046)
ウイルスバスター Corp. Webコンソールの [管理]→[アカウント管理]→[ユーザ
アカウント] 画面の [1ページあたりの行数] の設定を変更すると、変更内容が
保存されるようになります。これにより、他の画面から [ユーザアカウント]
画面を再表示した場合でも、ユーザアカウントが変更後の行数で表示されるよう
になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3071/HotFix_3596)
HTTPまたはメールアプリケーション経由でダウンロードされたプログラムを新しく
検出すると、ウイルスバスター Corp.はそのプログラムを一時的にブロックし、処
理 ([今回だけブロック] または [今回だけ許可]) を選択するようユーザに求めま
す。ユーザが指定時間内に処理を選択しない場合、そのプログラムは自動的に
ブロックされます。

ウイルスバスター Corp.の以前のバージョンでは、新しく検出したプログラムの監
視は初期設定で無効になっています。この機能は [グローバルクライアント設定]
画面で指定できます。

本機能は、ランサムウェア攻撃に対処するためにリリースされたものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (Hotfix_3078/HotFix_3088)
ウイルスバスター Corp. 11.0サーバで、デバイスコントロール設定の承認済みUSB
デバイスのリストをControl Managerサーバからダウンロードしてウイルスバス
ター Corp.クライアントに配信できるようになります。

注意:
承認済みUSBデバイスのリストでは最大18,000のデバイスがサポートされます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3091)
情報漏えい対策オプションで、「返信」、「全員に返信」、および「転送」
イベントを含むMicrosoft Outlook 2013のインライン返信イベントを監視できる
ようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3091)
情報漏えい対策オプションで、SPDYプロトコルを使用したYahoo!メールの
ブロックがサポートされるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3107)
情報漏えい対策オプションで、情報漏えい対策サービスが起動している場合、
Oracle VirtualBoxでのゲストホストの起動の問題が回避されるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3107)
情報漏えい対策オプションで、Dropboxの、Dropboxバックエンドへのアプリ
ケーションログのアップロードがブロックされないようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3107)
情報漏えい対策オプションで、特定のSDカードリーダを検出できるようになり
ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3611)
ウイルスバスター Corp.でポップアップを表示する際、ポップアップ画面のユーザ
名と現行セッションのログイン名が一致することを確認できるようになり、情報漏
えい対策の違反通知が正しいセッションでポップアップ表示されるようになりま
す。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3621)
Ospreyモジュールの承認済みURLリストを作成してグローバルに配信できるように
なります。

手順:
Ospreyモジュールの承認済みURLリストを作成してグローバルに配信できるように
するには、次の手順に従ってください。

1. 本Critical Patchをインストールします (「4.1 インストール手順」を参照)。

2. ウイルスバスター Corp.サーバの「PCCSRV」フォルダにある「ofcscan.ini」
ファイルを開きます。

3. [Global Setting] セクションで、次のキーを追加して、適切な値を設定し
ます。

[Global Setting]
SEG_WhiteListUrlNum=(承認済みURLリストのURLの数)
SEG_WhiteListUrl0=(承認済みURLを指定します)
SEG_WhiteListUrl1=(承認済みURLを指定します)

注意:
承認済みURLリストを無効にするには、ファイルから上記のキーをすべて
削除します。

4. 変更を保存し、ファイルを閉じます。

5. ウイルスバスター Corp. Webコンソールを開き、メインメニューで [クライ
アント]→[グローバルクライアント設定] の順に選択します。

6. [保存] をクリックして承認済みURLリストをクライアントに配信します。

ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムによって、次のレジストリ
キーが自動的に設定されます。

キー名: HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\TrendMicro\Osprey\WhiteList\
SEG_WhiteListUrl0\
名前: Url
種類: REG_DWORD
データ: 1
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3645)
アップデートエージェントからの通知を待たずに設定のアップデートを取得して適
用するよう、ウイルスバスター Corp.サーバからクライアントに通知できるよう
になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_3655)
検索モードに応じて、ウイルスバスター Corp.クライアントコンソールのコンポー
ネントのバージョン画面に、現在のウイルスパターンファイルまたはスマートス
キャンエージェントパターンファイルのリリース日を表示できるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_1985)
SvrSvcSetup.exeツールを使用して、Microsoft Internet Information Services
(IIS) にインストールされたウイルスバスター Corp. Webサイトに対し、2048ビッ
トの公開鍵でSSL証明書を生成できるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_2017/HotFix_2020)
現在、ウイルスバスター Corp.サーバで情報漏えい対策オプションのHotFixを適用
すると、このアップデートを適用するよう管理下のすべてのウイルスバスター
Corp.クライアントに通知されますが、本Critical Patchの適用後は、特定の
ウイルスバスター Corp.クライアントを指定して、ウイルスバスター Corp.
サーバからの情報漏えい対策オプションのアップデートを自動的に適用しない
ように設定できます。

手順:
指定したウイルスバスター Corp.クライアントで、情報漏えい対策オプションの
アップデートが自動的に適用されないように設定するには、次の手順に従って
ください。

1. 本Critical Patchをインストールします (「4.1 インストール手順」を参照)。

2. ウイルスバスター Corp.サーバからウイルスバスター Corp.クライアントに、
新しい情報漏えい対策オプションのモジュールビルドを配信します。

a. Webコンソールで、[アップデート]→[クライアント]→[手動アップデート]
の順にクリックし、[アップデートを開始] をクリックします。

b. 情報漏えい対策オプションのモジュールビルドの配信が完了したら、Web
コンソールの [情報漏えい対策設定] 画面で [すべてのクライアントに
適用] をクリックします。ウイルスバスター Corp.クライアントで情報
漏えい対策オプションのモジュールが更新されます。

3. ウイルスバスター Corp.サーバの「PCCSRV」フォルダにある「ofcscan.ini」
ファイルを開きます。

4. [Global Setting] セクションで、「DLPNoUpgrade」キーを追加して、値に
「1」を設定します。

[Global Setting]
DLPNoUpgrade=1

注意: この機能を無効にするには、値を「0」に設定します。

5. 変更を保存し、ファイルを閉じます。

6. ウイルスバスター Corp. Webコンソールを開き、[ネットワーク上のコン
ピュータ]→[グローバルクライアント設定] の順に選択します。

7. [保存] をクリックして設定をクライアントに配信します。

ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムによって、次のレジストリ
キーが自動的に設定されます。

キー名: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\PC-cillinNTCorp\
CurrentVersion\DlpLite\
名前: NoUpgrade = 1
種類: REG_DWORD
データ: 1

8. Webコンソールの [ネットワーク上のコンピュータ]→[クライアント管理]→
[設定]→[権限とその他の設定]→[その他の設定] タブで、[ウイルスバスター
Corp.クライアントにコンポーネントのアップデートを許可するが、クライ
アントプログラムのバージョンアップとHotFixの配信を禁止] を選択し、
指定したウイルスバスター Corp.クライアントを指定します。

注意: 特定のウイルスバスター Corp.クライアントで本機能を無効にするには、
指定したウイルスバスター Corp.クライアントで「ofcscan.ini」ファイル
の「DLPNoUpgrade」キーを手動で削除するか、値に「0」を設定し、変更を
保存します。

すべてのウイルスバスター Corp.クライアントで本機能を無効にするには、
ウイルスバスター Corp.サーバの「ofcscan.ini」ファイルで
「DLPNoUpgrade」キーの値に「0」を設定し、上記の手順5から7を繰り返し
ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
機能: (HotFix_2024)
ウイルスバスター Corp. 11.0の情報漏えい対策モジュールで、次のブラウザがサ
ポートされるようになります。

- 32ビットおよび64ビットのMozilla Firefox 43.0.3 Webブラウザ

- 32ビットおよび64ビットのGoogle Chrome 47.0.2526.106までのWebブラウザ



修正される内容

本Service Packで修正される内容について、下記の形式で記載いたします。
------------------------------------------------
問題: (HotFixファイル名)(社内管理用番号)
問題の内容

修正:
修正の内容

手順:
手順の内容
------------------------------------------------

   問題: (HotFix_4854.u)
ウイルスバスター Corp.クライアントをインストールする際に、以下のサード
パーティ製アンチウイルスソフトウェアが自動的にアンインストールされる問題

- McAfee Agent 4.8
- McAfee ePOAgent3000

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.クライアントをインス
トールする際に、以下のサードパーティ製アンチウイルスソフトウェアが自動的に
アンインストールされなくなります。

- McAfee Agent 4.8
- McAfee ePOAgent3000
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4920)
Trend Micro Control Manager (以下、Control Manager) に表示される検出時の
処理結果の情報が、ウイルスバスター Corp.のログ情報と一致しない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.サーバにより正しい
処理結果がControl Managerへ送信されるようになり、Control Managerに表示
される検出時の処理結果の情報とウイルスバスター Corp.のログ情報が一致する
ようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_3603)
ウイルスバスター Corp.情報漏えい対策モジュールでCSVファイル内の特定のキー
ワードを検出できない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題: (HotFix_3625)
ウイルスバスター Corp.クライアントの挙動監視モジュールにより、プロセスの
一部が応答しなくなり、スリープモードからシステムが再開されない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、挙動監視モジュールにAntiHangLoose機能オプ
ションが追加され、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_3640)
ウイルスバスター Corp.サーバから送信される標準通知およびアウトブレーク通知
に検索の種類についての情報が記載されていない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.サーバから送信される
標準通知およびアウトブレーク通知に検索の種類についての情報を追加するため
のオプションが提供されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_3640)
コマンドを使用して、リモートドライブで手動検索を実行できない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_1628/HotFix_1916)
ウイルスバスター Corp.のタスクの管理中にOfficeScan Master Service
「OfcService.exe」が予期せず停止する問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.サーバのファイルが
アップデートされ、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_1813)
ウイルスバスター Corp.クライアントコンソールで、リアルタイム検索の検索実行
設定に対する変更を保存できない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.クライアントコンソール
で、リアルタイム検索の検索実行設定を正常に編集し、変更を保存できるように
なります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_1829)
ウイルスバスター Corp.の高度な保護サービスとMicrosoft Internet Explorerに
互換性がないため、「.xdw」ファイルをブラウザでダウンロード、および閲覧
できない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、Internet Explorer上で、ウイルスバスター Corp.
の高度な保護サービスが正常に機能するようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_1829)
高度な保護サービスのブラウザ脆弱性対策でMicrosoft Internet Explorerの
JavaScriptがブロックされ、JavaScriptを使用するWebサイトが正しく表示されな
い問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (Hotfix_1829.1)
ウイルスバスター Corp.クライアントのWebレピュテーションサーバのネット
ワークトラフィックを監視するTrend Micro TDI (TMTDI) ドライバに起因し、
Microsoft Windows Serverプラットフォームで稼働するコンピュータのパフォー
マンスが低下することがある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、Windows Serverプラットフォームにインストール
されているすべてのウイルスバスター Corp.クライアントからTMTDIドライバを
アンインストールできるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_1916)
コンピュータが4G LTEネットワークなどのモバイルネットワークを介して接続され
ている場合、ウイルスバスター Corp.クライアントからウイルスバスター Corp.
サーバにIPアドレスを送信できない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、上述の問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_2005)
ウイルスバスター Corp.情報漏えい対策モジュールでCSVファイル内の特定のキー
ワードを検出できない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_2005)
ウイルスバスター Corp.情報漏えい対策モジュールの問題により、ドキュメント
の印刷時に一部のアプリケーションが予期せず停止することがある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、情報漏えい対策モジュールの問題が修正され、
保護対象コンピュータでドキュメントを問題なく印刷できるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_2007)
ウイルスバスター Corp.クライアントコンピュータでリモートデスクトップ接続が
できないために、リアルタイム検索サービスが予期せず停止することがある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.サーバおよびクライアン
トのファイルがアップデートされ、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_2015)
グループポリシーを使用してドライブを非表示にしても、そのドライブがウイルス
バスター Corp.クライアントコンソールの手動検索画面のフォルダツリーに表示さ
れたままになる問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、適切なドライブのみフォルダツリーに表示される
ようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_2018)
ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムの挙動監視モジュールにより一部
のプロセスが予期せず終了することがある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.の挙動監視サービス
モジュールがアップデートされ、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_2030)
ウイルスバスター Corp.の検索スレッドの処理方法の問題により、下記のような
事象が発生することがありました。

- ウイルスバスター Corp.サーバ間でウイルスバスター Corp.クライアントを転送
できない
- ウイルスバスター Corp.サーバが応答を停止する
- リアルタイム検索サービスが予期せず停止する

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.サーバおよびクライアン
トのファイルがアップデートされ、検索スレッドの処理方法の問題が修正され
ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (Hotfix_2034.u)
ウイルスバスター Corp.クライアントをリモートでインストールする場合、
次のサードパーティ製のウイルス対策ソフトウェアが自動的にアンインストール
されない問題

- Symantec Endpoint Protection 12.1.4013.4013 (32/64ビット版)

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (Hotfix_2042)
ウイルスバスター Corp.クライアントが、意図しないファイルにアクセスされる攻
撃を受ける可能性がある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.クライアントプログラム
の確認メカニズムが強化され、意図しないファイルにアクセスされる攻撃から、
ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムが保護されるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4856)
ウイルスバスター Corp.クライアントからサーバにログをアップロードする際、
大量のCGI呼び出しによってWebサーバがビジー状態になり、Webコンソールが
応答しないことがある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.サーバおよびクライアン
トのプログラムがアップデートされ、CGI呼び出しの処理が向上し、この問題が
修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4857.1)
Mozilla Firefox Webブラウザで、機密情報を含むファイルを添付した新規メール
メッセージを、Yahoo!メール経由で送信した場合、ウイルスバスター Corp.クラ
イアントの情報漏えい対策オプションのモジュールでブロックされない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.クライアントの情報
漏えい対策オプションのモジュールがアップデートされ、機密情報を含むファイ
ルのメールへの添付がブロックされるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4865.u)
ウイルスバスター Corp.クライアントのインストール時、ウイルスバスター Corp.
サーバによって次のサードパーティ製ウイルス対策ソフトウェアが自動的にアン
インストールされない問題

- Sophos Anti-Virus 10.3.15 (32ビット/64ビット)
- Sophos AutoUpdate 4.3.10.27 (32ビット/64ビット)
- Sophos Anti-Virus 10.3.1 (32ビット/64ビット)
- Sophos AutoUpdate 2.9.0.344 (32ビット/64ビット)
- Sophos Remote Management System 3.4.1 (32ビット/64ビット)
- Sophos Anti-Virus NT 10.2.6 (32ビット/64ビット)

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正され、次のサードパーティ製
ウイルス対策ソフトウェアが自動的にアンインストールされるようになります。

- Sophos Anti-Virus 10.3.15 (32ビット/64ビット)
- Sophos AutoUpdate 4.3.10.27 (32ビット/64ビット)
- Sophos Anti-Virus 10.3.1 (32ビット/64ビット)
- Sophos AutoUpdate 2.9.0.344 (32ビット/64ビット)
- Sophos Remote Management System 3.4.1 (32ビット/64ビット)
- Sophos Anti-Virus NT 10.2.6 (32ビット/64ビット)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4882)
ウイルスバスター Corp.の挙動監視ランサムウェア対策機能で、除外リストに
追加したソフトウェアがひきつづき、不正プログラムとして検出される問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、挙動監視の除外リスト処理プロセスが強化され、
この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4889)
ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムが、潜在的な予期しないファイル
アクセス攻撃に対して脆弱である可能性がある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムの
確認メカニズムが強化され、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4896.1)
Veeam Endpoint Backupプログラムからのトラフィックがウイルスバスター Corp.
クライアントの情報漏えい対策オプションのモジュールを誤って実行する問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、Veeam Endpoint Backupおよび関連するすべての
実行可能ファイルから送信されるトラフィックをAPIフックおよびネットワーク
承認済みリストに追加して、ウイルスバスター Corp.クライアントの情報漏えい
対策モジュールでスキップできるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4901)
Googleドライブのネットワークプロトコルが切り替えられ、機密ファイルのやりと
りなど、Googleドライブに関する違反を情報漏えい対策オプションのモジュール
(SDK 6.0) エージェントで検出できない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4906)
Control Managerコンソールに表示される検索処理情報が、ウイルスバスター
Corp.のログの情報と一致しない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.サーバからControl
Managerに正しい検索処理結果が送信されるようになり、この問題が修正され
ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4939)
複数のログオンセッションがあるWindows Serverプラットフォームで、ウイルスバ
スター Corp.の情報漏えい対策オプションモジュールによりCPU使用率が高くなる
ことがある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ログオンセッション情報のクエリについて、指定
した時間 (秒単位) 待機するように情報漏えい対策オプションモジュールを設定
できるようになります。これにより、情報漏えい対策オプションによる頻繁な
ログオンセッション情報のクエリが行われなくなり、CPU使用率が高くなることは
なくなります。ユーザは、複数のログオンセッションを提供するWindows Server
プラットフォームで稼働するウイルスバスター Corp.クライアントに、
「monitor_agent_session_time」キーを追加して設定する必要があります。

手順:
ログオンセッション情報のクエリ実行間隔を設定するには、次の手順に従って
ください。

1. 本Critical Patchをインストールします (「4.1 インストール手順」を参照)。

2. ウイルスバスター Corp.クライアントをアンロードします。

3. 設定対象コンピュータの「%systemROOT%\System32\dsagent\」フォルダにある
「ofcscan.ini」ファイルを開きます。

4. 「monitor_agent_session_time」キーを追加して、設定する実行間隔の値を
秒で設定します。

例えば、値を「600」に設定した場合、ログオンセッション情報のクエリが
600秒間待機されるようになります。

monitor_agent_session_time = 600

5. ウイルスバスター Corp.クライアントをを再起動します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4946)
インターネットに接続できない隔離されたネットワーク環境では、OfficeScan NT
RealTime Scanサービスが原因で、ウイルスバスター Corp.クライアントコン
ピュータでの.TIFファイルのコピーまたは移動に時間がかかることがある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムが
強化され、この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4948)
ネットワーク接続数が多いと、情報漏えい対策オプションのモジュールによる
ホスト名からのIPアドレスの取得により長い時間がかかることがある問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、FQDNがグローバル承認済みリストにあり、そのFQDN
を使用してユーザが現在リモートサーバに接続している場合、情報漏えい対策
オプションのモジュールでIPアドレスの取得をスキップできるようになり、
この問題が修正されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_4951.u)
ウイルスバスター Corp.クライアントのインストール時、ウイルスバスター Corp.
サーバによって次のサードパーティ製ウイルス対策ソフトウェアが自動的にアン
インストールされない問題

- Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows 10.2.4.674

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正され、次のサードパーティ製
ウイルス対策ソフトウェアが自動的にアンインストールされるようになります。

- Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows 10.2.4.674
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_3010)
ウイルスバスター Corp.サーバでSQLデータベースを使用している場合、Control
Managerサーバからウイルスバスター Corp.クライアントにポリシー設定を配信
する際、アップデートされた設定が1つのクライアントにしか適用されない問題

修正:
本Critical Patchの適用後は、対象となるすべてのウイルスバスター Corp.クライ
アントに、Control Managerサーバから送信された設定が適用されるようになり
ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_3011.u)
ウイルスバスター Corp.クライアントのインストール時、ウイルスバスター Corp.
サーバによって次のサードパーティ製ウイルス対策ソフトウェアが自動的に
アンインストールされない問題

- Symantec Endpoint Protection 12.1.3001.165
- Symantec Endpoint Protection 12.1.3001.165 (64ビット)
- Symantec Endpoint Protection 12.1.5337.5000 (64ビット)

修正:
本Critical Patchの適用後は、この問題が修正され、次のサードパーティ製
ウイルス対策ソフトウェアが自動的にアンインストールされるようになります。

- Symantec Endpoint Protection 12.1.3001.165
- Symantec Endpoint Protection 12.1.3001.165 (64ビット)
- Symantec Endpoint Protection 12.1.5337.5000 (64ビット)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
問題: (HotFix_3013)
RDP (リモートデスクトッププロトコル) またはICA (Independent Computing
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; バージョンアップ
Solution Id:
1114461
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド